迷走をひとにぎり

お洒落ブログ名(事故)。140字で収まらないことをつらつらと。アイマス・特撮・ポケモン等々記事にしていきます

【ミリオンライブ】二階堂千鶴さんをよく知らないけど恋の音色ラインがめちゃくちゃ好きな男の気づいた話〜まわるまわる恋模様〜

どうも!刀です!

 


コロナウイルスの感染拡大・防止に伴いLIVEイベントが中止・自粛となっている昨今の世の中。
アイマスシリーズも、その影響で3月頃からのイベントはほぼ中止となっております。

 


そんな中で、アイドルマスター ミリオンライブではシアターデイズ3周年企画として1st〜5thまでのLIVE映像をLIVE配信する(紛らわしい)企画が行われています。

すごくない???他のコンテンツでもこういうことやってるけどすごくない????円盤買ったらいい額するし、今手に入りにくかったりするわけでしょ????それを無料配信??????すごいな?????
しかもLIVE。アイドルの魅力と言えば何といってもステージで歌って踊る姿。それを観られる!?これほどしっかりとした宣伝は無いんじゃないか?????

 


と、自分で思いつつもミリオン自体あまり知らないこともあり、配信はロクに見れていない状態でした。ミリ担当Pとしてはこういう人にこそ観て魅力を知ってもらいたいと思うことはあると思いますが、現実的には中々・・。自分もシンデレラだったら同じ様に勧めてるはず・・。


とはいえ、自分で気になる曲やアイドルが出ている日はなんとなくチェックして観たり・・なんてことをしていましたね。
・・まぁ、日は押さえてたけど結局1度も「Be My Boy」と「WHY?」は聞けませんでしたね・・。
百瀬莉緒さん、気になっています。

 


さて、先日20日の配信は4thLIVE2日目。公演名は「BlueMoon Theater」

この公演で披露されるということを事前に調べ、心待ちにしていた曲が1つ。
それが「恋の音色ライン」

 

 

 

恋の音色ライン

恋の音色ライン

 

 

アイドル 二階堂千鶴による曲・・ということしか知らない。

これがリリースされた際のCDのコンセプトとか、そもそも二階堂千鶴さんのことをまだよく知らないまである。

 

 

それでも初めて聞いた時にイントロで心を掴まれ、切ない曲調、伝えたいのに伝えられないもどかしい思いを歌う歌詞、全てが自分の好みにがっしりとハマって一目惚れ(?)でした。

 

 

なので今回LIVEでの恋の音色ラインがとても楽しみでした。

メンバー紹介あいさつ後、セトリ初っ端から始まる恋の音色ライン。

「プロデューサー、行きますわよ」というセリフから会場の熱気が一段と上がった様に見えました。

 

そこからはもう曲の世界観をどっぷりと味わう時間。

うわぁ・・・めちゃくちゃ良い・・・LIVE行きたぁ・・・。と改めてこの曲に魅了されてしまいました。

 

 

と、同時に無意識の内に感じていた自身の感覚に気づきました。

それは、この曲が「恋の曲にしか聞こえない」ということです。

 

 

 

アイドルマスターのアイドルによる曲、という印象ではなく率直に恋の曲。という感覚なんです。

 

二階堂千鶴さんのことをよく知らないから「歌詞のここはあの時の千鶴さんの話が!」とか「この言い方はあのカードモチーフ!!」みたいな情報が一切無いわけですよ。この曲にそういうのがあるのかもちろん知らないんですけど。

 

ただ、それ故にこの曲を客観的に「恋の曲」として捉えられているのが、シンプルに曲を楽しめていて良いのかなぁと。

千鶴さんのことよく知らないからスッと恋の歌として受け入れられたし、歌詞も曲調もグッと自分に響きました。
というか仮に千鶴さんとPの曲だとしたらちょっと匂わせが過ぎませんかね?

 

この曲に関しての自分の目線が「あくまで1アイドルの曲の1つ」という見方であって「キャラクターソング」ではない、と見ているから・感じているからというのもあると思うんですけど。

 

 

 


ただ、今の状態から僕が「二階堂千鶴」を知った時にこの曲はもう1段階かたちを変えて好きになれると思うんですよ。
それこそ千鶴さんの性格や考え方、歌詞からなんとなく感じる素直になれない感じ、理解したときにめちゃくちゃ化けるでしょ・・。

 

 

 

 

そんな感覚に気づいた記事でした(????????)

二階堂千鶴さんのことを知った暁にはきっと曲の感じ方が変わってしまうんではないか、この感じ方は今だけでは?と思い書いた次第です。

 

アイドルという情報が一切入ってきていないアイドルの歌、めちゃくちゃ新鮮です(?)。

そしてそんなこと抜きにしても恋の音色ラインが好き・・・。恋の音色・・・。

 

ということで記事はここまで。

これからもこうやって好きな曲と出会えて行ければと思っています。

以下に歌詞から感じた曲のイメージと妄想を書き殴っておきますので気になる方だけお読みください。

 

では、また!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※以下妄想となります。上でも書きましたが二階堂千鶴さんに関して名前しか知らないくらいの知識のヤツが書いてますので見当違いな発言も温かい目でご覧ください。許して。

「優しくされることにわたし まだまだ慣れていないから 遠目に姿見られたらいい」

僕の勝手なイメージでは学校の先輩(好きな人?)・後輩(千鶴さん?)の恋の歌だと思っているんですよね。

 

生徒会的な縦の繋がりがあるところで後輩が片想いをしている・・という感じでしょうかね。

本人の性格が少しキツいところがあって人間関係には難あり、という感じなのですが、そんな中でもこの先輩はそんな私にも優しく接してくれる、そんなところから好きになってしまった訳ですが、「まだ、この感じにも慣れていないのにちゃんと関わったら私・・」となってしまい、遠目から姿を眺める毎日。

 


「たくさんの友達の一人 そう思われてるはずなの
不安に揺れてる 帰り道」

「勘違いだって分かってるの 他の子にも同じだから でも少しだけ期待しちゃう」

 

先輩は誰にでも優しい。いつも周りには男女問わず誰かいる。

そんな先輩が私に話しかけてくれたのも別に特別ではないこと、彼にとっては自然なことの1つ。

でも、そうやって話しかけてくれたのが嬉しくて。「私だけは特別なのかも」って少しは思っちゃう。

 

 

「あなたから話してくれた日 嬉しすぎて舞い上がった 無邪気な笑顔 ズルい仕草」

 

このベタ惚れフレーズ、純粋すぎてめちゃくちゃ好き。好きな人の笑顔、何気ない仕草、あーーーー!!!!好きーーーー!!!!という感情の高まりを感じる。それだけ好きなら「私だけは特別なのかも」って感じたりするのも無理はないよね。

 

 

「臆病な恋と 不器用なココロ 重なり合った」

「切なくなるほど 泣きたくなるほど 恋しているの」

でもやっぱり先輩にこの想いは伝えられない・・?

こんなにも、こんなにも好きなのに。

話しかけられて、好きだって強く感じられたのに。

喜びの感情の高まりは冷静になるにつれ、改めて現実と向き合う。

 

 

「まわるまわる恋模様 めぐりめぐる刹那」

サビのこの1フレーズが、この恋のもどかしい感じをがっしり現していると思っています。

「好きだけど、でも・・・」と自分の中で気持ちが堂々巡りに。まわるまわる恋模様。

 


「顔さえまだ見れない 話せない でも変わりたい」

「笑顔なんて見せれない 作れない でも見て欲しい」

この歌詞の対比ももどかしく切ない。

1番では話すこともできなくて、遠目で見てただけだった、でもそんな自分を変えたい!という意思。

2番では、話しかけられた時に嬉しかったのに素っ気ない対応をしてしまった、もしくは上手く会話をすることができなかったんじゃないかと。

だから、今度話しかけられる時、いや、話す時には笑顔で話したい。上手く笑えないかもしれない、でも笑顔を見てほしい。

 

 

「一瞬だって忘れない消せない この胸にいて 自信持てる日まで」

切なくなるほど、泣きたくなるほど、それくらい強く感情を揺さぶられているあなたのこと、ずっと思っている。この想いもあなたも消えない。だから、自信が持てる日まで、ずっと胸の中にいて。きっと、その日には何かが変わるから。

 


「何度だって伝えたい 知りたい あなたの気持ち
友達じゃ嫌だよ」

この辺のフレーズ、切なすぎてこちらも心臓がキュッとなる。

好きだって伝えたいし、あなたの気持ちも知りたい。この気持ちを伝えられないのがもどかしい。もう友達の関係じゃ嫌だよ!という強い想い。2番から感情の高まりが本当にすごい。好きな気持ちがどんどん強くなっていっているんだろうなぁ・・。

 

 

「偶然 二人きり 二度とないはず 絶対後悔はしたくないはず」

「なのに黙ったまま こぼれそうな想い 胸にしまった Ah」

不意に訪れた二人きり。こんなチャンスはもう二度とないはず。今ここで聞かなければ、伝えなければ。

そう思っているのに・・やっぱり言えない・・伝えてしまったら・・もし伝えて・・ダメだったら・・なんて思ったら・・・伝えられない・・。

 

ここのAh から間奏入るの本当切なくて辛くて最高。

うわぁぁぁぁぁ!!!ってなる。そしてここからの繋ぎも最高ですね・・・

 

 

「ごめんねって言葉 聞きたくなくて 今日も無口な片想いね」

伝えてダメだったら、というが片想いの1番の障害なのでは。

今までの関係からは何かが変わってしまうし、伝える前には戻れない。関係が何かしらギクシャクしてしまう。それなら伝えないで今のまま過ごしていた方が幸せなんじゃないか。ごめんねって言葉 聞きたくなくて。

それを考える想いを押し殺して、胸にしまった方が賢明と判断したのでしょう。今日も無口な片想いね・・。

 


「追いかけてるのは 背中ばかりで 少しだけでいい 振り向いて」

結局また遠目で姿を追う日々。想いは伝えられなかった。何も変わらない日々。でも、それでも、少しだけでいい、私に気付いて。私を見て。私に振り向いて。

 

 

「恋の音色…」

「恋の音色…」

もどかしくて切ない気持ちからため息のようだなと感じているフレーズ。あの人は今何しているかな…私は変われるのかな…この想いは…。

 

 

 

 

・・・というのが僕がこの曲に感じている感覚です。本当に切ない・・。

願わくば彼女には幸せになってほしいんだけど多分無理なんだろうな・・と考えています。これは叶わない恋の歌の気がするので。根拠はないけど。

 

・・書き終わって思ったんですけど千鶴さん、歳おいくつです・・?

勝手に学生設定にしたけど20歳超えてる・・?

 

あと別にこれPと千鶴さんに置き換えても自然なのでは・・?事務所でPしてたら周りにアイドルいっぱいいるだろうし、そんな中で優しくしてくれることはもちろんあるだろうし、P相手に思いを伝えても良いかどうかなんてこと考えたらやっぱちょっと言いづらいし・・みたいなところあるよな・・?

でもそれをありありとLIVEとかでファンに披露するのはあまりにも生々しいし、やっぱ学生設定くらいがソフトじゃないですか?友達じゃ嫌だとも言ってるし同世代くらいの話でしょ!良い落とし所!全部恋のせいです!

君に恋したせい!(Be My Boy)

【シャニマス】やは〜♡市川雛菜としあわせ〜♡を見つけられるのか?〜それ以外は知らなくてもいいの〜

どうも!刀です!

 

 

ノクチルのメンバー、1人1人をプロデュースし、確実にノックアウトさせられていき、残るは最後の1人 市川雛菜

 

「しあわせ」「やは〜☆」と言ったワードが見られた彼女、プロデュース前の時点で

 

と思っていた男、果たしてそのプロデュースで何を見るか・・!

 

 

f:id:ktn70777:20200617004345j:image
f:id:ktn70777:20200617004357j:image
f:id:ktn70777:20200617004401j:image
f:id:ktn70777:20200617004418j:image

福丸小糸同様にオーディションに現れた市川雛菜。

そして動機は浅倉透。透以外は透が動機で入ったと言っても過言ではないな・・。

 

 

 


f:id:ktn70777:20200617004336j:image
f:id:ktn70777:20200617004410j:image
f:id:ktn70777:20200617004415j:image

特技はなんでもそれなりにできる、と。

この時点でアイドルに対してそれなりに自負がありそうな感じ。

 

 

 


f:id:ktn70777:20200617004354j:image
f:id:ktn70777:20200617004338j:image
f:id:ktn70777:20200617004352j:image
f:id:ktn70777:20200617004342j:image

が、大変なのは嫌としっかり言う。好き嫌いはっきりしてる子だな?

そしてさらに楽しい担当が良いとすら言ってくる。我を貫いている・・!いや・・アイドルは強い個性があればあるほど興味は惹かれるだろうしな・・。これがしあわせ〜か・・。

 

 

 


f:id:ktn70777:20200617004404j:image
f:id:ktn70777:20200617004407j:image
f:id:ktn70777:20200617004348j:image

そしてアイドルとして雛菜をプロデュースすることに・・。

やはりこの子1番クセが強いのでは・・?

 

 

 

 

 

 

f:id:ktn70777:20200617004558j:image
f:id:ktn70777:20200617004618j:image
f:id:ktn70777:20200617004603j:image
f:id:ktn70777:20200617004606j:image
f:id:ktn70777:20200617004551j:image

街中で雛菜と出会い、レッスン風景を見ることに。

めちゃくちゃシンプルに心配をされるP。いや・・シャニPは多分あまり休んでないぞ・・。

 

そして雛菜のことを考えていたと伝えるととても嬉しそうに。な・・なんだよ・・。ちょっとこっちも嬉しいじゃん・・。こいつ・・僕のこと好きなのか・・?

 

 

 


f:id:ktn70777:20200617004553j:image
f:id:ktn70777:20200617004612j:image
f:id:ktn70777:20200617004600j:image
f:id:ktn70777:20200617004609j:image
f:id:ktn70777:20200617004615j:image
f:id:ktn70777:20200617004621j:image

そしてレッスン中もこんな感じ。

何事もそれなりにできる、と言う特技(?)もあってレッスンでも普通に褒められている。やるじゃん!

 

と、思ったのも束の間。それをわざわざ見ていたPに言いにきてしまう。

や、やめなさい・・!レッスンに集中して!トレーナーさんいるから!

ただ、それでもスジはいいようだ・・。すごいなこの子・・。

 

 

 

 

 

 

f:id:ktn70777:20200617004829j:image
f:id:ktn70777:20200617004821j:image
f:id:ktn70777:20200617004805j:image
f:id:ktn70777:20200617004752j:image
f:id:ktn70777:20200617004809j:image

その調子から難なく一次審査は突破。

アイドルに向いているのでは?と言う自負も強まっている。やは〜♡

 

 

 


f:id:ktn70777:20200617004824j:image
f:id:ktn70777:20200617004827j:image
f:id:ktn70777:20200617004802j:image

考えがとても単純・・?

 

 


f:id:ktn70777:20200617004756j:image

いやいや・・やっていけば楽しいことばかりではないよ雛菜?

 

 


f:id:ktn70777:20200617004747j:image
f:id:ktn70777:20200617004817j:image
f:id:ktn70777:20200617004814j:image
f:id:ktn70777:20200617004749j:image
f:id:ktn70777:20200617004759j:image

・・おっと・・こいつはなんだか雲行きの怪しさを感じる・・。

楽しい 以外のことに直面した際にどうなっちゃうんだこの子・・。

 

 

 

 

 

 

f:id:ktn70777:20200617010109j:image
f:id:ktn70777:20200617010123j:image
f:id:ktn70777:20200617010130j:image
f:id:ktn70777:20200617010132j:image

レッスン後に事務所に寄る雛菜。Pがいるかと思って寄ったようです。え・・そんなわざわざ・・・。僕のこと好きなのかな・・?

 

 

 


f:id:ktn70777:20200617010016j:image
f:id:ktn70777:20200617010103j:image
f:id:ktn70777:20200617010107j:image
f:id:ktn70777:20200617010050j:image
f:id:ktn70777:20200617010012j:image
f:id:ktn70777:20200617010045j:image
f:id:ktn70777:20200617010120j:image

そしてマイペースにソファにごろーん。Pの忠告も聞いたんだかどうか・・。

都合のいい解釈が多いようにも感じる。ある種、自分がしあわせ〜になるための選択をしっかりしているとも言える。

そしてそのごろーんしてる姿絶対可愛い・・。見せてくれ・・。

 

 

 


f:id:ktn70777:20200617010029j:image
f:id:ktn70777:20200617010019j:image
f:id:ktn70777:20200617010054j:image
f:id:ktn70777:20200617010005j:image

言葉を詰まらせるもどうにか会話を続けるP。どうやらノクチルのみんなとレッスンだったようだが、みんなはそのまま自主練を続けているようだ。透も円香も気になるところがあれば普通に練習しそうだし、それを見た小糸も追いつけるように!となって練習を続けそうですね。

そこで自分は終わったからこっちに来た、という雛菜に一緒にやらなかったのかと投げかけるP。まぁ・・自分で終わったってなってそれでいいなら強制的に練習しろっていう意味もないような気もするけど・・。

 

 

 


f:id:ktn70777:20200617010002j:image
f:id:ktn70777:20200617010008j:image
f:id:ktn70777:20200617005955j:image
f:id:ktn70777:20200617010038j:image

そう言われて雛菜も思うところがあったようで。ただ、今日のダンスレッスンは完璧にこなしたと言う。故に自主練はしていない。

レッスンに関して、歌はまあまあと言われているようだが、それに関してはあまりに気にせず、褒められるダンスは楽しいと感じているようで。

雛菜がしあわせ〜になるためにはそういう考え方、感じ方が必要なんだろうか・・。嫌なことから逃げているだけなんじゃ・・?時にはそれも大事な時はあるけど、雛菜に関しては今までずっとそうやって来たように感じる。

 

 

 


f:id:ktn70777:20200617010041j:image
f:id:ktn70777:20200617010112j:image
f:id:ktn70777:20200617010047j:image
f:id:ktn70777:20200617010127j:image
f:id:ktn70777:20200617010026j:image
f:id:ktn70777:20200617005958j:image
f:id:ktn70777:20200617010118j:image

そして興味のむくままPのコーヒーに手をつける雛菜。えっ・・ちょっ・・・それ間接kissに・・・雛菜・・・やはりPのことが・・・雛菜・・・好き・・・。

そしてそれを飲むなり帰るといいだす雛菜。「甘いもの食べて帰らなきゃいけなくなった」、積極的に使っていきたい。クソゥ・・可愛い・・ズルい・・けどこのまま雛菜を帰してしまったら今後彼女がアイドルとしての大切な何かを得られない気がする!

なぁ、雛菜・・・・・みんなと一緒にやったらどうだ

 

 

 


f:id:ktn70777:20200617010100j:image
f:id:ktn70777:20200617010057j:image
f:id:ktn70777:20200617010031j:image
f:id:ktn70777:20200617010035j:image
f:id:ktn70777:20200617010115j:image
f:id:ktn70777:20200617010022j:image

言葉の真意は雛菜には届かず。そのまま出て行ってしまう。

雛菜、Pからの投げかけに1度ムッとしてるし、多少なりとも不快に感じてたろうに、普通にPにも甘いもの食べに行くお誘いするのすげえな・・。このメンタルあってのしあわせ〜か・・。

 

 

 

 

f:id:ktn70777:20200620105157j:image
f:id:ktn70777:20200620105152j:image
f:id:ktn70777:20200620105200j:image
f:id:ktn70777:20200620105154j:image

そしてそのまま二次審査も突破。

雛菜自身が喜ぶよりもPが嬉しそうなのを喜んでいる感じ。それもなんだかなぁ・・。それも彼女にとってのしあわせになっているようでそのペースで話は済んでしまう。

違う・・何かが違うんだ雛菜・・・。

 

 

 

 

f:id:ktn70777:20200620105505j:image
f:id:ktn70777:20200620105436j:image
f:id:ktn70777:20200620105529j:image
f:id:ktn70777:20200620105423j:image
f:id:ktn70777:20200620105420j:image
f:id:ktn70777:20200620105538j:image

二次審査を終え、レッスン前の雛菜と会話するP、ついに踏み込んだ話を切り出す。

雛菜こんだけニコニコしてるところでこんな話するのめちゃくちゃやりづらいだろうなぁ・・。

 

 

 


f:id:ktn70777:20200620105458j:image
f:id:ktn70777:20200620105541j:image
f:id:ktn70777:20200620105501j:image
f:id:ktn70777:20200620105456j:image

言葉を選んで伝えている感じのするP。

 

 


f:id:ktn70777:20200620105402j:image
f:id:ktn70777:20200620105450j:image
f:id:ktn70777:20200620105515j:image
f:id:ktn70777:20200620105453j:image
f:id:ktn70777:20200620105554j:image

それに対して彼女なりの答えがスッと返ってくる。

言い分、とても正論な気がする。レッスン時間はちゃんとやってるし、ユニットメンバーとももちろん仲が良い。辛くて大変な思いをしなくても頑張ったことにはなる。

 

 

 

 


f:id:ktn70777:20200620105412j:image
f:id:ktn70777:20200620105414j:image
f:id:ktn70777:20200620105445j:image

ただ、今がそうあるだけでこの先もっと大変なことが待ち受けているかもしれない。

そうした時に雛菜はどうするのか。そこにしあわせが見出せなかった際は最悪アイドルを辞めるという選択が出てきてもおかしくは無さそう。

さて、雛菜の答えは・・・

 

 

 


f:id:ktn70777:20200620105508j:image
f:id:ktn70777:20200620105358j:image

返ってこなかった。

やはりしあわせの話。返答に困るP。

 

 

 


f:id:ktn70777:20200620105551j:image
f:id:ktn70777:20200620105522j:image
f:id:ktn70777:20200620105512j:image
f:id:ktn70777:20200620105426j:image

返答を待たずして雛菜は言う。

今日のプロデューサー、きらい、と。

 

 

あーーーーーー!!!!!!!??????雛菜ーーーーーーーーー!!!!!!!!お前ーーーーーーー!!!!!!!分かりやすいようで分かりづらいーーーーーーー!!!!!!!!

 

 

しあわせ〜って何!?しあわせ〜ってなんだ〜っけなんだ〜っけ!!??

 

内面を全然読み取れない!何故だ!?

単純だとすら思わせておいて、めちゃくちゃ読み取りづらい!彼女自身しか見えないしあわせの形・・・。

分からない・・今は考えても雛菜は行ってしまう・・。

 

 


f:id:ktn70777:20200620105519j:image
f:id:ktn70777:20200620105418j:image
f:id:ktn70777:20200620105532j:image

・・・・雛菜  気をつけて、行ってくるんだぞ。

このばいばいがこの時怖かった・・・。このまま帰ってこないんじゃないか・・もうここには来ないんじゃないかと・・・。

 

 

 


f:id:ktn70777:20200620105429j:image
f:id:ktn70777:20200620105406j:image
f:id:ktn70777:20200620105433j:image

そして三次審査も突破。ここまで相変わらずアイドルとしての活動をこなしているようで。

しかしここでもPがおめでとう、と言うことに喜んでいる。Pが喜んでいそうだから自分も安堵しているようで。

なんかこう、アイドルとしての自分が無いような。市川雛菜はいても、アイドルとしてプロデュースされてる市川雛菜はそこにいないような。

 

 

 


f:id:ktn70777:20200620105547j:image
f:id:ktn70777:20200620105409j:image
f:id:ktn70777:20200620105526j:image
f:id:ktn70777:20200620105356j:image
f:id:ktn70777:20200620105535j:image
f:id:ktn70777:20200620105439j:image
f:id:ktn70777:20200620105544j:image

もうここのこの終わり方怖いまである。

彼女はどこにいこうとしているの・・・みんなしあわせになることはできないの・・・?

 

 

 

 

 


f:id:ktn70777:20200620112446j:image
f:id:ktn70777:20200620112340j:image

それから、暫くして帰るところを偶然雛菜と出会う。というか向こうがこっち見つけて来たんだけど。

三次審査突破を伝えてからあんな感じで終わっても雛菜の方は通常運転。このテンションで来られるとすぐ好きになっちゃうから勘弁して。

 

 

 


f:id:ktn70777:20200620112329j:image
f:id:ktn70777:20200620112326j:image

自分以外のしあわせに関しても考えられるのを見るとやはり「しあわせ」という概念に囚われすぎでは?

 

 


f:id:ktn70777:20200620112342j:image
f:id:ktn70777:20200620112351j:image
f:id:ktn70777:20200620112345j:image
f:id:ktn70777:20200620112436j:image

そしてまた、話を切り出すP。

この間の話は「みんなと一緒にレッスンしないのか」の話かな?三次審査の時、Pほとんど話してないし。

 

そして意外なことに雛菜もこちらのことを考えていたという。

 

 

 


f:id:ktn70777:20200620112323j:image
f:id:ktn70777:20200620112355j:image
f:id:ktn70777:20200620112410j:image
f:id:ktn70777:20200620112420j:image
f:id:ktn70777:20200620112455j:image
f:id:ktn70777:20200620112403j:image

しっかりと自論を述べる雛菜。

自分は自分だから。他人の気持ちは知れない。だから自分がしあわせと思える方を選ぶ。それが雛菜の答え。

 

 


f:id:ktn70777:20200620112337j:image
f:id:ktn70777:20200620112656j:image
f:id:ktn70777:20200620112320j:image
f:id:ktn70777:20200620112334j:image

雛菜の思いに寄り添い答えるP。

確かにレッスンはちゃんとこなしていたかもしれない、でもそれに妥協が無かったか?ということになれば雛菜にも思い当たる節があるだろう、とPは言う。加えて、「楽しい」は「楽をする」ことではないだろうと。

 

 


f:id:ktn70777:20200620112309j:image
f:id:ktn70777:20200620112641j:image
f:id:ktn70777:20200620112315j:image
f:id:ktn70777:20200620112618j:image
f:id:ktn70777:20200620112458j:image

胸の内を読まれて、どこか驚いているような雛菜。

頭ごなしに雛菜のやり方を否定してくると思っていたところで、「雛菜はちゃんとアイドルをやっていたか?」と聞いてきたわけで。

 

 

 


f:id:ktn70777:20200620112357j:image
f:id:ktn70777:20200620112630j:image
f:id:ktn70777:20200620112423j:image
f:id:ktn70777:20200620112449j:image
f:id:ktn70777:20200620112651j:image
f:id:ktn70777:20200620112312j:image
f:id:ktn70777:20200620112413j:image

もう途端にイチャイチャしだすな!!!

お互いで認識を共有して1つ壁を超えたようだけど、雛菜が好きなようにやって、Pが振り回されてる感じは変わらず。

 

この距離感、ちょっと怖いんだけどこれに少し依存しつつある・・。彼女無しではダメにされてしまう・・。ズルい・・好きになっちゃう・・。

 

 

 


f:id:ktn70777:20200620112429j:image
f:id:ktn70777:20200620112644j:imagef:id:ktn70777:20200620112627j:image

そしてどこか雛菜も決意した様子。

2人で目指すもっとしあわせ〜な未来へ。

 

 

 


f:id:ktn70777:20200620112318j:image
f:id:ktn70777:20200620112400j:image
f:id:ktn70777:20200620112407j:image

ここも大概イチャイチャですな。

まぁここまで信頼しきってる(?)ならパートナーとしては申し分無いかな。

 

 


f:id:ktn70777:20200620112348j:image
f:id:ktn70777:20200620112426j:image
f:id:ktn70777:20200620112648j:image

それでテンションの上がった雛菜。突如罰ゲーム付きで走りだす。衝動的な面もあるのね。止まるところを知らないなこの子。

 

 

 


f:id:ktn70777:20200620112332j:image
f:id:ktn70777:20200620112433j:image
f:id:ktn70777:20200620112622j:image
f:id:ktn70777:20200620112653j:image
f:id:ktn70777:20200620112637j:image

ゆっくり行こう!と言うもどんどん走っていく雛菜。

最後の「絶対負けないからね」にめちゃくちゃ含みを感じる。今後に関する強い意思表示だと思っているんだけどそうなるとちょっと好きすぎるのでアレ。

ってクソッ・・結局雛菜のことめちゃくちゃ好きにされてるじゃんこれ・・・。

 

 

 

 

 

 

f:id:ktn70777:20200620113121j:image
f:id:ktn70777:20200620113358j:image
f:id:ktn70777:20200620113319j:image
f:id:ktn70777:20200620113138j:image

そしていよいよW.I.N.G.出場も決定。

ここでもこちらにおめでとうと言ってくるのは変わらず。

 

 

 


f:id:ktn70777:20200620113100j:image
f:id:ktn70777:20200620113254j:image
f:id:ktn70777:20200620113349j:image
f:id:ktn70777:20200620113402j:image
f:id:ktn70777:20200620113129j:image

だけど今回はPというファンがあってのおめでとうに。まぁそりゃファンは応援してるアイドルが出場決まれば嬉しいよな。

 

 


f:id:ktn70777:20200620113311j:image
f:id:ktn70777:20200620113335j:image

f:id:ktn70777:20200620113940j:image

どうやらしあわせ〜な未来へ2人で歩めているようで。かましたれ、W.I.N.G.

 

 

 

 

 


f:id:ktn70777:20200620113022j:image
f:id:ktn70777:20200620113308j:image
f:id:ktn70777:20200620113133j:image
f:id:ktn70777:20200620113301j:image
f:id:ktn70777:20200620113044j:image
f:id:ktn70777:20200620113214j:image
f:id:ktn70777:20200620113118j:image

準決勝前も動じることなくいつもどおりの感じ。本当メンタルエグいなこの子。

 

 

 


f:id:ktn70777:20200620113058j:image
f:id:ktn70777:20200620113247j:image
f:id:ktn70777:20200620113338j:image
f:id:ktn70777:20200620113136j:image
f:id:ktn70777:20200620113112j:image
f:id:ktn70777:20200620113230j:image
f:id:ktn70777:20200620113755j:image
f:id:ktn70777:20200620113305j:image
f:id:ktn70777:20200620113219j:image
f:id:ktn70777:20200620113049j:image
f:id:ktn70777:20200620113141j:image

そして準決勝を突破。自分が1番良かったと信じられる自負、強い。

ここまでのやりとりを見てると、自分もPも観客をも楽しませられたことをしあわせに感じているようで、勝手に成長を感じてしまう。雛菜ァ!

 

 

 

 

 


f:id:ktn70777:20200620113148j:image
f:id:ktn70777:20200620113239j:image
f:id:ktn70777:20200620113352j:image
f:id:ktn70777:20200620113346j:image
f:id:ktn70777:20200620113236j:image
f:id:ktn70777:20200620113158j:image

いよいよW.I.N.G.決勝。ここまでで「楽しむ」という点がよく挙げられていて、それがここで終わってしまうのが残念と言う雛菜。

ここは1つ終わりでもあるけど始まりでもある。ここからがアイドル 市川雛菜の始まりだ。

 

 

 

 

 


f:id:ktn70777:20200620113110j:image
f:id:ktn70777:20200620113322j:image
f:id:ktn70777:20200620113803j:image
f:id:ktn70777:20200620113055j:image
f:id:ktn70777:20200620113152j:image
f:id:ktn70777:20200620113030j:image
f:id:ktn70777:20200620113225j:image
f:id:ktn70777:20200620113342j:image
f:id:ktn70777:20200620113331j:image
f:id:ktn70777:20200620113047j:image

W.I.N.G.優勝!!!!

 

やったな雛菜・・!そして優勝してもブレない姿勢。さすがだよ・・!

きっと彼女のパフォーマンスが会場をしあわせと笑顔で包んだに違いない。

 

 

 


f:id:ktn70777:20200620113233j:image
f:id:ktn70777:20200620113126j:image
f:id:ktn70777:20200620113155j:image
f:id:ktn70777:20200620113201j:image
f:id:ktn70777:20200620113222j:image
f:id:ktn70777:20200620113115j:image
f:id:ktn70777:20200620113042j:image

優勝後も関係は何ら変わらないようで。いつものやり取りといった感じ。かつて交わした口約束(?)を雛菜が。勢いすごいなこの子本当に。

 

 

 

 
f:id:ktn70777:20200620113204j:image
f:id:ktn70777:20200620113757j:image

あーーーーダメです!!!好きになっちゃうから!!!!

「よしよし〜♡」はダメだろ!!!!というかお前のこと考えすぎてたんじゃ!!!!!その分の疲労がすごいんじゃこっちは!!!!!それも帳消しにできそうな「よしよし〜♡」ですねぇ!!!!!(満更でもない)

 

 

 


f:id:ktn70777:20200620113806j:image
f:id:ktn70777:20200620113106j:image

わがままな自覚あるの、好き。ズルいなこいつ。

自分がPならこんな冷静に返せないわ。

 

 



f:id:ktn70777:20200620113144j:image
f:id:ktn70777:20200620113355j:image
f:id:ktn70777:20200620113245j:image

・・え!?

 

 

 


f:id:ktn70777:20200620113325j:image
f:id:ktn70777:20200620113207j:image
f:id:ktn70777:20200620113052j:image
f:id:ktn70777:20200620113026j:image
f:id:ktn70777:20200620113035j:image
f:id:ktn70777:20200620113258j:image

何か、話繋がってない気がするけどここまで大変だったって話をしたいようにも思える。雛菜の考えてることが分からなかったら確かに「そうじゃないだろ!」って意見が出てくるよね。・・あれこれPのことか?(?)

 

 

 


f:id:ktn70777:20200620113315j:image
f:id:ktn70777:20200620113103j:image
f:id:ktn70777:20200620113033j:image
f:id:ktn70777:20200620113228j:image

はいここイチャイチャポイント。

改めて言い合うんじゃないよ!!2人で楽しくしあわせ〜に頑張る未来はこれからも続く。

 

 

 


f:id:ktn70777:20200620113124j:image
f:id:ktn70777:20200620113242j:image
f:id:ktn70777:20200620113251j:image

ズルい

あれだけ大変なことは避けたいスタンス見せてきたのに最後にこれかよ!!辛いことを乗り越えた先にしあわせを見るってか!やはり距離の詰め方がエグい。

 

 


f:id:ktn70777:20200620113217j:image
f:id:ktn70777:20200620113800j:image
f:id:ktn70777:20200620113810j:image

あーーーしあわせになるーーーー!!!!

やは〜♡

 

 

 

 

 

f:id:ktn70777:20200620174156j:image

ということで市川雛菜記事でした。

 

うん、この子も相当ヤバかったわ。というかノクチルでは1番ですね。色々と。

しあわせ〜に対する思いと自分の行動の徹底っぷりが。

 

ただ今までプロデュースしてきてW.I.N.G.終えると大概のアイドルとは「今後は上手くやっていけそうだな」って思うんだけど、雛菜とは都度衝突(?)がありそうだと感じた。

でも好きーー・・・。そういう特殊そうな子なのにシンプルに好きとか言ってきちゃうし好きよ。そういう意味ではないとは言え。距離の詰め方も近すぎてドキドキしちゃう。勘違いしちゃうじゃない!

 

その辺りの透やPへの感情の現し方をファンにも実践したらガチ恋勢めちゃくちゃ増えそうだなとかも思いましたね。

 

 

 

さて、ノクチルは全員プロデュースが完了しました。

記事を書いているうちに小糸ちゃんと雛菜のSSRが来ましたが、これでまた新しい見方ができるようになったりするのだろうか(まだ引けてないから何も分からない)

 

今後のノクチルのファン感謝祭、G.R.A.Dと活躍が色々と楽しみです!

例年通りの季節イベのコメントとかホームユニットでの関わり合いとか!!

 

 

では、また

 

 

 

ktn70777.hatenablog.com

ktn70777.hatenablog.com

ktn70777.hatenablog.com

ktn70777.hatenablog.com

ktn70777.hatenablog.com

ktn70777.hatenablog.com

 

【デレマス】緒方智絵里誕生日おめでとう!〜増えてゆく幸福のかたち〜

どうも!刀です!

 

 

本日6月11日は緒方智絵里ちゃんの誕生日です!おめでとう!

f:id:ktn70777:20200611010313j:image
f:id:ktn70777:20200611010330p:image
f:id:ktn70777:20200611010308p:image
f:id:ktn70777:20200611010317p:image
f:id:ktn70777:20200611010325j:image
f:id:ktn70777:20200611010322j:image

 

2人で時間を合わせて、公園へお出かけしている感じ。このところだいぶ暑いので、涼しそうな場所を散歩するのは気持ちよさそう。日常的にありそうなお出かけの様子というのもまた良いですねえ。

 

 

 

 

 

Twitterデレステでのお誕生日画像では池袋博士が作ったとウサちゃんロボたちとパーティーをしているようなものに。智絵里はうさぎとの親和性も高いので非常に合っている感じがする。

後ろにいるトレーナーさんも誕生日が6月10日で日が近いから一緒にお祝いしてるのかな?

 

 

 

さて、今回の誕生日記事では去年の誕生日以降から振り返って、個人的に印象に残っていることをいくつか書きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

温泉智絵里復刻

f:id:ktn70777:20200609011924j:image

 

いやもうこれでしょ。

 

デレステ4周年で新たに常設となったガシャ「メモリアルガシャ」。

2015年9月〜2016年8月までの月末限定SSR・SRが復刻ガシャというかたちからこちらのガシャに登場するようになりました。

こちらのガシャでは通常のガシャで、いわゆる〝天井〟へたどり着くためのスターシャインではなくルナシャインというアイテムがガシャを回すと1つもらえます。これを300個集めるとスターシャイン同様に対象のアイドルと交換ができるものに。

常設ガシャであり、ルナシャインにも期限がないためガシャを300回回せば好きなアイドルが確実に得られるシステムに。素晴らしい!

 

ただこのガシャの本当に素晴らしかったところは、もう復刻することのないであろうと言われていた[夢色クローバー]緒方智絵里が復刻で登場していること!!!!!!

いやもう大事件でしたよ。

 

当時のガシャに[今後再登場することがあります]という言葉がガシャ説明欄から抜けていたばかりにこの智絵里と同じ温泉ガシャの[癒しの満月]及川雫[ヒート&ビート]多田李衣菜は復刻することなく幻とも言える存在になっていた訳です。

 

それがこのガシャにて復刻再登場。

どういう経緯でかつての誓約が取っ払われたのか、よく分かっていませんが、大事なのは復刻された事実。

無料ガシャ期間などを上手く使いコツコツ回せば・・!!!

あの日あの時に手にできなかった[夢色クローバー]を・・!!!

 

・・ちなみに現状未だ引けておらず、ルナシャインも溜まっていません。

いつか、憧れの、[夢色クローバー]を・・!

というかまだメモリアルガシャ実装されて1年経ってないんだなこれ・・。

 

 

 

 

 

 

1番お菓子をもらったアイドル

 

 

f:id:ktn70777:20200610124210p:image

f:id:ktn70777:20200610221546p:image
f:id:ktn70777:20200610124218p:image
f:id:ktn70777:20200610124222p:image
f:id:ktn70777:20200610124207p:image
f:id:ktn70777:20200610124214p:image
f:id:ktn70777:20200610124226p:image

 

 

自分のルームで智絵里見る度に思い出してる。

 

2019年のカウントダウンLIVEの企画で発表された「ルームで1番お菓子をもらったアイドル」。

それがなんと[ホワイト・ハピネス]緒方智絵里

というか緒方智絵里、じゃなくて[ホワイト・ハピネス]まで指定されてるの本当どういうデータ取ってるのこれ・・・?

 

お菓子は親愛度アップアイテムのイメージですが、親愛度上げ終えてもお菓子をあげてたPが多かった、ということでしょう!

自分は親愛度は極力LIVEで得られる親愛度で上げているのですが、何かの都度でお菓子あげてるPがいるってことなんだろうなぁ・・。愛だね。31万ものお菓子。

 

でも、190人いて単独で選ばれているのはすごい!Pの愛を感じる!お菓子をもらったNo.1アイドル!実質シンデレラガールじゃん!!?(大天使故の飛躍)

 

 

 

 

f:id:ktn70777:20200611010419j:image

あげるギフトは誕生日に効果が2倍になるので今日はお菓子をあげるいい機会かもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 

[ブレイブステージ]

f:id:ktn70777:20200610223909j:image
f:id:ktn70777:20200610223929j:image

 

先月9日から16日23時まで開催されていたミュージックJAM。

ランキング上位アイドルとして[ブレイブステージ]緒方智絵里が登場!

 

JAMに臨む前にリラックスして伸びをする特訓前ととてもカッコよくポーズを決める特訓後。

良い・・とても良い・・!!

 

初のイベント走りでお迎えできた智絵里。その様子は↓から

 

ktn70777.hatenablog.com

 

 

 

 

さて、上記記事ではJAMに臨んだ姿勢と意識の話だったのですが、この[ブレイブステージ]については特に書いてないんで、それをここで書こうと思います。

というのもこの[ブレイブステージ]、智絵里の在り方がめちゃくちゃ前向きなんですよ

 

 

 


f:id:ktn70777:20200610223905j:image

引っ込み思案だったり、アイドルに向いていない、みたいな自信のない発言が多かった彼女とは思えない前向き加減。

「絶対絶対...成功させたいですからっ!」「見せたいんです、新しい私!」などイベントに臨む姿勢がバッチリで、さらにそれ以上自分を見せたいと意気込むほど。

 

つ、つよい・・。強くなってる・・!

 

 


f:id:ktn70777:20200610223915j:image

 

さらに、[京町乙女]や[パジャマパーティー]の頃に見られた「不安」「緊張」というマイナスなワードもそのイメージを感じさせないほどにしっかりしています。

 


f:id:ktn70777:20200610223913j:image

あとここはひたすら可愛いのでボイスを延々と堪能する時間となります。気になったらフリトレでお迎えしようね!!!!!

 

 


f:id:ktn70777:20200610223925j:image
f:id:ktn70777:20200610223922j:image

特訓後には特訓前のやる気がしっかりがっしり反映されて、とてもハイになっている感じに。

あんなに内気だった彼女が「肌を刺すような視線...今は、心地良くて、クセになりそうです...!」なんて・・!人前もこんなに平気に・・・!

 

 


f:id:ktn70777:20200610223918j:image

そしてここはひたすらに智絵里に魅せられたい方の時間。フリトレで特訓後もお迎えしよう!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

他にもユニット関係で2つほど。こちらは他で少し書いたのでそちらを参考に・・・↓

 

 

 

↓こちらではチェリー・ジュビレについて。

ktn70777.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

ということで緒方智絵里誕生日記事でした!

振り返ると色々なところで智絵里関連のことがあったなぁと考えましたね。いや、そこかよ!?みたいな。

なんなら現在開催中の雨に歌おう♪ドリームLIVEフェスティバルでも[バレンタイン]が復刻中。チーム勝利報酬やメダルから取れるし是非!

 

そして今後の動きとしては巷でうわさのSSR5週目が来るんじゃないかと睨んでいます。下手したら今年中に来て、来年の誕生日にはそんなことを書いてそうとか思ったり・・。

[ブレイブステージ]であれだけイベントに臨む姿勢がしっかりしてきたところだし、次のSSRではどうなっちゃうの!?

ガシャに関するよく分からない不安よりも彼女の成長に期待が高まります!

 

 

では!また!!

 

【シャニマス】そこにいるためのアイドル、福丸小糸〜その頑張りは誰が為に〜

どうも!刀です!

 

 

顔の良い浅倉透と顔の良い樋口円香をプロデュースし、見事に「こいつら顔以外もめちゃくちゃ良い・・」と魅力に飲まれたプロデューサー。

 

 

ktn70777.hatenablog.com

ktn70777.hatenablog.com

 

 

 

お次にプロデュースするは福丸小糸。

・・この子ももしやめちゃくちゃ強い特徴とかあるのでは・・?

・・いや・・大丈夫だ・・落ち着け・・先に来た2人がクセの強かっただけでこの子は大丈夫な筈だ・・。

 

 

 

 

 

f:id:ktn70777:20200531221622j:image
f:id:ktn70777:20200531221618j:image
f:id:ktn70777:20200531221636j:image

恐らくオーディションを受けに来た福丸小糸。志望動機は浅倉透・樋口円香らがいるから一緒にアイドルを、というもの。

少々動機が不純な気がしないでもないが、彼女たちの話題が出ると明るく話す、そんなところに福丸小糸のアイドルらしさを感じとるプロデューサー。

 

 

 

 


f:id:ktn70777:20200531221629j:image
f:id:ktn70777:20200531221639j:image
f:id:ktn70777:20200531221610j:image

なりたいアイドル像を聞き、学業との両立をするよう伝える。ようこそ、283プロへ。

 

 

 

 

 

 


f:id:ktn70777:20200531221615j:image
f:id:ktn70777:20200531221626j:image
f:id:ktn70777:20200531221613j:image

事務所に所属して少し経った頃、まだ親御さんからの確認が来ていない。何か焦っているようにも見えるな・・。

 

 


f:id:ktn70777:20200531221607j:image
f:id:ktn70777:20200531221604j:image
f:id:ktn70777:20200531221632j:image

f:id:ktn70777:20200531221752j:image

ただ、話がノクチルのみんなのことになると、先ほどまでの顔が嘘のようにパッと明るくなる。年下ながらも浅倉、樋口のような中に彼女がいればとても場の和らぐ癒し的な存在になるだろう。そう思うと「わたしがいないとだめ」発言もなんとなく受け入れられる感じがする。本人からの発言はそういうことじゃないんだろうけど。

 

 

 

 

 

 

f:id:ktn70777:20200531222232j:image
f:id:ktn70777:20200531222146j:image
f:id:ktn70777:20200531222208j:image
f:id:ktn70777:20200531222258j:image
f:id:ktn70777:20200531222127j:image

それから少しして、小糸ちゃんを呼び出すプロデューサー。内容は親御さんへの確認の話。小糸からの返答が得られなくて直に家に連絡したと伝える。

 

 

 

 


f:id:ktn70777:20200531222245j:image
f:id:ktn70777:20200531222255j:image
f:id:ktn70777:20200531222120j:image
f:id:ktn70777:20200531222226j:image

小糸ちゃんは親御さんにアイドルになったことを何も話していなかった。確かにいきなり「アイドルになりました」って話すのは言いづらいかもなぁ・・。

 

 

 



f:id:ktn70777:20200531222307j:image
f:id:ktn70777:20200531222220j:image

そして小糸ちゃんにこれからもアイドルをやりたいか問うプロデューサー。序盤の序盤にこんなコミュが来るとは・・。アイドルやってることを言い出せないアイドル、ここまで居なかったなあ・・。

 

 

 


f:id:ktn70777:20200531222201j:image
f:id:ktn70777:20200531222137j:image

アイドルになる動機が浅倉透らだったこともあり、一人になりたくなかったというところからアイドルを続けていた小糸ちゃん。

 

 


f:id:ktn70777:20200531222134j:image
f:id:ktn70777:20200531222149j:image
f:id:ktn70777:20200531222236j:image
f:id:ktn70777:20200531222223j:image
f:id:ktn70777:20200531222318j:image
f:id:ktn70777:20200531222124j:image

そしてそれに対してめちゃくちゃ熱く語るプロデューサー。

レッスンやプライベートな顔をを知っているからこそ、アイドルに向いていると背中を押せる。

 

 

 

 

 

 


f:id:ktn70777:20200531222229j:image
f:id:ktn70777:20200531222157j:image
f:id:ktn70777:20200531222210j:image
f:id:ktn70777:20200531222205j:image
f:id:ktn70777:20200531222215j:image

その熱意からか、小糸ちゃんも事情を話し始める。

本人もアイドルとしての活動は楽しかったのだが、それ故に親御さんに言うタイミングが無くなってしまい現在に至ると。言いづらいことをそのままにしとくと結果ずっと言いづらくなってしまうやつですね。本人なりに相当の葛藤があったのでしょう・・。

 

 

 

 

 


f:id:ktn70777:20200531222154j:image
f:id:ktn70777:20200531222217j:image
f:id:ktn70777:20200531222252j:image

そしてそれはアイドルとしての新たな決意に。

アイドルのどうなりたいかは、これから決めていこう・・!

 

 


f:id:ktn70777:20200531222249j:image
f:id:ktn70777:20200531222315j:image
f:id:ktn70777:20200531222142j:image

 出会いから少し、小糸とプロデューサーが前に進んだ瞬間。

そうか・・・。この子普通だ・・!透や円香に比べるとかなり普通だ・・・!悩み事もアイドルやってる子にありそうで・・!これから頑張ろうな小糸・・!

 

 

 

 

 

f:id:ktn70777:20200531223841j:image
f:id:ktn70777:20200531223858j:image
f:id:ktn70777:20200531223905j:image
f:id:ktn70777:20200531223855j:image
f:id:ktn70777:20200531223850j:image
f:id:ktn70777:20200531223902j:image
f:id:ktn70777:20200531223838j:image
f:id:ktn70777:20200531223844j:image
f:id:ktn70777:20200531223908j:image

なんかもうプロデューサーが小糸ちゃんにゾッコンな感じがめちゃくちゃ好きです・・。

そして小糸ちゃんから放たれるよゆーの一言。ハッタリっぽいけどなんだか安心感がある。よゆーで超えてやろうぜW.I.N.G!

 

 

 

 

 

f:id:ktn70777:20200601010513j:image
f:id:ktn70777:20200601010510j:image

最初はこんなにおどおどしていたり、ノクチルのみんなを探していたりしましたが、

 

 


f:id:ktn70777:20200601010516j:image
f:id:ktn70777:20200601010507j:image
f:id:ktn70777:20200601010519j:image

いつからか、プロデューサーと関わるのもよゆーになっている小糸ちゃん。

小糸ちゃんがいないとだめになってしまう・・・!

 

 

 

 

 

f:id:ktn70777:20200531224134j:image
f:id:ktn70777:20200531224136j:image
f:id:ktn70777:20200531224131j:image

信頼から生まれる後押し。

つーかもう本当いい関係だな・・イチャイチャしてるようにすら見える・・!いい関係・・!

 

 

 

f:id:ktn70777:20200531235719j:image
f:id:ktn70777:20200531235656j:image
f:id:ktn70777:20200531235724j:image
f:id:ktn70777:20200531235727j:image

親御さんに話をしてからは、アイドルと勉強の両立を条件にアイドルを続けていくことになった小糸ちゃん。

話に行ったプロデューサーの感じが気になる。上記の感じでめちゃくちゃ熱くプレゼンしてくれてそう。

 

 


f:id:ktn70777:20200531235707j:image
f:id:ktn70777:20200531235641j:image
f:id:ktn70777:20200531235637j:image

疲れている小糸ちゃんを気遣うプロデューサー、そしてまた小糸ちゃんからよゆーの一言。朝飯前とすら言っている・・!

 

 


f:id:ktn70777:20200531235611j:image
f:id:ktn70777:20200531235710j:image
f:id:ktn70777:20200531235647j:image
f:id:ktn70777:20200531235721j:image

そしてそれに対してのプロデューサーによる手厚いフォローの姿勢。

これまでとこれからに対してが完璧すぎる・・!

「こっそりでもいいから」の一言添えるのニクいですねぇ・・!

 

 

 

 


f:id:ktn70777:20200531235703j:image
f:id:ktn70777:20200531235620j:image
f:id:ktn70777:20200531235631j:image
f:id:ktn70777:20200531235653j:image
f:id:ktn70777:20200531235644j:image
f:id:ktn70777:20200531235713j:image
f:id:ktn70777:20200531235614j:image
f:id:ktn70777:20200531235628j:image
f:id:ktn70777:20200531235634j:image
f:id:ktn70777:20200531235617j:image

また、プロデューサーの語りかけに応えるように小糸も自分の話をしてくれる。

ノクチルの、幼なじみであるメンバーと比べると自分よりも皆がすごい、皆が特別である、だから自分はそこに追いつけるように努力を続けなければならない、と。そんなことから「よゆー」と言い続けなければならない状態になっていた小糸ちゃん。

 

 

 

 


f:id:ktn70777:20200531235650j:image
f:id:ktn70777:20200531235700j:image
f:id:ktn70777:20200531235716j:image
f:id:ktn70777:20200531235625j:image
f:id:ktn70777:20200531235622j:image

そしてそれに寄り添い支える言葉をかけるプロデューサー。もーーー!!!関係性が良いーーー!!!

小糸ちゃん自身が他のメンバーよりも遅れているんじゃないかという不安にしっかりと「俺が知ってるし、分かっている」って言ってあげることで少しでも不安を軽くする。Pとアイドルの関係らしい関係。

 

 

 

 

 

 

f:id:ktn70777:20200531235911j:image
f:id:ktn70777:20200531235920j:image
f:id:ktn70777:20200531235928j:image
f:id:ktn70777:20200531235952j:image
f:id:ktn70777:20200531235935j:image
f:id:ktn70777:20200531235925j:image
f:id:ktn70777:20200531235939j:image
f:id:ktn70777:20200531235943j:image

三次審査突破時についつい小糸ちゃんよりも喜んでしまうプロデューサー。

アイドルのプロデューサーでありながら、自覚してしまうほどに小糸ちゃんのファンになっているの、信頼しかない。

 

 


f:id:ktn70777:20200531235949j:image
f:id:ktn70777:20200531235931j:image
f:id:ktn70777:20200531235916j:image

そしてこの返しーー!!!!おどおどして付いていく姿勢で精一杯な感じのした小糸ちゃんからのこれーーーー!!!!!やり取りーーーー!!!!!最高。

 

 

 

 

 

 

f:id:ktn70777:20200601001327j:image
f:id:ktn70777:20200601001324j:image
f:id:ktn70777:20200601001343j:image
f:id:ktn70777:20200601001346j:image
f:id:ktn70777:20200601001353j:image
f:id:ktn70777:20200601001304j:image

以前の様にレッスン室へ迎えに来たプロデューサー。

終わるまで小糸ちゃんのレッスンを見ているつもりだったが、そこで小糸ちゃんがまさかの転倒。

「よゆー」の結果、やはり少し無理をしていたのでは・・!?

 

 

 

 

f:id:ktn70777:20200601001255j:image
f:id:ktn70777:20200601001320j:image
f:id:ktn70777:20200601001301j:image
f:id:ktn70777:20200601001336j:image
f:id:ktn70777:20200601001311j:image
f:id:ktn70777:20200601001349j:image
f:id:ktn70777:20200601001307j:image

転んだ小糸ちゃん、立ち上がるとともに、以前のプロデューサーの言葉で前を向いてアイドル臨んでいることが分かる。

小糸ちゃんには努力を認めてくれる人がきっと必要だったんだ・・。

 

その言葉をかけたプロデューサーだが、無理はさせられない。しっかりと心配をしてくれる。

 

 

 

 


f:id:ktn70777:20200601001258j:image
f:id:ktn70777:20200601001252j:image
f:id:ktn70777:20200601001333j:image
f:id:ktn70777:20200601001248j:image
f:id:ktn70777:20200601001330j:image
f:id:ktn70777:20200601001339j:image

過去の努力は今のためにあったのではと考える小糸ちゃん。

「無駄なことなんてなかった」プロデューサーがその思いを認めて後押ししてくれる良い存在となっていますね。

幼なじみといるのは楽しい。それでもどこかで感じていた劣等感の様なものをプロデューサーが払拭してくれたみたいに見えますね。きっとあのままじゃ感じられなかった気持ち。

 

 


f:id:ktn70777:20200601001317j:image
f:id:ktn70777:20200601001314j:image

それにより素直に自分の頑張りを認められて、彼女はまた一歩先に。

その後が照れ隠しっぽくて好き。

 

 

 

 

f:id:ktn70777:20200601002123j:image
f:id:ktn70777:20200601002129j:image
f:id:ktn70777:20200601002144j:image
f:id:ktn70777:20200601002119j:image
f:id:ktn70777:20200601002131j:image
f:id:ktn70777:20200601002126j:image
f:id:ktn70777:20200601002134j:image
f:id:ktn70777:20200601002107j:image
f:id:ktn70777:20200601002110j:image
f:id:ktn70777:20200601002141j:image
f:id:ktn70777:20200601002139j:image
f:id:ktn70777:20200601002114j:image

頑張りが実を結び、W.I.N.G.出場が決定。

プロデューサーからの最後の一押しは「楽しんでくれ」

ここまでの自分の努力を認め、それを楽しむという形で昇華させるプロデューサー。本当にここまで一歩ずつ寄り添って歩いてきた感じ、たまりませんなぁ・・。

 

 

 

 

f:id:ktn70777:20200601005325j:image
f:id:ktn70777:20200601005302j:image
f:id:ktn70777:20200601005305j:image
f:id:ktn70777:20200601005259j:image
f:id:ktn70777:20200601005311j:image

W.I.N.G.の舞台、準決勝とはいえ流石に緊張しているのが分かる。

ただそれと同時に「わくわくしている」という小糸ちゃん。「楽しんでくれ」という後押しが効いてそう。

 

 

 

 


f:id:ktn70777:20200601005320j:image
f:id:ktn70777:20200601005308j:image

そして準決勝を突破。

楽しんで出来たのならそれはプロデューサーも望んでいたこと。決勝も楽しむ様に背中を押す。

 

 

 


f:id:ktn70777:20200601005256j:image
f:id:ktn70777:20200601005253j:image
f:id:ktn70777:20200601005328j:image
f:id:ktn70777:20200601005314j:image
f:id:ktn70777:20200601005317j:image

準決勝よりも明らかに緊張している小糸。

ただそれでもここまで頑張ってきて自信がついて。今までの頑張りの集大成とも言えるほど頼もしくなっていた・・!

 

そして・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:ktn70777:20200601005250j:image

W.I.N.G.優勝!

 

 

 

 

 

 

f:id:ktn70777:20200601005612j:image
f:id:ktn70777:20200601005606j:image
f:id:ktn70777:20200601005557j:image
f:id:ktn70777:20200601005600j:image
f:id:ktn70777:20200601005609j:image

驚く小糸、そして淡々と話すプロデューサー。

その割には最後の言葉は泣いてそうまである。自分が、小糸が、信じて頑張ってきたものが大きな舞台でこうやって認められて形になってるんだもん・・。そりゃ感情は高ぶるよね。

 

 


f:id:ktn70777:20200601005603j:image
f:id:ktn70777:20200601005553j:image

そして自分の頑張りを認められる小糸ちゃん。

ここまで歩んできた道がここで本当にゴールを迎えた形。美しき帰結。

 

 

 

 

 

f:id:ktn70777:20200601005827j:image
f:id:ktn70777:20200601005846j:image
f:id:ktn70777:20200601005843j:image
f:id:ktn70777:20200601005925j:image
f:id:ktn70777:20200601005936j:image
f:id:ktn70777:20200601005903j:image

優勝後、公園で小糸と話す内容は、最初に提示した課題「どんなアイドルになりたいか」

動機はノクチルの、幼なじみといるため。それがどんな風に変わったのか。

 

 

 

 


f:id:ktn70777:20200601005909j:image
f:id:ktn70777:20200601005831j:image
f:id:ktn70777:20200601005914j:image
f:id:ktn70777:20200601005900j:image
f:id:ktn70777:20200601005931j:image
f:id:ktn70777:20200601005854j:image
f:id:ktn70777:20200601005851j:image
f:id:ktn70777:20200601005823j:image
f:id:ktn70777:20200601005912j:image
f:id:ktn70777:20200601005917j:image
f:id:ktn70777:20200601005837j:image
f:id:ktn70777:20200601005921j:image
f:id:ktn70777:20200601005906j:image
f:id:ktn70777:20200601005857j:image
f:id:ktn70777:20200601005833j:image

小糸の出した答えは「みんなと自分の居場所になる」

かつて1人で幼なじみとの居場所を探していた小糸が、自分と同じ様に居場所を探している人のための居場所になってあげられる様なアイドルになると。

自分がその気持ちを経験して、悩んだからこそ、今度は自身がそういう人たちに手を差し伸べられる存在へ。それが彼女の出した「アイドル」という答え。

 

そしてきっと彼女はここまでの頑張り、そしてW.I.N.G.優勝で、すでにそういう存在に、アイドルになれているとプロデューサーは言う。1番近くで見ていた人が言うんだ。間違いない。

 

 

 

 


f:id:ktn70777:20200601005841j:image
f:id:ktn70777:20200601005928j:image

この経験を乗り越えた彼女はこれからも、この先もずっとアイドルでいられるだろう。

 

 

 

 

 

f:id:ktn70777:20200601010654j:image

と言うことで福丸小糸記事でした!

 

いやもういい子すぎる。健気!

前の2人がかなり違った路線で攻めてきていたのでめちゃくちゃ癒されてしまった。

そしてそのままひたむきなところに惹かれてしまいましたね・・。小動物的で応援もしたくなるし。

 

彼女が幼なじみである浅倉透らと一緒にいたいという思いで始めたアイドルが、最終的には彼女と同じような境遇の人のための居場所になる、というアイドルのかたちを見つけて。

一緒にそこにいるための手段であったアイドルが、誰かがそこにいるための目的となるアイドルになった、というのがグッときますね・・!

 

 

 

さて、ノクチルも残すところあと1人。

市川雛菜・・彼女もまた独特のアイドルであった・・!

 

 

 

では、また!やは〜⭐︎

【デレマス】ミュージックJAMの苦手な男がどうにか意識を変えてイベントに臨んだ話と感想〜走り回ってジャムになる(?)〜

 

 

 

どうも!刀です!

 

シンデレラガールズにて5月9日15時から5月16日23時まで第4回ミュージックJAMが開催されました!

ランキング上位アイドルとしてSレア[ブレイブステージ]緒方智絵里が登場しました。

 

えええええええええええええ!!?????

 

 

 

 

 

・・・ええええええええええええ!!!!!?????

 

 

 

 

 

 

不意でした。

智絵里2月に逆輸入Sレアとはいえ[マイ・フェアリーテイル]も実装されてるんだぞ・・。いやいやいや・・。予想できないでしょ・・。

 

 

そしてJAMですよ・・?上位アイドルの総合ランキング以外に3ステージのアイドルの上位も取りにPが集中するようなイベントですよ・・?

加えてイベント専用ドリンクも持ち越しのできるものでもないし走るなら実質自身のエナの貯蓄でやらなければならいイベント・・。

故に今までのJAMでも溜まったイベント専用エナドリハーフ消化して、デイリーミッションクリアするくらいで 

 

 

 

f:id:ktn70777:20200520181859j:image

第1回ミュージックJAM結果発表

 


f:id:ktn70777:20200520181855j:image

 第2回ミュージックJAM結果発表

 

 

 

とこんな結果。第3回のは無かったけどだいたい同じようなもん。

毎日触ってもこれよ。

各ステージ、総合共に10000位すら切れない苦手な印象のあるイベント。

 

 

・・これを・・?

走る・・?

 

 

 

 

これだけ苦手意識のあるイベントを・・・?

今までイベントをロクに走ったことのないこの僕が・・・?

走る・・?

 

 

 

 

 

 

 

ということで今回はこれだけ苦手意識のあるミュージックJAMにてどうにか意識的に改善してどうにか上位アイドルを狙うまで挑戦した時の意識について書いていきます。

で、別にこれJAMの攻略的なことではなくて、あくまでここまで走ったことが無くて、というかそもそも担当イベすら走ろう、という概念のない僕のような方に見て、何らかの糧にしていただければと思って書く記事となっています。と同時に単純に走った感想記事でもあります。

結論言うとエナ飲みまくってイベントに張り付いている人間が結果得られるイベントだと思っているので、走る人はそうするでしょうし、いわゆるそれが苦手な方向けというか。僕もそれが苦手部類の人間なので。

 

 

  • 1.JAMの苦手な点
    • 他イベントより走る人間が多そう
    • イベント専用アイテムがない
    • 開始~終了までイベント期間
    • スーパーLIVEが重い 
  • 2.意識してやってみたこと・いらない懸念
    • イベント開始1時間張り付き
    • 時間とドリンク消費数を決めて動く
    • 空き時間に回復分だけでも消費・イベント専用ドリンク10個以上溜めない
    • ステージは絞って殴れ
    • 最終日に2時間に1回100本
  •  3.結果

 

続きを読む

【デレマス】第9回シンデレラガール総選挙・ボイスアイドルオーディション結果発表!!感想とか思ったことを書く~煌く乙女と届く歌声~

 どうも!刀です!

 

 

 

 

第9回シンデレラガール総選挙・ボイスアイドルオーディション結果発表!!

 

 

 

 

 

 

 

 

では早速結果を見ていきましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全体10位~6位

 

 

 

f:id:ktn70777:20200521160550j:image

第10位 速水奏

5,920,697票

 

 

 

f:id:ktn70777:20200521160606j:image

第9位 緒方智絵里

6,126,259票

 

 

 

f:id:ktn70777:20200521160622j:image

第8位 新田美波

6,262,878票

 

 

 

f:id:ktn70777:20200521160634j:image

第7位 佐久間まゆ

6,549,846票

 

 

 

f:id:ktn70777:20200521160700j:image

第6位 高森藍子

6,751,992票

 

 

 

ということでここまでが全体の10位から6位までです。

 

 

 まず今回の総選挙に関してなのですが、シンデレラガールズ、スターライトステージ共に投票券が得やすくなっていて、前回開催時よりも投票数が段違いになっております。課金票シンデレラガールズ・スターライトステージ共になんと各3万票買えるようになっていたのでそこも得やすくなっていたと言えば・・・得やすいのか?

 

 

第8回の順位との比較だと

 

10位 1,059,130(的場梨沙)

9位 1,104,273票(ナターリア)

8位 1,184,019票(佐久間まゆ)

7位 1,203,444票(鷺沢文香)

6位 1,251,408票(一ノ瀬志希)

 

と、100万票内で推移していたものが、600万票で動いているような状態に。

500万票も多いってすごいな・・。

 

加えて今回は中間発表無し+ボイスアイドルオーディションが同時開催ということで、本日の発表まで全く状況が分かりませんでしたね。

自分もけっこう中間見て票入れがちなところがあるので、逆に今回は自分の票入れたいアイドルに純粋に投票できたかなぁと。LIVEのあの曲良かったなぁ、とかシンデレラヒストリー良かったなぁとかそんな感想でボンボン票入れてましたね。手持ちの票も多いので。

 

そして個人的な話ですが、智絵里ここか・・。という感想。

前回全体13位なので上がってはいるのですがそうか・・・ってなってしまった。

ボイスアイドルオーディションがあるので、ボイス実装アイドルによる上位争いはなんとなく予想できていたことですが、なんか勝手にもうちょい上だと思ってたな・・。完全に慢心なんだよな・・。悔しさがあるな・・。なんか分からんけど今までで一番悔しいかもしれない・・。

まぁ宣伝とか何もしてないのでそういう方に比べれば上辺だけの気持ちなのかもしれませんがね。とはいえ担当ですものね・・。なんだか気持ちが堂々巡りですわよ・・。

 

 

 

 

  

 

・・さてさて!気を取り直して順位発表の続きです。

続いては全体5位から2位まで

 

 

 

 

全体5位~2位

 

 

 

f:id:ktn70777:20200521160721j:image
f:id:ktn70777:20200521160724j:image

第5位 高垣楓

6,808,312票

 

 

 

 

f:id:ktn70777:20200521160743j:image
f:id:ktn70777:20200521160740j:image

第4位 神谷奈緒

7,158,651票

 

 

 

 

f:id:ktn70777:20200521160756j:image
f:id:ktn70777:20200521160759j:image

第3位 一ノ瀬志希

8,425,856票

 

 

 

 

f:id:ktn70777:20200521160817j:image
f:id:ktn70777:20200521160814j:image

第2位 鷺沢文香

9,951,829票

 

 

 

 

ということで5位から2位でした。

 

 

まず率直な感想として楓さんが強い・・。

第6回でシンデレラガールになった楓さんがここにいるのシンプルに強いし、Pの想いの強さも感じます。今、お空でも大活躍だもんな・・。そりゃあ単体でSSRにもなるわよ・・。

 

で、今回のシンデレラガール総選挙ではいつもの総選挙CDの面々が属性TOP3の9人というものが無くなり、上位5名のみでのCDに。

つまりここにいる4人+シンデレラガールによるCDになるわけですが、ここ数回の総選挙でもよく顔をみるアイドルで固められていて、こちらもシンプルに強い。3位以外をCoアイドルが占めているのも中々。

個人的にここに挙がっているアイドルには自分も微力ながら投票したので何だか嬉しい。

デレステイベやコミュや色々楽しみですな・・。

 

 

またこちらの得票数も前回と比較すると

 

 

5位 1,392,792票(佐城雪美)

4位 1,395,728票(遊佐こずえ)

3位 2,235,818票(夢見りあむ)

2位 2,588,753票(北条加蓮)

 

となっており2位で見ればなんと730万票弱の差が。

票の得やすさが顕著に表れているのかなぁと。

 

 

 

 

 

 

では、いよいよ第9回シンデレラガールの発表。

栄えある1位は・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第9回シンデレラガール

 

  

 

 

 

 

 

 

 

f:id:ktn70777:20200521160834j:image
f:id:ktn70777:20200521160839j:image
f:id:ktn70777:20200521160837j:image

第1位 北条加蓮

16,926,974票

 

 

 

 

北条加蓮

第9回シンデレラガール

おめでとうございます!!!!!

 

 

 

 

 

あああーー!!!加蓮おめでとうーー!!!

2位の文香との差は約700万票。圧巻です。

 

 

前回は無かったサイン表示の演出からの加蓮。前回総選挙の結果で得た[ルミナススター]での登場。これがシンデレラガールの姿になるんですね・・。

 

第7回、第8回総選挙と3位、2位と順位を上げてきた加蓮。「貴方が育てたアイドルだよ。」というセリフがここで1つのゴールを迎えたように感じますね。

僕のTwitterでも加蓮を担当しているPが多くて、それを見ていたのもあって自分もかなり加連には惹かれていたので、非常に嬉しいです。

前回の時も書いたんですけど、SSR[トゥインクル・パーティー]で「加蓮・・お前・・エモ・・」と語彙を失いながら衣装からセリフから堪能しきって。未だにルームとホームに置いてる。

 

 

f:id:ktn70777:20200521175232p:image
f:id:ktn70777:20200521175237p:image

いま、改めて見るとこの辺りのセリフの破壊力がすごい・・。

 

 

あとは大阪公演で観た「薄荷」のアコースティックアレンジが本当に素晴らしくて・・。あれもあって第9回では加蓮にしっかり票を入れたいなと思っていたので。

 

 

かつては病弱でアイドルに対しても「体力無いからできなくても良い?」みたいな姿勢を見せていた加蓮が[シンデレラガール]。アイドルの頂点。もう既にたまらないですな・・。[シンデレラガール][ルミナススター]、それに関わるシン劇、アニバアイプロと色々楽しみ!改めておめでとう!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:ktn70777:20200521160857j:image

 

CDデビューはこの5人で決定!

加蓮を筆頭に奈緒がめちゃくちゃ振り回されそうだな・・。個性の振り幅が。

ドラマCDとかもやってほしいな・・。単純に面白そう。

 

 

 

 

 

 

 

 

属性別上位3位

 

 

 

f:id:ktn70777:20200521160912j:image

Cute

1位 一ノ瀬志希

2位 佐久間まゆ

3位 緒方智絵里

 

 

 

 

f:id:ktn70777:20200521160925j:image

Cool

第1位 北条加蓮

第2位 鷺沢文香

第3位 神谷奈緒

 

 

 

 

f:id:ktn70777:20200521160937j:image

Passion

第1位 高森藍子

第2位 城ヶ崎美嘉

第3位 佐藤心

 

 

 

 

属性上位3人は上記のように。

 Paは10位以内に1人しかいないので2位の城ヶ崎美嘉(全体13位)と3位の佐藤心(全体14位)がここで公開に。

うわーーーーーー!!!!これはこれでやっぱ9人曲聞きてぇよ・・!!!!

・・CDは諦めるからこの面々で何かしらの動きくれないかなぁ・・。

 

 

いやしかし美嘉姉もしゅがはの姐さんも前回順位22位(心)と31位(美嘉)より大きくランクアップ。

ボイス未実装のアイドルが並んでいない各タイプ上位3人もなんだか新鮮に感じますね。その分ボイスアイドルオーディションの方への熱が感じられます。

 

 

 

 

 

f:id:ktn70777:20200521161000j:image

 

 

前回から登場した各属性第1位はSレア化が決定。属性でのシンデレラガールの名を冠するかたちとなりますね。2枚目になりますしね。

・・ [ルミナススター]北条加蓮も2枚目になるんだけど、それはもうそのまま出るんだろうな・・。

 

 

 

 

全体11位~50位は以下のように。

 

f:id:ktn70777:20200521161117j:image

f:id:ktn70777:20200521161126j:image

 

属性上位3人にボイス未実装が入ってこない→ボイスアイドルオーディションに票が入れられてるから、と上で述べましたが、それでもこの上位50人に入ってくる辻野あかりと工藤忍と浅利七海よ。

声が付けば、CDやデレステのコミュに出て、と自然と露出が増えて、人気も出やすくなるよう認識がありますが、それを抜きにしてもここまで戦える彼女たちの強さ。この結果から活躍の場がもっと増えて欲しい。出身青森とりんごで二人ともと関われる工藤忍のそれとないグローバル感好き。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボイスアイドルオーディション

 

 

 

 

今回はシンデレラガール総選挙と同時に「ボイスアイドルオーディション」が開催されました。

ボイス未実装アイドルの中から選ばれた上位3人のアイドルにボイス追加&CINDELLA MASTERシリーズのCDデビューが決まるというもの。

ではこちらも順に見ていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:ktn70777:20200521161047j:image
f:id:ktn70777:20200521161041j:image

第3位 桐生つかさ

13,486,437票

 

 

 

 

 


f:id:ktn70777:20200521161033j:image
f:id:ktn70777:20200521161044j:image

第2位 砂塚あきら

21,226,585票

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:ktn70777:20200521161051j:image
f:id:ktn70777:20200521161056j:image
f:id:ktn70777:20200521161038j:image

第1位 辻野あかり

22,119,341票

 

 

 

 

 


f:id:ktn70777:20200521161058j:image

 

 3人ともおめでとうーー!!!!!

 

 

ボイスアイドルオーディションに関して発表されたのは上位3名のみ。今後のサプライズボイスや仮に次回あった際の「じゃあ今回入れるか」を防止(?)するためのものかなぁと。

 

しかしまぁ辻野あかりに関しては、「たべるんごのうた」のムーヴメントは本当にすごくて、どんどんいろんな派生が出てきて新しいものが出るたびに「あぁニコニコ動画ってこんなんだったなぁ(?)」というのと同時に辻野あかりが新アイドルながらに認知度が上がっていってるなぁと感じました。彼女に関しては多分この狭き3枠にも入ってくるだろうなぁと思っていたので予想通りでした。

 

ただ砂塚あきらと桐生つかさに関しては実は完全に予想外で、前回(今回も)50位圏内に入っていた工藤忍と浅利七海辺りが順当に来るんじゃないかと思っていたし、彼女たちが好きなので票も入れていました。

故にそれを完全に裏切られるかたちで、桐生つかさと砂塚あきらを応援するPの想いがそれらを超えて結果を成したんだなぁってのがすごくグッときた。

これで新アイドルとして実装された7人のアイドル全員に声がつくことになるわけだし、なんなら彼女たちの前の最後の実装アイドルであったつかさ社長にも声がつくわけで。非常に面白い結果になったなぁと。

 

あかり・あきらと同様に声なしで実装されたりあむが一足先にボイスが実装されたワケですが、彼女ならこのあたりの話に触れたりとかできそうで少し楽しみ。メタを扱えそうな女。

つかさ社長もめざせ!シンデレラNo.1が名言だらけのCDなりそうだなとかめちゃくちゃ楽しみ。

ここ数年の3人1本のCDのかたちで出るなら、めざせ!シンデレラNo.1で各々関わりあうようになるしどんな話するんかなー。

 

あとこの三人見て「りんごろうで一儲け」「SNS」「社長」という点から3人でYouTuberって話題が出てたの笑っちゃった。その筋の人間が揃うと強い。

 

 

 

 

 

 

ということで総選挙記事でした!

こういう形式での開催、趣向が違っていて面白かったですね。

ただ中間発表という存在の大きさを知る機会であったとも言えますね。あそこでそこからの票が大きく左右されると言っても過言じゃないなぁと思いました。自分が見てから入れるタイプの人間なのが一番なんだけどさ。

 

故に総選挙、ボイスアイドルオーディション共にかなり純粋な投票だったのではと思います。

前回よりも有志による一斉投票などの投票企画なども多く見られましたし。自分は全く参加できなかったのでじんわりと後悔はしているんですけど。

今回は票も前回よりも多く配られていて、コツコツデイリーミッションをこなして票はかき集めていましたが、自分の思い思いのアイドルに投票できて、こちらは悔いなくできたなぁと。

 

またボイスアイドルオーディションについてですが、3位までしか発表しないのは運営側の戦略的な部分でありながらも、ここに賭けてきたPに関しては「どうだったんだ!!?」ってなる部分であり、なんとも言い難いところではありますね。

前回まで50位以内にいたのに今回は名前も見られない!ってなるとだいぶ不安を煽られますね。

ただ個人的には次回もこのように開催するならば同様でいいかなと。4位以降でも運営側には数字が見えているわけですし、そこからサプボやメディアへの露出を増やしてもいいわけだし、サプボはサプボで好きなので。

 

 

 

 さてこれから[シンデレラガール]が、CDが、総選挙曲のデレステイベが、アニバアイプロが・・・と結果を受けて動き出すシンデレラガール総選挙、そしてボイスアイドルオーディション。できればLIVEでのお披露目やサプライズとかも観たいが今年は厳しそうかな・・?

そして終わったと同時に控えているであろう第10回シンデレラガール総選挙へのカウントダウンが始まる。次回までに悔いのないアイドルプロデュースを。

 

 

では、また

【デレマス】古澤頼子誕生日おめでとう!~君が彩られる日を~

どうも!刀です!

 

 


本日5月18日は古澤頼子さんの誕生日です!

おめでとうございます!!

 

 

f:id:ktn70777:20200518213758j:image
f:id:ktn70777:20200518213748p:image
f:id:ktn70777:20200518213755j:image
f:id:ktn70777:20200518213802p:image
f:id:ktn70777:20200518213752j:image
f:id:ktn70777:20200518213744j:image
Pから仕事終わりに買い物に行こうと誘っていたようで、2人で本屋さん?に行って一緒に誕生日プレゼントを買いに行って最後はなんだかいい雰囲気の庭園でお祝いを。

あらーーーーー!!!!!!めちゃくちゃ良い・・。

頼子さんから打ち明けられる「密かに楽しみにしていました」という告白、買い物中に素の感じで「あ、そうだ」と思いついて美術展の半券を整理するファイルも新しいものを買っちゃう感じ、いい笑顔、良い・・。良い・・。好き・・。素の感じ・・好き・・。

 

 

 

 


そしてTwitterでは4月より始まった誕生日画像が。
誕生日の近いライラさんと2人でお祝いしているような画像に。


あらーーーーー!!良いーーーーー!!!!個人的にライラさんもめちゃくちゃ好きなのでとてつもない幸せ空間。この画像1枚に幸せがギュッと詰まっている。密です。

ライラさんのアイスの感じ、頼子さんを彷彿させる背景の絵画、本など2人の個性がよく感じられます。良い・・。好き・・。ありがとうデレステ運営・・!この企画大好き・・!

 

 

 

さてさて、本日は頼子さんのお誕生日、さらにデレステではガシャ更新日。頼子さんはまだSSR未実装・・。これはもしや・・・!もしや・・!??と思っていましたが、今回の更新は柳清良さんでしたね。

 

可愛い衣装ながらに、大人っぽい魅力も感じられる衣装ですごく良い・・。

恒常SSRのパワー強い・・。

 

 

と、ふと思ったのですが、頼子さんがSSR化したときにどんな衣装になるのか、と。

 

やはりCoなんだから青っぽい衣装・・?と安直に考えたのですが、頼子さんって[博識子女]特訓前だったり[クラシカルエレガント]特訓前後、[オリ・ロコガール]特訓後、[コラージュ・メモワール]特訓後とピンクっぽい服装、衣装が意外と多いんですよね。

 

だからピンクっぽい色合いもあるのか・・!?とか考えたり。

実装される前だから考え放題・・!?

ということで今回はデレステのドレスコーデにて、SSR衣装の感じを再現(?)・予想してみたいと思います!

 

 

 

 

 

 

 [クラシカルエレガント+]風コーデ

f:id:ktn70777:20200518224105j:image

僕個人の中で頼子さんのイメージが最も強い衣装。というか[クラシカルエレガント]が好きすぎるという点もあるのですが、クールイメージな彼女の纏う目を引くような赤・ピンク・白のドレス。まるで絵画のように綺麗で・・。

 

 

 

 

これをイメージしてコーデしたのがこちら

 

 

 

 

 

f:id:ktn70777:20200518222827j:image
f:id:ktn70777:20200518222838j:image
f:id:ktn70777:20200518222815j:image
f:id:ktn70777:20200518222909j:image

 

ちょっとピンク色にしすぎたか・・?

ええでもめちゃくちゃ可愛いじゃん・・。頼子さんピンク色好きだと思うんだよなぁ・・。もの静かなCuアイドルでもいけそうじゃない?

目を引く鮮烈さはあるけどSSR衣装がこの線は少し考えづらいのかな・・?いやでも捨てがたい・・!

 

 

 

 

 

 

[憩いのひととき+]風コーデ

f:id:ktn70777:20200518224115j:image

デレステでは初期Rの立ち位置として実装されている[憩いのひととき]。

いかにもCoらしい感じの衣装。[クラシカルエレガント]に比べると綺麗というよりも可愛いという感情が沸き上がってくる。可愛い。

 

 

 

これをイメージしてコーデしたのがこちら

 

 

 

 


f:id:ktn70777:20200518222940j:image
f:id:ktn70777:20200518222936j:image
f:id:ktn70777:20200518222834j:image
f:id:ktn70777:20200518222821j:image

 おお・・けっこうしっくりくる感じがする・・!再現も色合いが近い感じ・・!

いいな・・。青系のドレス・・・!この感じのSSR衣装ありそうだな・・!

 

 

 

 

 

 

[未来の風向き+]風コーデ 

f:id:ktn70777:20200518224129j:image

赤・青と着こなせば、ブラウンな系統も着こなせる頼子さん。画になりますねぇ・・。

フリフリのスカートやポージングから躍動感が伝わってきます。フィギュア化してくれねぇかな・・。

 

 

 

これをイメージしてコーデしたのがこちら

 

 

 


f:id:ktn70777:20200518222831j:image
f:id:ktn70777:20200518222824j:image
f:id:ktn70777:20200518222929j:image
f:id:ktn70777:20200518222921j:image

 いや・・これもいいな・・!髪色も相まって全体的な統一感を感じる・・!

おいおい・・もしやなんでも似合うんじゃないのか頼子さん・・!雰囲気も大人っぽく感じる・・!

 

 

 

 

 

 

[幕間のひととき+]風コーデ

f:id:ktn70777:20200518224153j:image

紫色のドレスに身を包んだ[幕間のひととき+]。お淑やかな感じが一番強く感じられる立ち姿・衣装。この目、艶っぽくてドキっとする。

 

 

 

これをイメージしてコーデしたのがこちら

 

 


f:id:ktn70777:20200518222818j:image
f:id:ktn70777:20200518222903j:image
f:id:ktn70777:20200518222847j:image
f:id:ktn70777:20200518222913j:image

衣装に色を寄せて作っただけですが、これも割と色合いから再現の感じはするかなぁと。妖艶お姉さん感が増す。

 元の衣装、ショータイム・イリュージョンが紫色なのであまり変わった感じはしないような気もしますが、まぁそれは置いておきましょう・・。

 

 

 

 

 

 

[博識子女+]風コーデ 

f:id:ktn70777:20200518224214j:image

頼子さんの代名詞とも言える[博識子女+]。怪盗ヨリコですね。ここまでのカラフルな感じとは一変したモノトーンな感じに見えますが衣装自体はよく見ると緑色っぽい・・?そして大胆セクシー!!これはギルティ!!

 

 

 

これをイメージしてコーデしたのがこちら

 

 


f:id:ktn70777:20200518222841j:image
f:id:ktn70777:20200518222853j:image
f:id:ktn70777:20200518222915j:image
f:id:ktn70777:20200518222850j:image

全体的に真っ黒にしましたが、ドレスを縁っている色が金色で衣装の感じは出ているかなぁと。黒×金はカッコいい!! 

ショータイム・イリュージョンで小さなハットをかぶっているのがより衣装に近づけている感じがあって良い。・・頼子さんハットかぶった衣装多いね。SSRでもこんな感じで小さくかぶっていると可愛いなぁ。

 

 

 

 

 

 

[水際のネイレス+]風コーデ

f:id:ktn70777:20200518224236j:image

ちびっこ歓喜プールイベントに見える。色合いがめちゃくちゃチョコミント。まぁアイスもあるしそのまんまなんですけど。ライラさんとの自然な共通点も見えてくる・・!?

 

 


f:id:ktn70777:20200519000125j:image
f:id:ktn70777:20200519000128j:image
f:id:ktn70777:20200519000119j:image
f:id:ktn70777:20200519000122j:image

 チョコミント感・・はそこまでないな・・。これもハットかぶってるしショータイム・イリュージョンで作りたかったんや・・。

エメラルドな色合いも似合いますわね・・。爽やか頼子さん。

 

 

ということでここまでの衣装の感じでなかった色の感じで1つコーデを作ってみました・・!

それがこちら!

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:ktn70777:20200518222926j:image
f:id:ktn70777:20200518222924j:image
f:id:ktn70777:20200518222918j:image
f:id:ktn70777:20200518222906j:image

 要は上記の[水際のネイレス+]風のグリーンを強めにしてみたってことなんですけどこれも良くないですか??

頼子さんの衣装でそこまで緑!って感じの衣装ってあまり無いなぁと思ってたんですけどこれも合っている・・気がする・・!好き補正で見ている・・気がする・・!

 

 

 

・・ということで頼子さんお誕生日記事並びに衣装再現コーデでした。

どの線が強いのでしょうかね・・。SSRって初期衣装踏襲スタイルが多いんですけど[博識子女+]の怪盗で来るのがちょっと考えづらかったので。

 デレステ実装とドレス系への昇華させやすそうなところだと[憩いのひととき]と[未来の風向き]に近いような衣装が来そうなのかなとか考えたり。 

 

結局、予想とか再現はしてみたのですが最終的にはSSR実装時に「そうきたかーー!」って言い放ったあと言葉を失いつつぶっ倒れると思います。ええ。

最近だと日下部若葉さんのSSR[小さな私の大きな世界]の特訓後見てイラストから衣装から名前から非常に感動してしまったので、あれを頼子さんでも感じたい。

実装の時期・期間に問わず「これだ」ってものを毎度受けているのでこの辺りは大丈夫でしょう。待っているよ・・!

 

彼女が彩ってくれた日々に新しい色が加わるまで。

 

では、また。

 お誕生日おめでとう!

 

 

 

 

頼子さんを好きになってしまった・・!って記事はこちら↓

ktn70777.hatenablog.com