迷走をひとにぎり

お洒落ブログ名(事故)。140字で収まらないことをつらつらと

【シン劇】シンデレラガールズ劇場第17話~小悪魔かセーラー服か!?~

どうも!刀です!

シン劇17話感想記事です。

 今回は『仮装』『変装』って回ですかね。3話中2話がハロウィン絡みでしたが。まぁそれも込み込みで。

 

 

 『トリック オア ニート

杏回。この面々でしっかり全員喋るって中々ですね。

 f:id:ktn70777:20171024235819p:image

ハロウィンをめんどくさがる杏。それを「飴がもらえるイベント」と言うまゆ。

杏、今までハロウィンをどんなイベントとして認識していたんだ。間違ってはいないんだけど・・・

そしてそれを眺める笑美。原作だと「まゆは〜」って言ってるのが「まゆはん」って呼び方になってましたね。呼び捨てだとなんか年上のお姉さんみたいな感じしますね。いやまぁ実際そうなんだけどさ

 

「お菓子をくれなきゃイタズラしちゃうぞぉ〜」って走り出す杏の無邪気そうな感じすげえ可愛い。

そして飴のために狙った先がお化けの木もとい鈴帆。いたずらを真っ向から受けようってのもどうなんだか・・・笑。しかもすごいイキイキしてるし

 f:id:ktn70777:20171024235832p:image

そんな鈴帆を「超めんどくさそう」と杏。

ニートの感覚が戻ってくる。ハロウィンとは?

・・・この杏、ちょっとお山を感じるようになってるの非常にギルティみがあると思うのですが・・・。

 f:id:ktn70777:20171024235851p:image

結果トリックよりニートが勝った杏は「おやすみぃ!」と惰眠の世界へ。

原作だと「めんどくさいから寝る・・・」となってますがアニメ版のがさっぱり諦めてる感がありますね。

 

『正装だから!』

予告ふじりな回。あれはもう2年も前の話ですか・・・。

・・・何かもっと前に感じるのはなぜか??

 

 

 f:id:ktn70777:20171025005115p:image

 仮装パーリーでどんな衣装を着るのかたずねる里奈。なんかこれケーキみてえなの箸で食ってるな(どうでもいいところが気になる)

それに対し「割とガチめのやつだよ」と返す周子。嘘・・・あなたもうすでにガチめのやつ着てない・・・?煌びやかレベル高すぎ・・・

 

アニメでは「マジかー」って反応してましたがここも原作とセリフ違いましたね。

そこに2人で歩いてくる桃華と小梅。ちんまりしてて可愛いなこの2人。

 

小梅「杖がドクロでね・・・マントも長くて本当に冒険できるやつ・・・」

本当に冒険、ねぇ・・・。

 f:id:ktn70777:20171025005720p:image

 

 

 f:id:ktn70777:20171025005140p:image

 探り探り拓海にもどんなものを着るか聞きにくる里奈。たくみーんって言いながらヨロヨロ来るふじりなすごい可愛い。ここもざっくり原作とセリフが違いましたね。

 

ネタ枠(?)であった拓海に安心する里奈。たくみんの特攻服映ったなら最後ふじりなのセーラー服のカットも入れて欲しかったなぁっていう個人的な願望。

 あと細かいセリフ回しが違うところが多かったなぁとか思いました。

 

『カウンタートリック!』

ヴァンパイア相葉夕美

 f:id:ktn70777:20171025000211p:image

可愛いすぎやしねぇか!?

というかギャップなんだよな。普段お花畑が似合うライラックタイムな女の子がちょっと悪い風な格好してるんだぜ!?可愛いピンクのネイル!!ギャップ!!ギャップ萌え!!いっそ殺して!!僕を!!

 

さて、昂った感情を抑えて感想を。

 

「お菓子をくれないとかみついちゃうよ」と言う夕美ちゃん。

そしてなんら躊躇いもなく手を出すP。何だこの小慣れたやり取りは。常習犯か何かかな?

 f:id:ktn70777:20171025000226p:image

あーーーー

 f:id:ktn70777:20171025000238p:image

かぁぁ・・・

 

 

尊い

 

 

 f:id:ktn70777:20171025000250p:image

ラストのセリフが原作だと「顔が熱くなっちゃった」からアニメでは「顔赤くなっちゃったよ」ってなってましたね。意味は同じようなものよね。

 

 

ということで17話感想でした。ハロウィンだなぁ。

まぁ次回がちょうど31日だしハロウィンかい・・・

何故予告でみくとだりーが水着で??オリジナルでも無ければハロウィン感も特に・・・

考えすぎかな?

何回が来るか1週間考えてみますか!!(そして当たりはしない)

 

では、また