迷走をひとにぎり

お洒落ブログ名(事故)。140字で収まらないことをつらつらと

【シンデレラ5thLIVEツアー】金沢公演2日目に行ってきました!!〜それはきせきの行進〜

 

f:id:ktn70777:20170529092153j:image

どうも!!刀です!!

 

タイトル通りです!!鉄は熱いうちに打ちます!!感想行きましょう!!最高でした!!イェイ!

 

あ、ちなみに僕はセトリ調べないで入ってます。そんな書き方してるのでよろしく

 

 

〜会場入り〜

 僕は高校の先輩である芹衣さんと連番で入りました。

 

芹衣「なんかチケット見る限り明らかにクソ席なんだけどごめんね」

僕「いえいえ、そんな」

なんて話しつつ本人確認を済ませ会場に入って行くと我々の席は

・前か後ろかで言えばやや後ろくらい(ほぼ真ん中)

・右か左かで言えば真ん中 

 

というどセンターの席でございました。

 

芹衣「勝った!!これは勝ったでしょ!!」

僕「ステージめっちゃ見えますよ!これは勝った!!」

 

開場と同時にルンルンで入って行きました。やったぜ。

 

それで今回会場入った印象ですがプロデュンヌの方が多く感じられました。

あんま入ったことないからなんとも言えないけど割と頻繁に見た気がします。

 

さてそんな始まるまでの時間を会場を流れる曲で高めつつ16時まで待ちました。

 

 

〜開演 〜

提供の企業様を読み上げる恒例の流れから入り、ちひろさんのLIVE中の諸注意があり、いよいよ開演。

 

出演者の方々が旗を持って行進し、ステージ上に上がってきて挨拶をされました。

デレステのLIVE特設ページで流れてる曲でしたね。

 

 YES!Party time!!(全員)

 

僕はこの公演に行く前に

と呟きをもらしていたのですが、まさか一曲目でやってもらえるとは(BEYONDは残念ながら無かった・・)

 

 個人的に一曲目からテンションフルMAXにさせていただいた。

ダンスの点でいうとYES Golden Time!!の前のとこで右向いて隣と向き合い腕グルグル左向いて隣と向き合い腕グルグルのとこが人数多くて楽しく見えたのが良かったです(単にそこのフリが好き)

 

2番の「今宵は大胆でもいい」のとこはやっぱ卯月の印象が強いですが、牧野さんがやるのも良かったです。というかここ単純に好き。

 

あとはウェーブ。やっぱいいですね。ステージ正面だったので割と動きの感じが見えて綺麗でした。

 

歌った後は軽くMCとかでしたね。

みなさんの石川でのお土産事情。津田さんは生麩まんじゅうを買ったそうですが賞味期限が本日となっていておみやげなのにもう食べてしまったとか。高橋さんは加賀棒茶、花守さんはノドグロの干物を。けっこうありますね石川・・・(一つとして手を付けなかった男)

 

 

〜1ブロック〜

曲やってMCで区切ってってので1つのブロックとして書かせてもらいます。

YPT後のMCのあとは全員が石川弁で「次はこの曲やよ!」と紹介。これはどこのブロックでも共通してやってましたね。

 

2 エヴリデイドリーム(牧野 由依)

いきなり来たか!!って感じでした

 

今回座長(?)を務められていた牧野さんがトップバッター。

本当すごかった。4thSSAで見たときも思ったけど佐久間まゆとしての思いの強さとか、その中で見える少女らしさとかがガツンと来るんですよ。

めちゃめちゃ響きました。迫力がすげえ。

 

「まぶたの裏まであなただけ」のとこは目の横で手をパタパタさせるフリが好きなんですけど、歌声と動きが相まってすごくゾクゾクしました。

f:id:ktn70777:20170530005603p:image

 

3 恋のHanburg (種崎 敦美)

cute連弾

 

フライ返し持って踊ってるのが特徴的でしたね。印象にも残ってる。

あとはやはり「お料理、得意なんです!」と「もうすぐご飯だよ!」ですよ。

あんだけ家事とかしっかりやってくれる15歳の子にこんなこと言われたら「ウォォォーー!!!」ってならざるを得ないでしょ(いや待て) 

このセリフがあることで響子ちゃん感がグッと強まり、非常に〝らしさ〟のある曲でした。

 

4 青空リレーション (金子有希)

 

あっめっ上りには〜 でウォォォーー!!!ってなったやつ。

青空リレーション、すごく好きなんですよ。吹奏楽で打楽器をかじってた身としてはシロフォン(要は木琴)がルンルンに楽しそうで。演奏したいまである。

 

なので今回金子さんが出られるってことで「聞けたらいいなー」って思ってたのでめちゃくちゃ嬉しかった。

 

曲のBメロ部分サビ前の「ほんのすこし遠回り ご機嫌気分なプチブーケ買っていこう」のとこでシロフォンの音色に合わせてハンドクラップできたのが楽しかった。2番もやりました。

 

この曲での心残りを挙げるならDメロ?って言ってたかな?

2番サビ終わり後の「はなうたを歌う〜」のとこでペンライトの色を青に変える(青空をイメージして、とのこと)という演出というか、流れを知らなかったこと。

「な、なんか周りが青くなって来たんだけど!!?」となってしまった。1日目にそんなこと言ってたとは知らなんだ。

次回はちゃんとできるようリベンジに燃えます。

 

5 私色ギフト高野麻美 高橋花 花守ゆみり 春瀬なつみ

完全な不意を突かれた

 

オリジナルメンバー1人もいないし全くマークしてなかった。

出だしで森久保がやる久保で登場。キャラクターの声が聞こえるとやはり盛り上がりますね。盛り上がり久保。

 

ここまでソロの流れが来ていたのでここは歌声が印象に残ってる。色々な歌い方と声がね。

歌えば歌うほどフレちゃんになっていく高野さん、森久保が一生懸命に歌うような高橋さん、力強いしゅがはの姐さんな花守さん、元気いっぱい薫ちゃんな春瀬さん。

ユニットではないですけど複数人の持ち味がバッチリ出てました。

 

あと単純に歌詞が本当素敵・・・

 

ここでMC。1ブロックで歌った方が来てそれについてお話。記憶の限りでそれとなく挙げてみます。

・自身へのリボンマシマシが飽き足らずさらにリボンを増やした牧野さん(最後は自分にリボンを巻いたまゆの繭になるとか)

 ・青空リレーションで件のペンライトの色を変えてくれる演出が昨日の今日で実行されてて喜ぶ金子さん

・歌により金沢からハンバーグが消えた報告する種崎さん(2日目当日朝のケータリングにはハンバーグがあったらしい)&本日のハンバーグのコーナー(1日目もあったらしい)、本日は「恋のハンバーグ 加賀棒茶風味 のどくろソースがけ やよ!」と。エグそう。

 

 

〜2ブロック〜

6 おかしな国のおかし屋さん大坪由佳/安野希世乃

イントロで来たか!ってなるやつ

 

4thで披露した時はレモンタルト作ってた?って聞いたんだけど今回は完成品が持ってこられましたな。

出だしから歌に入るまでのリズム(ズンチャチャッてやつ。伝われ)をハンドクラップでやりましたね。一体感が楽しい。

 

曲中で出てくるメレンゲうさぎと掛け合いをスクリーンで行ってて物語チックになってて良かったっすね。

あとは2番でお菓子の家に行った際も綿菓子のベッドにハチミツのお風呂、蛇口ひねればこんぺいとう(何でもっと液状に近いものじゃないのかってずっと思ってる)が映像に映し出される演出もあったりして。

 

そして歌詞通りレモンタルト食べて王子が目覚めるという流れに。

4thではアナスタシア役の上坂すみれさんが王子役で出るという演出があったので今回は王子にピッタリの人がいるし、そこは決まったな!と思っていたのですがそれは1日目にやっていて2日目の今回は木村夏樹役の安野希世乃さんがロックの国の王子として登場。

意外なところだったので盛り上がりましたね。

 

7 空と風と恋のワルツ津田美波

正直イントロで「あれこれ何だっけ」ってなったヤーツ

 

おかし屋さんとはまたガラリと変わったCu曲。

これ、清いよね。歌ってた津田さんも言ってましたが、空と風を感じさせていただきました。もちろん恋も・・・♡

そしてNaked Romanceの系譜「だ、だめ」もとてもドキドキしましたね。2番では石川弁になってましたね。「ダメねんよ」と。

 

ここに来てのリフレッシュって感じでした。

 

8 ヴィーナスシンドローム洲崎綾

女神が舞い降りた

 

LIVEで披露するのは1stLIVE以来だとか。

前2曲に比べるとアップテンポでガンガンにクる曲で「はぁ恋のワルツ・・・」って余韻から突然の女神。

 

デレステSSR[ノーブルヴィーナス]特訓後の美波が僕の中のヴィーナスシンドロームのイメージなんですけどもう本当アレ。まんまですよ。

ダンス、声の力強さとかがそこに新田美波を現していました。

何だろう、彼女の女神な一面ですよね。それでいてお姉さんな面もあって。ミナミィ・・・。

 

ステージ上のライトも青く、青く、目まぐるしくも女神の舞にご一緒させてもらった感じですね。

 

9 あいくるしい牧野由依 大坪由佳 飯田友子

 激しいヴィーナスから一転、またしっとりと

 

デレステイベで言えば全員オリジナルメンバーですね。

三人がステージ上をバラバラの方向に歩みつつ歌っていて切なさがありましたね。

あとのMCでも言ってましたがこの舞台で歩きながら歌ったりしてたことから「劇団あいくるしい」と呼んでいたとか。

いいなぁ劇団。そういうのやろうぜ。

 

 

ここでMC。しっとり多めの中に女神がいたりと感情が忙しく楽しいゾーンでしたね。

・1日目とは違う王子でひと悶着。2日目は王子役にマントが追加され、それを活かしたフリを大坪さんと考えたとか。実際はマントをバッサーっとやって「サンキュー!」と言ってました。かっこよすぎかよ・・

・ステージの上で空と風を感じた津田さん。では恋は?というとステージの形のせいで回るフリを行うとどちらが前か分からない時、P側、ペンライトを振る我々の方を向けば前と分かる。それが恋だと。

 

 

~3ブロック~

 

10 オルゴールの小箱(青木瑠璃子 飯田友子 洲崎綾 高橋花長島光那)

エチュード・・では無い!?

 

さて次は何が来るか、と待ち構えているとオルゴールの優しい音が流れ出します。

「ここでこの感じだとエチュードはやらないな?」って思いました。大阪かな?もっと後もありえる。

 

オルゴールの小箱自体披露するのが久しいとか。まさか聞けるとは思ってなかったので嬉しかったですね。

 

オリジナルメンバーが一人もいませんでしたが個々の歌声がよく響いていました。特に高橋さんと長島さんが印象に残っています。

高橋さんは本当に森久保で、この曲で歌うとなんとなく小梅ちゃんっぽく聞こえました。それに高橋さんはこの曲で森久保のオーディションを受けた思い出の曲なので歌えて良かったと言ってましたね。

長島さんは正直歌声の印象がないのですが、歌うパート歌うパート、力強くも綺麗で聞き惚れてしまいました。

 

こういった発見というか体験ができるのもLIVEならではでしょうかね。

 

11 絶対特権主張しますっ!(金子有希 花森ゆみり 原優子 春瀬なつみ 安野希世乃)

切り替えが追いつかない。

 

オルゴールを聞きながらも「この流れなら次はPaかCuのユニット曲かジュエリーズ系曲か。Cuは満開スマイルだろうしPaは特権がいいなぁ」と思ってたらこれですよ。 

 

聞きたかっただけあって曲もコールも演出もめちゃくちゃ楽しかったです。

5人が曲中に各々セリフを言ってたんですけどあとのMCで言ってただけあって薫ちゃんの「せんせぇは、薫だけのせんせぇだよー!」が一番残ってますよ。やっぱそうだよね。確かに薫ちゃんから独占欲なんて出されたらたまらんよね。他の四人とは違った盛り上がりを見せていたわね。

 

そう思うとここまでガンガンコール入れるのはYPTぶりだったので全力投球させていただきました。

 

ちなみに1日目のセトリでは特権→オルゴールという流れだったそうですが変わったそうです。次の曲への、というか盛り上がりの感じだとか。

 

12 キラッ!満開スマイル(大坪由佳 高野麻美 種﨑敦美 津田美波 牧野由依)

 やっぱりね!!

 

ここ最近で一番聞き覚えのある曲。週一で聞いてたしね。

そういえばオリジナル2人いるんだったね。

 

EDで見たダンスも生で見れたので感無量ですね。

劇中で流れてるとこ以外は懐かしいフリなど入れたダンスだったとか。

 

ここで印象に残ったのは高野さん。2番の「偉い人怒っちゃうかな」の歌い方が良かったですね。非常にフレちゃんしてた。フレちゃんが言うとそれっぽいよね。

 

あとはコールね。パパヤとかパーリラパリラハイッってやっぱ独特だよね。楽しかった。

 

13 Satr!! (全員)

え!?あれ!?Star!?あれ!?Shine!?ってなった。

 

アニメどこからのやつは全く予想してないので、意外枠でしたね。

とはいえコールとか楽しいシンデレラっぽい曲で。

各属性の流れから全体曲。綺麗な流れです。

 

これ個人的にオープニングのフリを覚えてるやつなんですが、実際に歌って踊る用に腕を振る回数とか少ないなーみたいな、比較しながら見てるのも中々楽しかったです。

でもフリの動き的にはほぼそのままなので「アニメのOPのあそこに自分は居る」みたいな感覚が良かった。原作再現みたいなの大好きマンなので。

 

 

そしてここでMC。全員でのMCは圧巻ですなぁ

・特権の薫ちゃんセリフは安野さんが考えたとのこと。いいセンスだ!このセリフに対し大坪さんが「感謝しかない」「9歳、はじめての独占欲」と言ってました。大いに共感。

・満開スマイルでは踊りのフリを確認するためにみんなで円になりながら踊ったとか。通称 盆踊り

 

そして唐突に始まる石川弁クイズ大会。

石川出身である洲崎さんから3問。なお出演メンバーには事前に某グループ通話アプリでボイスメモで幾つか教えてあったとか。

まぁ出題はその中から一つで、あとの2問は教えてないものだとか。

・1問目「きんかんなまなま」

(ワイ、新潟出身やしそれとなく近いしなんとなくわかるんじゃね?)とか思ってたらマジで分からなかった件。ヒントは冬。

回答者は高橋花林さん。森久保ボイスで「冬はこたつできんかんなまなまがいいよね」と回答しましたが残念。

正解は「道が凍っている」状態を言うそうです。分かるかーい。

・2問目「きときと

聞いたことあるけど意味は知らなかった。その名前冠してる店見たことあるぞって話しを芹衣さんと話していました。ヒントはパッションメンバーはそんな感じ、と。ジェスチャーでのヒントとして原さんが激しいジャンプをしていました。この人、本当パッションで溢れてるなぁと思いました。

回答者は春瀬なつみさん。分かってなさそうな薫ちゃんボイスで「えぇ・・えっと・・」って言ってるの可愛かった。そんな中で「楽しくってテンションきときとー!」と回答。

洲崎さんはおおーッとなっていましたが正解は「魚が新鮮な様子」(パッションメンバーは魚だった・・・?)

・3問目「だらぶち

こちらがボイスメモで教えていたものだと。

回答者は種﨑敦美さん。「どっちだ」と迷いつつも「プロデューサーさんのだらぶちー!」と(ちなみにこれはtake2であり一回目は「プロデューサーさんたちの・・・」と言いかけていた)

正解は「ばか」とか「アホ」とかそういう意味らしいです。正解した種﨑さんがドヤ顔でガッツポーズとってるのめちゃくちゃ笑った。さっきまでの迷いや不安はどこへやら。

 

そんなクイズ大会が終わりLIVEが再開。

~4ブロック~

14 Sparkling Girl(青木瑠璃子)

来たぜロック!

 

これが来たってことはこの後数曲は決まったようなもんだなとか思いつつ聞いていました。

個人的にこの曲はトワスカを歌ってた頃のだりーが夏樹をはじめとする事務所のアイドルと出会って一歩進んだロックを歌っているみたいなイメージなんですが、それを全体曲歌ったあとにやられると勝手に盛り上がってしまいますね。他との関わりが伺えるというか。

 

あとはステージの両脇にあった半円?の形のスクリーンがSparkling Girlってバンバン映し出してるとこに目がいった。なんじゃそりゃ。

 

15 Rockin'Emotion(安野希世乃 原優子)

流れだ・・流れが来ている!!

 

3rdLIVEの時のロキエモ→トワスカって流れが狂おしいほど好きな僕としてはここは本当たまらなかった。いや、多分そんなこと抜きでもここは本当にみんな熱かったんじゃないかと思ってる。

 

曲の出だしからあるハンドクラップに合わせ打っていると「Hey Boys?」と安野さんが。それに合わせ男性Pが「Rockin'Emotion!!」と応える。こう、ロックバンドの“それ”というかこういうコール&レスポンス好きです。もちろん「Hey Girls?」もね。うっかり言いそうになりましたな。・・言ってもいいのか?

 

安野さんは元より原さんも非常に力強く歌ってて出だしからの熱が冷めることなく一気にいきましたね。

 

間奏では原さんと安野さんが背中を合わせてエアギターする場面も。原さんがガンガン押してたのに対して安野さんもそれに応えてたとか。こいつぁロックだぜ・・。

 

16HotelMoonside(飯田友子)

曲調はまるで違う、なのに、どうしてこうも熱いのか

 

この流れからJet to the Future来たら興奮で倒れてしまうなぁなんだなんだ何が来る!?と思っていたらDance ShowCase(で合ってるかしら?)が。

4thでも見たけどここのダンサーさんは本当にかっこいい。曲のイントロの感じも相まってね。

 

ここの曲までの入り、本当に焦らされてる感じがすごい。まだか、速水奏は!まだか!と。そんな気持ちもクールにキレッキレなダンスに惹かれて気づけばステージに人影が。

そんだけ高まった気持ちの中で「one two kiss kiss」なんて言われた日にはもうね、盛り上がらないってのが嘘ですよ。

 

個人的にこれが一番盛り上がってたんじゃないかって思うまである。ガンガンにアップテンポでコールとか入るわけじゃないのにPからのFooo!が一番多かったと思うよ。駆り立てるものがあるよ本当。

 

あと4thの時より凄みが増してたなぁって思ったんだけど飯田さん自身も「今までで一番集中してできた」と言ってましたね。これはいいものが見れた・・・感謝。

 

17Jet to the Future(青木瑠璃子 安野希世乃)

今回の目玉と言っても過言では無いのでは?

 

前述の通りだりなつによるバトンが好きな僕としてはやはりこの曲はロックが強すぎてもう・・・って感じでした。

 

エアギター弾くフリとか本当Rock the Beatというか。きっと担当Pの求めているものがそこにあったんじゃないかと。

 

2番歌詞の「ぶつかりあって 生まれたもの それは多分きっとスペシャルだから」って歌詞がデレステコミュ内の対立などを思い出させて。それを超えて今ここで二人が歌ってるって思うとこみ上げてくるものがありましたね。

 あとエアギターで言えば間奏中に「行くよなつきち!」「OKだりー!」と掛け合いがあって。どこまでも熱いんだ、と。

 

曲終了後にMCだったのですが二人で「私たち、Rock the Beatです!」と。ここのブロックに関して言えば二人のLIVEを見に来たかと錯覚させるほどでしたね。全部熱いし。

 

ここでJTTFについて二人で話していましたね。お互いがお互いの存在で支えあっている。と。・・・最高かよ。

安野さんに泣きそうと指摘された青木さんは後ろを向きながらトークを進行していく事態に。

と、そこでここのブロックで歌っていた原さんと飯田さんが。もう出てき方がチンピラのそれでした。原さんが「裏で聞きながらなんだよイチャイチャしやがってよーって思ってた」「私たちもWゆうこだもんな!」と言ってて安野さんが「あ!!」ってなってましたが全く同じ反応をしてしまった。

原さん、本当にパッション成分多めのマイルドな拓海みたいで本当好きです。

 

あとホテムンの「今夜 今夜 今夜」が「坊や」に聞こえると安野さん。言ってしまったか。

他にも本屋とゴーヤに聞こえる説があると飯田さん自身が言ってましたね。「よっしゃ滑舌よくやろう」と今後の決意表明もしてました。

 

~5ブロック~

 

 

18 Love∞Destiny(牧野由依 津田美波 青木瑠璃子 金子有希 花守ゆみり)

深い愛にドキッとする

 

ラブデスもオリジナルメンバーが3人いたのでやるだろうなぁとは思っていました。・・・できることならサプライズで智絵里と加蓮を・・とか考えてたんですけど宮城公演でサプライズが無かったと聞いたので恐らく無いんだろうなぁとなりましたね。くぅぅ・・。

 

まぁそれを抜きにしてもじっくり聞き入ってしまいました。

これに関してはやっぱり牧野さんによる本物の「アンリミテッド」が聞けてウォォォ!!ってなりましたね。ゾクゾクするねぇ・・。

 

会場も真っ赤なペンライトの海となり曲と合わさって非常にクるものがありました。

 

デレステ内で好きなフリの2番終わりから始まる右向いて胸元で手を組んで揺れる→左向いて手組んで揺れるのフリが見れて大満足です。あれ可愛いんだよなぁ・・。

 

19 Nocturne(飯田友子 洲崎綾 長島光那)

熱く激しいCool

 

最近デレステでイベのあったNcturneですが、そこから2人と長島さんですね。

これはスタンドマイクによるパフォーマンスが印象的でした。右へ左へ。あとのMCで洲崎さんがやってましたがスタンドマイクを使った下から舐めるような動きをしていたと。・・見た記憶が無ぇ!!何見てたんだ僕は!!・・BDを待ちます。

あとは後ろのスクリーンに歌ってる三人の方が三面で分かれてバンッと出てて迫力がありました。居る場所によって変わってて。席の関係上顔まで見えてなかったのがなんとも・・

 

そんな中でも曲の力強さはすごくてラブデスから一転してクールに熱くなりました

 

20 SWeet Witches' Night~6人目はだぁれ~(大坪由佳 高野麻美 種﨑敦美 高橋花 花守ゆみり)

これもやるかなーとか考えてた曲ですね。

 

2番は初めて聞いたので正直どんな歌詞だったか・・

でも全体を通して実はダークな曲だったって印象がありますね。入ったら出られないお菓子の家・・・歌詞が出たら是非考察班の方、よろしくお願いします。

 

後ろのスクリーンでは恐らくデレステMVの場所が映っていたかなぁと。

CDの発売が楽しみになってきました。いつになるのだろうか。

私も6人目になれたかしら?????

 

21 生存本能ヴァルキュリア(洲崎綾 長島光那 金子有希 原優子 春瀬なつみ)

魔女から戦女神へ

 

イントロで熱くなるよね。

魔女の家でダークゴシックお茶会に参加してたと思ったら叩き起されて戦場へ、みたいな。

 

ここだと原さんと長島さんの声が力強く響いてましたね。具体的にどこ歌ってたか思い出せないけどそれが印象深い。

あと春瀬さん。薫ちゃんじゃあまり合わないのかなー?とか思ってたけどそんなことは無かった。

オリジナルのお二方はいわずもがな。

洲崎さんの「生き残れー」はウワァァァ!!!ってなりました。本家本物・・・強すぎる・・・。ちなみにLIVEで歌うのは今回が初だったとか。

 

 

そしてMC。やけに人数いるなぁ、なんて簡単に考えていたのですがそうです、エンディングのお時間です・・・。

 

 

~エンディング~

 

22夕映プレゼント(全員)

夢みたいに綺麗で泣けちゃうなぁ・・・(切実)

 

会場のライトがオレンジに。そしてPの振るペンライトも一色オレンジ。一面の夕焼けを思わせる会場。

ここまで様々な曲を聞いて、いろんな話で感動をもらって。

終わるんだ・・楽しかったなぁ・・この景色・・夢みたいに綺麗で泣けちゃうなぁ・・とか考えてたらめちゃくちゃ辛くなりました(THE現実)

あぁこれ未だにMASTERフルコンできねぇなぁ・・とか(辛い割に思ったほど余裕がある)

 

それでもやっぱ綺麗なんですよ。終わりがあるからこそ。

これからたくさんいいことあるよって言ってるしね。まだ公演は続いていきますよ!!

 

アンコール1 M@GIC(全員)

終わるといったな、あれは嘘だ

 

アンコールに縋る。まだ終わりたくないと。

そんななかで流れ出す「ココニアルー」。

 

僕の生で聴きたい曲筆頭M@GICがここで。

正直終わるとか考えてナイーブになってたところでいきなり喜びと興奮を与えられた。

 

M@GICはアニメ最終話でフリとかコールとか全部が全部楽しそう!ってなってすごく好きだったんですよ(デレステでの話はやめようか)

原作再現大好きマンなのでアニメで見たフリを目の前で、聞いたコールを自分が。なんてたまらないでしょう。

それこそ「痛み止めの呪文があるの」の腕で円を描く動きや「自分励ますエールに変わる」の手を右に左に払って敬礼する動きとか。めちゃくちゃ感動しました。「だってシンデレラは頑張り屋でしょ」の腕のふりふりする動きとか。

 

いろんな想いをこめて最後は力強く「ずっと大好きなキミに」と言わせていただきました。本当にありがとう・・。

 

 

M@GICが終わってから出演者さんたちからあいさつ。

 

津田さんが「これは偶然の行進じゃない。必然なんだ」と。このライブはライブを作り上げた人たちの頑張りの結果、このように素晴らしいものができたと。この軌跡が、そしてそれら全てが合わさって完成したこの奇跡がうまれたんだなぁと思いました。

それから春瀬さんが「本当に楽しかったから終わってほしくない。あと10日くらい続けたい」って涙ながらに言ってるところでは強く共感しました。

演者さんたちはそれこそもっと強く思ってるんじゃないかと。支え合いながらここまで大好きな仲間たちとの時間が終わろうとしている。仕事の都合上、合わせての練習ができなかたったりと大変なことも色々あったんだろうなぁと。

そんな思い思いの感情が皆さんの話から感じられました。

あとまぁ僕も夕映くらいからちょっとブルーな気分に片足突っ込んでたんで涙を流しながらコメントされると熱くこみあげてくるものがありましたね。

 

 

まぁもちろん上記のように涙ながらにコメントされる方もいれば溌剌とコメントされる方もいて。

高橋さんや原さんは本当別格だなぁと。高橋さんはLIVE初としてはどっしりしてましたね。まぁシンデレラでは初ってだけなんですかね。 

 

あとは種崎さん。忘れちゃいけないですね。溌剌としてた訳ではないんですけど挙動の不審な感じがすごく和みました。何か得体の知れないものをエアで掴みこちらに投げて来たり、突然「Becarseなぜなら」と発言したり。響子ちゃんの時と全然違うギャップが大好きです!

 

大坪さんはエアでマシュマロキャッチをやってました。石川にちなんでマシュマロではなくきんつばでしたが後ろの席まで全員分、特殊な力で次元を超えLVの方にも届けると。エアとは

 

高野さんはここ以外にもそうでしたが言動が終始フレちゃんって感じでした。ここの挨拶でも「自分を褒めたい!」って言い出して「めっちゃフレちゃんっぽい・・・」と思いました。

 

シンデレラ、アイドルもキャストも個性の爆弾だなぁと思いました(褒めてる)

アンコール2 お願いシンデレラ(全員)

 最後はおなじみの

 

ラストにおねシンです。

僕も少し悲しさを抱いていましたが、それより感情の爆発してる演者さんが歌うんだ。ここでこっちも全力を出さないのは嘘だろうと思い、最後の曲を楽しませてもらいました。

 

歌いながらも涙を流してる方がいましたが、それを見て僕も「本当に楽しかった。ありがとう」と思いながらコールをしてました。

 

 

そして最後は牧野さんによる「これからもアイマスですよ、アイマス!」でこの公演は幕を閉じました。

登場と同じように各々が旗を持ってステージを後にしていきました。

 

色々ありましたが最後は余韻に心地よく浸って終われました。

 

 

ということで参戦の感想となります。もう正直何書いたか分かってないです。勢いと熱で書いてるので笑

誤字、脱字、加筆等はちょこちょこすると思います。抜けてることとか思い出したりMVからスクショ載っけたり笑

 

 

5thLIVEツアーはまだまだ続きます。このきせきの行進は。

各箇所、アイドル達の精一杯の輝きをこれからも楽しめていければと思っています。

 

ちなみに僕の次の現地参戦は幕張1日目。またその時になったらこんな風に更新すると思います。

そのときはまた、よろしくお願いします。

 

アイマス最高!!

 

では。