迷走をひとにぎり

お洒落ブログ名(事故)。140字で収まらないことをつらつらと

【シン劇】シンデレラガールズ劇場43話〜アイドルは今日も笑って〜

シンデレラガールズ劇場クライマックスシーズン!

 

どうも、刀です。

 

さて、シン劇43話でございます。

きゅんきゅんまっくすイベも始まったと思えばすでに後半戦、早い。

そんな43話感想です。どんなだ。

 

 

誰がボケます?

 

CMシリーズ046−048、049–051の合同回!

出だしからジャケットのシン劇verが。可愛い。

 

この面々では誰もボケるようなキャラがいないからイベントのMCがつまらなくなるんじゃないかという涼さんからの話題提示。

みんな基本的に真面目だという美優さん。

 

確かにこの面々はみんな真面目そうな感じがしますね。

ズバ抜けて濃い色を出してくるアイドルがいない感じ。みんな個性は強いけども。

 

 

f:id:ktn70777:20190423221246j:image

そんな2人の話を聞いて、年下組が頑張りを見せる。

最年少を押し出してくる乙倉ちゃん、巴お嬢。いじられるのも平気という関ちゃん。

 

健気だ・・。乙倉ちゃんのボケとか非常に気になる・・・!どう考えても可愛い。

いじられるのが平気という関ちゃんも中々。そういうキャラなのか・・?

 

 


f:id:ktn70777:20190423221235j:image

f:id:ktn70777:20190423221249j:image

そういっているとよしのんも自身の天然を告白。それに涼さんが関心を示すもそれらを抑えるように美優さんが自分が・・・と発言。

そしてお約束のどうぞどうぞー!を。

 

よしのんが天然を自負してるけど「稀に」って言っているのがいいですね。あまり自覚のない感じが。

 

そしてアニメでは言ってませんでしたが「みんなには未来があるわ・・」という美優さんも。ここのボケは一世一代のものなのか?

そして「どしぇ〜っ!」という独特のリアクション。可愛い。緩い。好き。

あとこの衣装、出るとこ出てますね。

 

 


f:id:ktn70777:20190423221251j:image

・・・というMCの流れをリハーサルしていた一場面。

お笑いに真剣なのは非常にシンデレラ一門らしい感じ(そういう意味ではない)

 

美優さんと涼さんはセリフ通りの会話をしていましたが、乙倉ちゃんと巴お嬢は

乙倉「私が巴さんをいじるので」

巴「いや悠貴、ここはウチがボケた方がええじゃろ」

乙倉「なるほど、では2人で吉乃さんをいじる〜・・・」

 

という会話をしていますね。ちゃんと打ち合わせしてる。えらい。真面目。

 

 

 

グラマラスなお山へ


f:id:ktn70777:20190423221258j:image

しゅがは師匠回。

出会い頭から入山許可を出さない姿勢にでるしゅがは姐さん。過去にも入山許可を出して欲しいと迫られたことがある口ぶりですね。心山は中々のもの・・!

 

 

そんな心山を前にしても動じない愛海師匠。

その理由はなんと「登山断ち」をしていると宣言。#登山断ち #とは?

 

そしてその代わりにグラマラスなお山を用意してくれるとのこと。

Pよ、それは大丈夫なのか?どういう商売になるんだそれは(?)

 

 


f:id:ktn70777:20190423221219j:image

期待にお山弾ませる愛海師匠。高山て。Pの助けを借りて登れるような最高峰拓海山を夢に見る。拓海山、仮に登らせたらPも大変なことになるんじゃ・・?

 

そんな愛海師匠にしゅがは姐さんからいい言葉を伝授する。なぜこのタイミングで。

アニメで手をはぁとにしながら話してくる姐さん可愛い。

 


f:id:ktn70777:20190423221238j:image

いや、もうほぼ詐欺レベルの話では。と思ったのですがグランピングの意味がマジで解説通りらしいので何も間違ったことは言っていないようです。マジかよ。

キャンプ場でのテントやロッジ、ホテル並みのサービスを利用しつつ自然との触れ合いを楽しむ、みたいな意味合いだそうです。また一つ賢くなってしまった・・・。

 

と、もちろん望んでいるようなグラマラスが感じられなかった愛海師匠は

 

 


f:id:ktn70777:20190423221229j:image

伝授された一言を放つ。

 

f:id:ktn70777:20190423232949j:image

目まで完コピ。シュール。

 

ただそのあと食べたスモア(クラッカーにチョコレートとマシュマロを挟んで作るもの)はスウィーティーだったとのこと。良かったね。良かったのかな・・?

というかスモアとしゅがは姐さん(花守ゆみりさん)ってほぼゆるキャン△じゃねーか

 

 

 

ツッコミに挑戦!?

 

今回のオリジナル回。メロウ・イエロー+笑美ちゃん。

ゆかりがお笑いに挑戦することになるというお話。

 

ゆかりです!から始まるの可愛いからずるい。


f:id:ktn70777:20190423221243j:image

ボケかツッコミか、どっちがやれそうか聞かれたゆかり。

眺めるゆかのりこが可愛い。

 

そんなゆかのりこでもゆかりに対しては

有香「ボケかと」

法子「圧倒的ボケかと」

とコメント。可愛い。

というか年下でありながらも大阪の女である法子からの強いプッシュ。圧倒的。仲の良さが伺える。

 

ユニットメンバーからのイメージを聞いたところで・・

 

 


f:id:ktn70777:20190423221226j:image

「あえて、ツッコミに挑戦させてください!」

と強い意志を見せる。タイトル回収やね。

 


f:id:ktn70777:20190423221232j:image

そんなツッコミに挑戦するネタは「フラワースタンド」の話に。

 

笑美ちゃんは以前「大きな花があって、屋根が付いていて、中でメリーゴーランドが回っているフラワースタンド」をもらったと言う。・・・7thLIVEでやる方いそうだな・・・。

 

その発言に対し「今時はそう言うものなんですね」と返すゆかり。

それにすかさず「んなわけあるかーい!」とツッコむ笑美ちゃん。

 

 

f:id:ktn70777:20190423232730j:image

ここ、ツッコむ一瞬、笑美ちゃんがビシ!という文字に変形してて笑った。生粋のお笑いアイドル。

 

 


f:id:ktn70777:20190423221255j:image

それを眺め

「「知ってた ゆかりちゃんが自然とボケになるのを」」

と和む2人。仲イイなぁこの子たち。可愛い。

 

 

 

 

ということで43話感想記事でした。

ボケとかツッコミの感じのするお笑い回(?)でしたね。中々貴重な括り。

 

さて早いもので次回が四月期最後の回。平成最後のシン劇ですね。

一体どんな回が来るのか、どんなアイドルが出るのか!

そして自然と5月期のエンディングにも期待していますね。順当に行くとCoolなのかな?

まだ出ていないアイドルもいつ出てくるか非常に楽しみですね!

 

 

では、また。