迷走をひとにぎり

お洒落ブログ名(事故)。140字で収まらないことをつらつらと

【6th LIVE】THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 6thLIVE MERRY-GO-ROUNDOME!!!ナゴヤドーム公演2日目に参戦!感想を書いていく~冬に輝くメリーゴーラウンド~

 どうも!刀です!!

 

 

夢の遊園地!回る回るメリーゴーランド!
いや、MERRY-GO-ROUNDOME!!!


ということで12月2日に開催されたCINDERELLA GIRLS 6th LIVE MERRY-GO-ROUNDOME!!!ナゴヤドーム公演2日目に参戦してきました!!!

 

 

今回の6th LIVEのコンセプトは春夏秋冬の遊園地。

4回の公演をそれぞれ春、夏、秋、冬で表現する楽曲と演出。

ナゴヤドーム公演1日目は秋、2日目は冬に当たります。

 

 


もうね、1日目秋公演のセトリ見てるだけで阿鼻叫喚ですよ。神か。

そして何より、それと同レベルの衝撃が今日もあるという可能性が・・・。観る前からなんかもう胃が痛かった。

 

まあ1日目は観ていないので感想等々はありませんが・・・

 

 

白菊ほたる ボイス実装決定おめでとう!!!

 

CMシリーズの発表は2日目かなぁと勝手に踏んでいたのですが。

いやぁ嬉しい。ほたるは個人的にもすごい好きで、ワンステップズやGIRLS BE NEXT STEPといったユニットでの活躍の幅が更に広がると考えると・・・!文字通り一歩踏み出した感じですね。

 

CMシリーズで言えば、同時に森久保としゅがは姉さんもCDデビューが決まりましたね。おめでとう!!!

 

 

さぁそんなお祝いムードから向かうは冬の遊園地。ここまで3つの四季を彩った遊園地はどんな色を見せてくれたのか!?感想を書いていきます!鉄は熱いうちに打て!

 

 

 

 

公式サイトはこちら↓ 

 


行く前に書いていたセトリ等予想記事はこちら。記事の伸びがすごかった。見てくれた皆様、ありがとうございました!

ktn70777.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

1 イリュージョニスタ!(全員)

 まずね、今回の席ね、スタンドだったんですけど一番端っこで、実質ロッコ馬車が最前で見られる席でしてね。加えてメインステージも割と近くて席について「オッ・・・(昇天)」という状況になっていました。

 

 

あとあんまり関係ないんですけど開演前の会場でYes!Party Time!!流れてたんですけど、声出しくらいの感じでほぼ全員がコールしてるような状況で。で、そうなるとウェーブもする流れになるじゃないですか。え?どっちから?とかそんな感じの中普通にVRのように右から左、ドームで言えば一塁側から三塁側、三塁側から一塁側へ綺麗にウェーブができてたんですよ。訓練されすぎだろ我々。

あと何でYPTやらなかったの・・・これやりたかったじゃん・・・。

 

 

さて始まってから今回の「冬の遊園地」を示すようにダンサーさんが登場し開園の準備を。

出てきてから少し身震いをするような寒そうな動きをしていて細かいなぁと思いました。こういうこだわり良いね。

 

 

そして遊園地は開演し、演者さんたちが登場。

 

ああああああ!!!!!

関ちゃん!!SSRの!![出逢えた憧憬]!!![出逢えた憧憬]だ!!!!!

 

今回の出てきてからのインパクト一発目は何と言っても個別衣装

関ちゃんはなにが来るんだろうと色々思っていたんですよね。遊園地だし[ハピネスプリズム]とかあるかなぁと思ったんですけど、ここが来たか!

あぁ・・もうこの時点で胸がいっぱいだ・・。思い入れのあるSSR衣装・・!あぁ・・。

 

 

そして新規衣装で気になっていたのは柚。意外と[ひらめきアンサー]とかあるかなぁと思ったのですが(マジで)、こちらもSSR衣装[ハイテンション✩スマッシュ]での登場。この人もめっちゃ柚だな・・。

 

 

1曲目はこの6thLIVE共通のイリュージョニスタ!から。

 

メラドでも見たはずなんだけど人も会場も席も違うと全然違うように見えますね。

そしてあぁ・・関ちゃんが・・イリュージョニスタ!踊ってる・・!いきいきしてる・・!あぁ・・来てよかった・・!と1曲目で色々噛み締めてしまった。こんな感情なのでこの後「あの曲」で感情崩壊を迎えるのは目に見えていた話

 

あとは柚の動きが一個一個すごいパワフルで。ほぼ実写。

 

 

曲が終わると挨拶に。

ようやくここで他の方の個別衣装に目がいった感じで。思ったよりも新規個別衣装の方多い?4thぶり・・よね?

 

 

 

2 Snow Wings(大橋彩香 長島光那 福原綾香 原紗友里 山下七海

 

 

オリジナルメンバー、冬と言えば・・ということでSnow Wings。

 

いやぁ・・感慨深い。僕が初参加のLIVEが4thSSA公演1日目だったのですがあれもオープニング曲(BEYOND THE STARLIGHT)の後がこれだったんですよ。あの時は全員でやってたんですけど。

あの舞台からここでついに全員が揃っての披露。良いなぁ・・!単純故の見ごたえ。

 

そしてやはり個別衣装からくるデレステ感。Snow WingsなんてそれこそSTARLIGHTMASTERシリーズの皮切りですからね。

 

皮切り、一曲目、冬。これでもかというほどベストな一曲目。

あとは唯ちゃん、ななみんが可愛かった・・。もう最近単純に声優が可愛いみたいなところあるよね。大丈夫、アイドルを見に行っている。断じて声豚ではない

 

 

 

3 追い風Running(中島由貴)

 

 

Snow Wingsで温まった会場を吹き抜ける爽快なイントロ。

湧き上がる会場。

そして現れる乙倉ちゃん。SSR衣装[ステーディングデイズ]に身を包み。

 

生で初めて見たんだけど、動きとかダンスの感じがすごいしなやかで乙倉ちゃんの感じまんまでした。しまゆきさん可愛くて好き・・。

 

そしてやりたかった念願の「おはよっ!」に対しての「おはよっ!」を。

正直「おはよっ!」の爽やかさが清くてドキッとした。ウ"ッ"!?

あとは「追い風が季節を連れてくるー」に合わせたハンドクラップも楽しかったですね。

 

曲の終わりでは「おはよう」とマイクを外して言っている姿が見られました。5thの披露時にやっていたのを実際に見られてよかった・・!

 中央のステージで少し見づらかったのが悔やまれる・・。

 

 

 

4 アツアツ♪マカロニグラタン(種崎敦美)

 

 

爽やかさが駆け抜けていったと思うとメインステージではグラタン調理の準備が始まる・・。・・え?

 

リトルリドルに収録されている響子ちゃんの2曲目、アツアツ♪マカロニグラタンのターン。

 

1曲目、恋のHamburgよりも家庭感を増したというかもはやお料理ソングのようなこの曲。アップルパイプリンセスに似た何かを感じる。

曲中の「いっぱい食べてね」等はセリフとして流れていましたね。あの歌の間隔で言うのは難しいか・・。聞きたかった。

 

初めて曲を聞いた時からどうなるんだろうと思っていたのですがサビの「フゥフゥフゥ」をコールで言うのかどうかというところ探り探りだったのですが、これ響子ちゃん側がやる分にはこちらのグラタンを冷ましていることになるんですけど、我々Pがやる分にはこれ誰のグラタンなんだよというよく分からない感情を抱いてしまい。いやまぁ楽しそうだったんで若干やったんですけど。

ここで定着したら定着しそうですけどね。嫌がっている響子Pも、ちらほら見られたのでなんとなく述べておく所存。

 

あ、ちなみにフゥフゥフゥしてるあっちゃんは可愛かったです。なんかドキっとするよね。するよね?

 

 

 

5 Sunsine See May(鈴木みのり 高田憂希

 

 

イントロから溢れるマイナスイオン。何回言うんだ

あれだけ広いドームに広がったグラタンの香り(?)も一瞬にして空気を変えて。

 

ナゴド前に追加された曲としてはこれが最新。というかイベの告知がメラド公演だもんなぁ・・。早い。

ちなみにフルverの配信は12月4日より。

 

中央のステージで歌い、舞う二人。会場のペンライトは青と緑の2色でMVの雰囲気のような自然の感じがあってとても幻想的であった。

お2人の雰囲気も相まって会場がSunsine See Mayでしたね。

 

 

フルverが出れば分かることなんですけどデレステイベverはラスサビ周辺の曲の動きなんですよね。

1番の「きっと見抜かれる 恋や愛も お日様に」の後はすぐ「家族みたいに 泣いてくれる」と続くようになっていました。おお!?ってなった。

ラスサビ前で「悲しい時や 辛い日には」となってから「家族みたいに」と聞き覚えのある動きでした。

 

 

 

歌の迫力というか、魅了されてしまいましたね。綺麗だったなぁこれ。

 

 

  

6 楽園(会沢紗弥)

 

 

いやもう本当に素晴らしかった・・。

山紫水明で清い空間になったと思ったら楽園にいた・・。

 

SS3Aでも見たはずなのに、全然違かったんですよ・・。

個別衣装だったこともあってかデレステで見た、いつか見たかった彼女のステージだったんですよ・・。

SS3Aで見たときは泣きそうになっていて、初めてのステージに不安の色すら見えたのに今回はすごい楽しそうに笑顔で歌っていたんですよ。

 

もうそれが嬉しくて嬉しくて。

僕がいま見ているのは関裕美ちゃんのステージなんだ・・と強く実感できた。

それくらい会沢紗弥さんの表現力もすごくて。勝手に楽しくなってしまうタイプの人間なので関ちゃんに対してこんなに素晴らしいことが重なっていることもすごく嬉しかった。

 

間奏では「アイドルになって世界が輝いて見えたの。でもきっと最初から輝いていたんだよね。プロデューサーさんが気づかせてくれたんだ。」とN+親愛度MAXのセリフを。

今ここで言うかよ・・反則すぎるだろ・・今こんなにも笑顔で輝いている彼女からこのセリフは本当に・・。

ここ、多分同じような感情になっているPが多かったのか歓声が上がるのではなく拍手が起こるような状態だったので分かるよ・・分かる・・ってなってました。

 

 

正直イントロで涙腺がバッキバキだったんですけど彼女が笑顔で歌っているステージで自分が泣いてどうするよ、それこそ笑顔で見守れよ!とおもったので舌を噛みちぎらない程度に色んな部位に力を込めて何してんだコイツって状態になりました。我慢なんてするもんじゃないね。

それの反動じゃないですけどペンラ振る手は震え、曲終わりに声が出なくなり放心状態になってしまった。

 

 

まぁこの状態でマズいのは、恐らく今後も楽園が披露されるたびにこんなことになってしまうんじゃないかということですね。エモすぎる。

あと周りからも鼻をすする音が聞こえたのでみんなやられている。ようこそ楽園へ。

 

関ちゃんを 好きで良かった

 

 

 

7 あんきら!?狂騒曲(五十嵐裕美 松嵜麗

 

 

あぁ・・楽園・・関ちゃん・・あぁ・・らくe

にゃっほーい!私たちあんきら!歌いまーす!

 

え!!???あ!!!???らくe・・!!!???あんきら・・・!!??!!??

 

いやもうねセトリに文句はないけど感情が流石に追いつかないわよ・・。

まぁあんきららしいというか雰囲気をいい意味で一転させてくれて。

ただし最初の方声は出なかったわ。ほぼ鈍器みたいなもんですよ。

 

 

個人的にこの曲を見るのは初めてでコールの楽しい曲だなぁというのは分かっていたんですけどもう「コール&レスポンス」なんてしっかり入ってるんですもんね。

その部分もあんきら!あんきら!の後のあんきも!のところが「名古屋!」「名古屋!」「しゃちほこ!」「しゃちほこ!」とナゴドverに変化。この後のセリフがよく聞こえなかった・・・!なんか何でしゃちほこ?みたいな会話だった気が・・・。

 

 

と、それだけ引っ掻き回して最後には2人で抱き合って終わるという尊いエンド。あんきらPの楽園はここにあった。

 

 

 

8 Snow*Love朝井彩加 田辺留依 高田憂希 のぐちゆり 山下七海

 

 

Snow Wings同様冬の雰囲気から連想される全体曲の1つ「Snow*Love」。

 

オリジナルメンバー3人いたこともあり再現感もあって中々。

加えて追加の2人も良い雰囲気を出していて。

 

この曲も披露はすぷふぇすぶりだと思うのですがやはり全然違いましたね。

まぁ会場の大きさが違うのもあるんですけどペンラが綺麗で。

その時も思ったのですが白とオレンジのペンラが雪の降る街のイルミネーションのようで。CDジャケットの世界観があるなぁと。

フー!もイェー!も自然と高まるってもんですよ!

 

 

あとは照明が雪の結晶のかたちをしていたのが見えましたね。メラド の時のアーニャ曲とかと同じやつかな?

 

 

 

9 Starry-Go-Round(全員)

 

 

さぁさ回り出したメリーゴーランド!

来ました来ましたトロッコ曲!席の良さを活かせる曲が!

さぁトロッコに乗っている方を確認し・・・

 

近い

 

いや思ってたよりも全然近い。というか過去最高に近いまである。これに圧倒されすぎて自分の目の前誰が通って行ったか覚えていないまである(何してたんだコイツ)

担当はみんな逆だったような・・・どうだったっけ・・。

それでも楽しそうに歌ったり手を振るのを近くで見れて本当に良かった。迂闊に好きになる。

 

 

そしてこの遊園地公演にハマっているこの曲も本当に楽しい!コールも独特だし演出も良いし。しばらくは聞くたびに光景が脳裏をよぎりそう。Joy!Joy!

 

 

 

 

Starry-Go-Roundが終わるとMCに。

今回本当MCまで長いよね。ボリューミーだけどアドレナリン切れるとすぐくらっとしますね。

 

今回の6th公演はアイドルたちを演じてオリジナルドラマをやるような感じになっています。

個人的には例年の「歌ってみてどうだった」とか「この衣装をこうした」等の話も聞きたかったところですが、またこれもあまりない機会なので良いかと。アイドルの絡みが見られるのは楽しいよね。

 

このMCではクール属性のメンバー全員が登場。

だりーが噛むところから始まりSnow Wingsを歌った春菜にどうだった?と聞く比奈さん。そしてそれに対しそういう恋の歌を歌うのも似合ってたよ比奈さんと奈緒

と思っているといつかブルーナポレオンでもというセリフが。会場がおおお!????となる。いいなぁブルナポ。来るとこまで来てるし勢揃いのLIVEが見たい!沙里奈さんを早く・・・!

 

そんな中加蓮が「一面の雪景色が見たい」と無茶振りを。

瞬時にペンラを白に変えるも「青一面の状態でウェーブをして、ウェーブをしたところからペンライトを白にして雪景色を作って」と注文が。

・・・?となりましたが、要は青でウェーブしてそれを終わらせたら白にすれば良いと。

つまり青と白を用意すれば手間があまりいらないと。

 

合図の元、ウェーブが始まる。

うわぁ綺麗にウェーブが、おお!白くなってる!すげー!とか思いつつウェーブをして白を掲げる。

本当に端から端まで真っ白に変わって綺麗だった!

 

今後もこういう演出があるならペンラは複数持ちしてた方が良さそうかもね・・。

 

 

 

 

 

 

10 きらりんロボのテーマ(松嵜麗

 


MCが終わると会場に雷の音が轟く。


お・・?Bloody Festaか・・?え・・?と思っているとメインステージに現れたのは


ナゴヤドームは征服させてもらう!このグラッシィィィハルナがなぁ!!」


おおおおおお!!?セリフはニュアンスでこんな感じだったのですが、まさかのグラッシーハルナ。さっきはブルナポとか思わせておいてこんな意外な登場を・・!

 

 


グラッシーハルナの後ろからは幹部である「拘束のまゆ」がメガネをかけリボンを持って登場。妖艶だ・・!縛られたい


さらにその後ろからはフライパンで顔を隠し、フリフリのエプロンを着た「哀妻(あいさい)のキョウコ」が登場。「オムライスにしちゃいます」が決めゼリフなので大概危ない。

 

 


そんな悪の幹部大集結に

 


ナゴヤドームはきらりんのものだにぃ!」

 

 


ときらり登場!!熱い。このセリフも若干曖昧。ニュアンス。

あ・・そうか、このきらりも立ち位置は悪役でしたね・・。


正義と悪の戦いというより、正義ともう一つの正義のぶつかりあいですね。

 

 
そんな流れからきらりんロボのテーマが始まる。


滾る演出ですね。一日前の公演ならグラス・ザ・ニンジャ アヤメもいたんですけどね・・。まさかのオリジナル幹部。強そう。


曲の2番が終わると、幹部たちによる総攻撃がきらりを襲う。リボンで拘束されオムライスにされてしまったきらり(え?)

 


そしてさらにバックステージからは杏が登場し、きらりんロボが負けて町が破壊されると家を出て働かなければいけなくなってしまうと告げる。

そこからきらりんを応援して会場のハピネシウムを集める、という演出に。
ペンライトを振って応援するとメインステージ上の画面に「ハピネシウム」の充填ゲージが表示されそれがじょじょに溜まっていく細かい演出が。

 ハピネシウムの充填完了するときらりは立ち上がり、溜まったハピネシウムをビームにして放ちグラッシーハルナたちを退けるのであった。

 


展開とか曲中の動きが細かくてすげぇ・・!

その流れからの大サビが盛り上がらないワケがないですよ。すごい楽しかった・・!

そして公演後に見た考察では「きらりんロボは遊園地でのヒーローショーだった」という話を見てあぁ・・なるほどなぁと思いました。冬の遊園地を熱く盛り上げましたね。

 

 
曲が終わり、ハッピーエンドと思いきやステージ上では

杏「杏の家が壊されてるー!」

 

 と。えぇ・・?ダメだったの・・?

 


さらには

 


乃々「森久保もなんですけどぉ・・」

 


とまさかの森久保登場。

 

 


おお・・!?まさか・・!?とザワつく会場。こうなった2人が訴えることとは・・・!?

 

 

 

 

11 あんずのうた五十嵐裕美 高橋花

 

「いっ嫌だ!!私は働かないぞー!!!!」

 

ウワァァァァァ!!!!!!!?????

あんずのうただぁぁぁぁぁぁ!!?

 

しかもオリジナルに加え5thのDJぴにゃメドレーでカバーした森久保と一緒だとぉぉぉぉぉ!!????

 

まさかの展開。なんなら落胆してスローライフファンタジーすらありえると思ったのに・・!

 

まぁこの曲に関しては言わずもがなというか。きらりんロボ後のこれですよ。実質2曲に渡るあんきら✩狂騒曲みたいなもんですよ。あんきらやったのに。盛り上がらない訳が無い。ないないないない。

 

実はこの曲をLIVEで聞くのは初めてで。もうすごい楽しかった。

「我々は絶対に働かないぞー」の「働かないぞー!!」の意志の強いコールたるや。面白すぎるでしょ。メデメデとかよりも魂のこもり方がちがかった。

 

 

そしてそれを歌う森久保を見れたのも中々新鮮。

イキイキしてる感じが最高。

 

それこそこの曲はロッコ馬車で会場を回る曲で、僕は森久保側でした。

かりりんが楽しそうでこちらとしてもコールが楽しくなりましたよ。

 

極めつけにはカエダーマ大作戦で馬車を照らすライトが消えメインステージへ。

そこにはきのこを持つ輝子が。最後にこちら側に手に持つきのこを差し出すというとても可愛いカエダーマ。演出が多彩。

 

 曲終わりは

杏「という夢をみたんだ」

乃々「という夢を見ました」

 

と言って終わり。完全燃焼感がすごい。

 

 

 

12 おんなの道は星の道(花井美春)

 

 

そんな空気をデッデッデッデッデッデッデッ!と全く違う音色が流れる。

会場の空気が一気に引き締まり現れた巴お嬢。

 

と同時に湧き上がる拍手と「お嬢ー!!」の声。

別ジャンルになったみたいだ。いや実質別ジャンルだけど。

 

僕の席の近くがそうだったのか分からないんですけどプロデュンヌさんの「お嬢ー!」がすごい聞こえた感じが。女性人気ありそうよね。

 

 

おんなの道はSS3Aでも聞きましたがやっぱり迫力がすごい。SS3Aでは「CD音源を目指して歌った」と言ってましたが本当にCD音源にたがわぬ、いやそれ以上に力強さやこぶしが効いていて。

 

あと個別衣装と会場の赤一面の景色から「あぁ・・これが村上巴のLIVEなんだなぁ」と感じた。

本当にめちゃくちゃカッコよかった。

 

 

 

 

13 Sparkling Girl(青木瑠璃子

 

 

重くどっしりとしたステージの色を変えるように爽やかに駆け抜けるようなイントロが。イェイイェーイ!

 

単純に赤から青って感じじゃないんだよね。曲調の疾走感もあるからなのかすごいなんかこう・・気持ちよかった・・(?)

あとはこの曲も個別衣装による補正が感じられた。

あぁ・・だりーはこんな感じで楽しそうにエアギターのフリやるんだろうなぁとかさ。もうそう見えてくるし何か楽しいよね。

 

 

あとはトワスカでオレンジと青で別れるみたいなものの延長線上ではないと思うんですけどラスサビ入るところでめっちゃUO折られてんなーと思って。

ただ前述のトワスカがそうあるせいかこの一面の青に光るUOめちゃくちゃ綺麗で感動した。かなりまばらにあったように見えた。

 

 

 

14 Treasure☆ (五十嵐裕美  鈴木絵理 のぐちゆり 松嵜麗 和氣あず未

 

 

曲が始まると画面にはTreasure✩の文字のみ。え・・誰が歌うの・・?

と思っているとメインステージ左側の馬車からセクシーギルティの3人が登場!

おおおおお!!??まさかの展開!!

 

オリジナルが多いながらも、まさかの編成。この時点で更に気になるのがセクギルがデレラジ✩の3人に当たるとしたらデレぱの2人に当たるのは・・?と思いつつ曲の流れを楽しく見ていました。

 

ロッコに乗っている3人はそれぞれカトラス(雫)、望遠鏡(裕子)、銃(早苗)という感じで、早苗さんだけ時代感を吹っ飛ばしたようなガチ装備。画面に映ると笑いが起こっていました。

 

ちなみにトロッコはセクギル側でした。この3人近くで見れたよかった。曲の雰囲気に相まってワイワイと楽しそうな感じが。のっぐさんもえりぴょんもあじゅじゅも好きです。

 

そして注目の1番サビ前ではオリジナルと同じようにどこに行けばいいのか分からない、もうダメかもしれない!であんきらもう1つの馬車で登場!

このブロックのあんきらの活躍っぷりたるや。

 

そして2番終わりの間奏では杏が悪魔にとり憑かれるという展開に。

杏「働かなくていい世界を作るぞぉー!」

会場「ウォォォォォォォ!!!!」

 

本当にとり憑かれている?平常運転では?

 

そんな杏を救うためにユッコのさいきっくパワーをみんなに分け与えて杏に向けると・・

 

「気づいたよ 傷だらけの手は」

と曲に入ると杏がハッと目覚め両手を見つめる。という演出が。

5thで披露した際にはオリジナルメンバーでオリジナルの展開でしたがアイドルが違えばこうも展開に違いが出てくる。

こういうのが楽しかったです。ドキドキワクワク感はまさに遊園地のショーのようで。

 

今後も違ったユニットを選出してやってほしい!インデヴィジュアルズ×羽衣小町とか。

 

 

 

15 ラブレター(大橋彩香 津田美波 種崎敦美

 

 

正直Treasure✩でこのブロックが終わりだと思っていたこのタイミングでのラブレター。オリジナル、Treasure✩の熱、最高に盛り上がりましたね。

 

これもデレステ感が強くてよかった。あのMVのフリを!!って感じで。個別衣装補正。

 

オリジナルメンバーでのステージは前回5thSSAぶりですね。

もっと軽率に揃っていけ・・!

 

 

前回披露の時がどうだっか曖昧なのですが、サビの「ラブレター 受け取ってください」のフリに合わせてドーム内照明がラブレターのかたちになるという演出が。

曲中でありながらもオオッ!と感嘆の声が聞かれましたね。

凝ってたなぁ。

 

 

 

 

 そしてここでMCに。ここもすげぇブロックだったなぁ・・。

このMCではまず歌い終えたP.C.SがそのままMCに。

 

ラブレターという恋の告白の歌。

そんなことから関連して

美穂「私、克服したいことがあって・・」

卯月「えぇっ!?告白!?」

響子「練習しましょう!」

美穂「えっ克服・・」

 

と何とも“らしい”感じのドラマが。

私がやったんだから→私もやりましたからと美穂、響子、卯月の順番で名古屋弁で告白を。

卯月の堂々とした告白と「緊張とかしないの!?」という美穂に対しても全然動じてなさそうな感じが面白かったです。

 

 

そして次はこのブロックを走り抜けてぐったりとした杏の体力を回復させるものを持ってくるというもの。面々は 智絵里、まゆ、美玲、杏、悠貴、関ちゃん。

そんな体力を回復させるものを持ってきてくれたのが乙倉ちゃんと関ちゃん。

まずは乙倉ちゃんが台車に乗せて持ってきたのは名古屋名物 小倉トースト

杏「準備が良すぎない?」

こちらは普通に美味しく頂いていました。

次に関ちゃんが持ってきたのは

裕美「アッツアツの味噌おでんだよ!」

杏「!?」

 

 なんてこったい。関ちゃん、いつどこでそんな荒業を会得したんだ。

それを喜々としてあーんさせるまゆ、熱がる杏、笑う美玲と智絵里。

もうバラエティ番組だよこれ。この子達こういうこともするんだ・・(?)

 

杏へのおでんをふーふーした後に、なぜかこちらを向いてふーってしてたまゆが最高に可愛かったしオ"ッってなりました。ああいうのズルい。

このMC、好きな子多くて非常にグッと来た。円盤はよ。永遠に見る。

 

 

 

 

 

 

16 はにかみdays(大橋彩香

 

 

イントロでキタァ!ってなったやつ。はにかみdaysめっちゃ好きなんですよ・・。初めて現地で聴くぜ・・。

 

 

いや、すごく良かった。

はっしーが卯月にしか見えなかったわ。

あぁ卯月もこれ歌いながらこんだけ笑顔で花道歩いて手振ってパフォーマンスするんだろうなぁと。

[ステージオブマジック]の特訓後っぽいなぁとかも感じた。構図というか雰囲気が。

いやまぁ逆に今回の衣装が[ステージオブマジック]だったら終盤の曲がエモすぎて耐えられなかったと思うのでP.C.Sで適当だったかと・・。

 

あとは、はにかんだえくぼを指すような右頬を人差し指で突くフリがめっちゃ可愛いかった。

卯月をやってる時のはっしーが好きすぎるみたいなところがあるので幸せな時間であった・・。

 

 

 

 

17 冬空プレシャス中島由貴 高橋花 武田羅梨沙多胡 松田颯水 和氣あず未

 

 

Winterからの1曲。ここが来たかという感じ。ここまでseasonsからの選曲は1公演1曲(風曲除く)だったし、オリジナル1人ずついたしどこが来てもおかしくないなぁとは思ってましたが個人的にFrostかなーとか思っていたので。

 

メンバーはオリジナルの早苗さんに加え、同じような歳のアイドルが4人。違うんです早苗さんこういう書き方は狙ったんじゃなくて早苗さんがオリジナルだっただけであって歳は別に(ギルティ)

 

実にPaな雰囲気で楽しかった!柚ずっと見てたんだけどずっと動きがぴょんぴょこしててあー楽しそうだなーと思って。

あとは「実はワタシ!」のセリフ部を柚が言ってておお!ってなった。まず「実はアタシ!」って確実に言ってたし、公演日12月2日は柚の誕生日でその後の歌詞「ケーキ食べ放題 友達と」がなんか自然とマッチする感じになっていた。柚ちゃんの誕生日会ケーキ食べ放題大作戦ですね・・。

 

 

 

18 この空の下(会沢紗弥 鈴木みのり 花井美春)

 

 

関ちゃん、肇ちゃん、巴ちゃんで「あっこれグッとくるやつや・・」と確信した。このボイス勢にめっぽう弱い。

 


中央のステージで3人が一定の間隔で場所を代わる代わるして歌っていました。清らかに優しいTrinity Filedがここに・・(?)

 

 

こう・・歌詞が染みてくるというかボイス実装されて間もないアイドル(1年経ってるけど周年LIVEは初だからか?)なのでなんか「いつかこの空の下 夢をつかむため」とか関ちゃんで言えば「明日 出逢える笑顔 信じているから」とかグッときましたね・・。

 

歌詞をここまでスッと飲み込めたこの空の下は初めてかもしれんな・・。アニメ劇中のLOVE LAIKAの葛藤みたいなの見たいなぁ・・。CP二期生とかでアニメやらねーかなー・・。アニメやらねーかなー!!

 

 

 

19 ツインテールの風(大空直美 津田美波 長島光那 鈴木絵理 山下七海

 

 

冬の「風」曲。ツインテールの風がここで。智絵里と唯ちゃんがいて非常に俺得。ほぼ銀イルカでは?

 


今回公演が初披露となるツインテールの風。風曲はオリジナルでやるよりも全体曲って感じになりそうですね。面々もツインテールの子を集めたのかと思ったけどそんなことは無かった。むしろいっそ演出としてみんなツインテールで登場したらいい(過激派)

 


1番の「メガネかけた信長」のところで春奈ちゃんがスクリーンで抜かれてて分かってるじゃんってなった。グラッシー帝国は戦国時代にも存在した。


あとは頭の横で髪を束ねるようなグーのポーズのフリが可愛かったですね。MVで見たやつー!

 

 

20 マイ・スイート・ハネムーン(牧野由依

 

 

ドーム中がエキストラと化した。

 

いやぁすごく良かった・・。今宵もまゆは妖艶だった・・!

個別衣装でこの曲を歌うのが初めてなせいか5thで見たときよりも牧野由依さんからまゆっぽさを強く感じた。ドキドキしたぜ・・。

 

 

ラスサビ前の「あなたとフルムーン」で照明が月のかたちでいくつか映し出されて曲の雰囲気と非常にマッチしてて綺麗だった。

そしてこの演出はここで終わらず、サビ入り前のテッテッテッでその月の照明が集まり、まゆのスポットライトになるという演出に。めちゃくちゃゾクゾクした。2人でいる日々がこうやってステージに立つまゆを輝かせるものになっているみたいなかんじなんだろうか・・。マイ・スイート・ハネムーン劇場・・・!

 

 あとどうでもいいんですけど曲順は次曲がこの曲より先に来てたら、よりハネムーン感があったのでは?とか考えたり

 

 

  

21 With Love(朝井彩加 種崎敦美 中島由貴  高田憂希 松嵜麗

 

遊園地で結婚式だぜ!With Love!

 


それぞれが純白のベールを纏う中、よしのんだけ頭に花をつけて歌っていましたね。


[わだつみの導き手]特訓後の感じがあるなぁと思っていましたが、それがグッと増したというか。あれなんとなく教会というか神聖な場所感あるよね。

でも洋装のよしのんも見たかったぜ・・!

 


オリジナルが3人、そして実は響子ちゃんがLIVEでWith Loveを歌うのは初めて。一番お嫁さんお嫁さんしてる感じがするので意外。


美玲ちゃんと前述のよしのんも良かった!ツノでベールの浮き上がっている美玲ちゃんがとても可愛かったです。結婚したい。

 

 

間奏では

響子「料理が上手に出来た時も」

美玲「上手にひっかけた時も」

芳乃「法螺貝が吹けなかった時も」

悠貴「あなたの元へ走って行って」

きらり「ハピハピすることを」

「「「「「誓います」」」」」

 

 

と愛の誓いを。

美玲ちゃんとよしのんで笑ってしまった。美玲ちゃん日常生活でも何か引っ掻いているんかなぁ・・。

 

 

 

22 恋が咲く季節会沢紗弥 大空直美 牧野由依 鈴木みのり 田辺留依 武田羅梨沙多胡 花井美春 原紗友里

 

 

イントロであ”あ”っ!?ってなった。恋が咲く季節好き。

そしてさらにそのあ"あ"っ!?を加速させたのは画面に映し出されていた馬車に乗った編成。

智絵里、関ちゃん、柚が同じ馬車に!!!???

俺のための馬車か?むしろ俺を乗せて行ってくれ!むしろ俺が馬だ!!(???)

 

と意気込んで彼女らのペンライトをフル装備して気づいた。

 

 

 

それ反対側の馬車やん・・

 

 

 

ええー・・。神よ・・。そこはその馬車を目の前で見せてくれよ・・。生き殺しすぎやしませんかえ・・。

かなりのダメージを受けた。

 

加えてその馬車に乗っていたもう1人がまゆ。関ちゃん役さーやんの担当アイドルなワケですよ。「あぁ・・よかったなぁ・・。」という何目線かわからない気持ちになりましたわ。いやでも本当に良かったですよ・・。尊み。

サビ前の「今は言える」あたりで隣で歌ってた記憶が・・。2番だったかなぁ・・?

この辺り、反対側の馬車の状況を詳しく知りたいので円盤を早く・・!

 

 

いやでも言っても馬車演出のある曲。反対側の馬車でも肇ちゃん、比奈先生、巴ちゃん、未央が近くて可愛くてで。

この曲だったと思うんですけど肇ちゃんと巴ちゃん、もといみのりんごさんとるんるんさんが抱き合っていて尊いなぁ・・という感情になりました。良いものを見た・・。

 というかこれ、何気に楓さん以外のオリジナルメンバーが全員いるというとてつもなく豪華なメンバーだったんですよね。パッと見全体曲らしい選出かと思ったのですがオリジナルなんですよね。すげぇ・・。

 

 

 

 

恋が咲く季節が終わりMCへ。このブロックも強かった・・!

 

ここではPaのMCが。

 

まずは唯ちゃん、輝子、早苗さん、雫の4人。

冬、寒いのを感じた唯ちゃんが輝子ちゃんとくっついて暖を取るというなんともけしからん微笑ましいイベント。

輝子「・・きのこは・・菌糸はくっつくと増えるんだ・・。」

唯「・・?」

 

そしてそれを見ていた早苗さんがそんなイチャイチャを止める。

早苗「まったく、油断も隙もギルティね」

雫「ギルティじゃないですよー!」

早苗「そういうのは人目につかないところでやりなさい!」

雫「人目につかなければいいんですかー?」

早苗「そういうのは裏でやってそういう写真をブログとかにアップしなさい!」

ブログにもSNSにもこういう公演後の写真はたくさんアップされてましたね。良き・・。尊い・・!

 

 

次はユッコ、よしのん、きらりの3人。

きらりからユッコとよしのんはどちらが「スペシャル」なのかという質問。

サイキックパワーを持つ(?)ユッコ、探し物ならなんでもござれなよしのん、どっちがスペシャルな力の持ち主なのかという力比べがここに。

まずはユッコよりサイキックフリフリー!の掛け声で会場中のペンライトを振るというもの。

会場中のペンライトがブンブンと揺れる。それを見て自分の力をおおお!?みたいな感じになってたユッコが良かった。

 

対するよしのんも自身のぱわーで会場中のペンライトをフリフリと。

よしのんの余裕がすごい。

 

結果2人とも会場中のペンライトを振るうことができたがこの勝負の結末は・・!?きらりによる審判は

 

「きらりもやりたいにぃ~✩」

 

ユッコ「ズコーーーッ」

 

きらり「そんなズコーッじゃ智絵里ちゃんに怒られるにぃ」

おい、智絵里に自然とお笑いキャラを持たせるんじゃない・・!というかほぼ中の人が出てくるんじゃ‥とか思って見てた。何気に智絵里はユッコ、よしのんと「クローバーを探して」ってユニット組んだことあるんですよね。

 

その後のユッコのズコーッはステージにぶっ倒れ足をピクピクさせるほどのズッコケぶり。ちょっとえっちですね

それに続くよう「ずこー」と少し体を傾けるよしのん。

きらり「可愛いにぃ~✩」

ユッコ「ちょっとあたしの時と違くないですか!?」

 

その後3人の力を合わせて会場中のペンライトをフリフリー!することに。能力者やぁ・・。

 

 

 

最後に柚、未央、巴の3人。

いきなり未央から「ピンポンパンポーン。ここで未央ちゃんから業務連絡がありまーす」と言われ会場がザワつく。我々、業務連絡という言葉が好きすぎるみたいなところあるな?

その業務内容とは、12月2日は喜多見柚の誕生日ということ!!

 

未央「そこで会場のみんなにはペンライトや強く光るオレンジの棒などで柚ちゃんをお祝いしてあげてくださーい!」

UOを指しているところで会場内から笑いが漏れる。

 

そして会場中が

 

「おめでとうー!」

 

と。それこそ柚ペンライトからUOまで、オレンジな会場が彼女の誕生日をお祝いした。

12月1日は未央の誕生日で1日目には未央の誕生日をお祝いしたとか。

お互いにお祝いしあってて可愛かった。

 

巴「なんじゃあお前今日誕生日だったんか!そういうことは早く言わんかい!」と言い肘でウリウリーしてた柚巴が可愛かったっす・・!

 

それが終わると夜のブロックへ向かうことが伝えられる。

おお・・もう終盤か・・。何が来るか・・。

 

 

 

 

 

 

23 Frozen Tears(渕上舞

 

 

夜のブロックを迎えるのにしっくりと来るようなしっとりとした、冬の香りのする曲。

 

LIVEで初めて聞いたのですが、空気が最高。

勝手に薄荷をデビュー曲に歌っていた加蓮がアイドルとして一歩先に歩き出しての曲、みたいに思っていたんですけどなんかそれがグッときて。

これが加蓮のステージなんだなぁ・・と。良かった・・!

この前の限定加蓮ガチャで引いてセリフ見てから加連に弱くなっている。この子いい子だよなぁ・・と。

 

まいまいが歌う姿も表情も全部が愛おしい・・!ズルい・・!

 

 

そして曲が終わってマイクを外して「ありがとう」と言う加蓮。おおぉ・・ズルい・・。加蓮・・好き・・。

  

 

 

24 モーレツ★世直しギルティ鈴木絵理 のぐちゆり 和氣あず未

 

 

いやぁ良かったなぁ・・Frozen Tears・・。空気が雰囲気が最高に・・

 

ウーッ!(パトカーのサイレンと赤い照明)

 

「セクシーを以て悪を征する!」

 

うわーぉ・・。温度差・・。さすがセクギル・・。

これ楽園→あんきらで僕が「え・・?」ってなった僕のようにFrozen Tears→セクギルで「え・・?」ってなっていたPも多そうですね・・。

 

オリジナル3人揃ってのステージ。SS3Aぶり。ってまぁ正確に言えば1日ぶりなんですけどね。まぁ大きな舞台換算で・・。

オリジナルの揃ったステージはやはり楽しい。セクシービームや上四方固めも炸裂!

間奏の雫ちゃんが「もう私も怒っちゃいますよ!突進!もぉー!」じゃないこと言ってた気がするんだけどよく聞き取れなかった・・。円盤早く出して・・。 

 

 

 

25 Love∞Destiny (大空直美 津田美波 牧野由依 青木瑠璃子 渕上舞)

 

 

イントロから来る強さ。ゾッとした。

セクシーからセクシーへ(?)のパス。

 

 

ついに Masque:Rade(マスカレイド)全員が揃ったラブデス。

CDまんまの歌がそこに。単純ゆえに強い・・・!立ち位置もデレステMVと同じだったのもグッと来た。

 

本当にフリの一つ一つからカッコよくて綺麗で。

この日のセトリで考えてもこれ歌っているメンバーが一番かっこよかったのはここではないかと個人的に思っています。

会場も真っ赤でラブデス感がすごい。

 

そしてオリジナルメンバーの迫力で言えばやはりまゆの「アンリミテッド」

この一瞬で完全にまゆに心臓を鷲掴みにされるような感じがした。

ダンスで乱れた髪を直さないで言う牧野由依さんのカッコ良さ・・!これも迫力の一つだよなぁ。

愛ゆえに、一途に思うがあまり自分のことを差し置いてでも相手のためにって感じがします。すごかった・・!

 

 

 

26 Nation Blue(田辺留依 長島光 

 

 

会場の色がザッと変わるようにNation Blueが流れる。

誰が歌うんだ・・と見ているとえぇぇ!?

 

 

ブルーナポレオンだ!!!

 

 

この2人でサイバーグラスというユニットがありますが、1ブロック後のMCでブルナポを言及していただけあってこちらの意識としてはブルナポのステージですよ。

多分他のPさんも同じような感覚で見ていたんじゃないかなぁ?曲の人気も相まって会場の盛り上がりが本当にすごかった。

 

5thのDJぴにゃメドレーで千枝ちゃん、川島さん、春菜ちゃんでNation Blueを歌っていたことを考えるともう4人この歌を歌っているんですよ・・!いつか沙里奈さんが揃ってブルーナポレオンでのNation Blueが見たい!!お願いします!!突飛にデレステとかでブルナポイベでサプボを!!!!!

 

 

もうね、めちゃくちゃカッコよかった・・!

2人で別れて馬車に乗り会場を蒼く包む。

僕のいる方は春菜ちゃんが来る方でしたがMCとかツインテールの風とかで見たのとは全然違うくらいにカッコよくて・・!熱がすごい・・!

「いつも君を見てる」と歌い終わったあとに腕を上げてこちらにコールを煽る姿も素敵でしたな・・!

 

もうそんな求め方されたらこっちも力の限り叫ぶってもんですよね。最高。

 

 

  

27 Neo Beautiful Pain(松井恵理子

 

 

カッコいいの波動が止まらない。

Coolの暴力でしょこれ。

 

 

これも本当にすごかったな・・。

初めて聞いた時に「これをやるステージはこんな風に見えるんだろうなぁ」って思っていたステージがそれですよ。

僕が思い描いていたステージ、激しく動く照明、湧き上がるファン、力強く歌い上げる奈緒。この曲はこの光景だった。

 

そして想像をはるかに超えてアグレッシブに動くまつえりさんですよ。腕を高く掲げ、振り回し、前に飛び出したりと。あれでしっかり歌えているんだもんすげぇよ・・。

 

 

そして曲の最後には2ndSIDEでもおなじみだった

「大好きだ!!!」

が。いやもう熱量が止まらないっすよこれ・・!熱かった・・!

 

 

 

28 ∀NSWER朝井彩加 高橋花松田颯

 

 

察した。あぁもうこれカッコいいやつ止まらないやつだわこれ。

SS3AでラブデスMIXから流れたあの熱量に近い∀NSWER。はぁー好き。

 

 

1番までバックステージで3人で歌ってそこからは輝子と森久保が馬車に乗って別れる。で、美玲ちゃんはというと・・

 

1人で花道を、センターステージを歩いていく。

この美玲ちゃん堂々としていてめちゃくちゃカッコよかった。インデヴィジュアルズの早坂美玲なんだよなぁこれ。

あと美玲ちゃん、やはりこの曲で眼帯をしていた。こういうこだわり好き。

 

 

僕のいた方の馬車は輝子ちゃん側。

歌っている姿も、乗ってパフォーマンスする姿も本当にカッコよかった・・!

 

 

 

さっつんさんはマジでこの馬車の通りにいた男女を完全に虜にしていたと思う。

最後の「個性の嵐を起こせ」を歌い終わったあとでも会場を煽り、メロイックサインをキメる姿。最高でした・・・!!! 

 

 

 

29 Trinity Filed(福原綾香 渕上舞 松井恵理子

 

 

はぁ・・ここまで最高の流れだったな・・あと・・なにがある・・

 

「光る螺旋を」

 

おわぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!???わぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!???

耐えられないでしょ。ブチ上がるでしょ。最ッッッ高でしょ!!

 

 

何から何まで本当に最高でした・・。

出だしから照明でデレステMVの三角のステージセットを描くようなかたちで始まり、曲に合わせそれが徐々に開いていき会場に三角形の照明を飛び交わせて・・といった感じにTriad Primusuのステージという演出がバンバンと。

 

そしてやっぱりシンプルにオリジナルメンバーが歌っている曲としての芯の強さが本当にすごかった。3人とも歌っている姿が本当にかっこよくて・・!

このブロック開幕がFrozen Tearsで、2曲前にNeo Beautiful Painを経てここで全員集結みたいな曲の流れにも勝手にドラマを感じてしまっている・・!

 

 

  CD発売前にいいものが見れた・・。配信版は購入していたので公演終了後もうめちゃくちゃに聞いた。

聞くたびに光景が思い出されるようだ・・。エモい・・・!

 

 

 

30 流れ星キセキ(大橋彩香 福原綾香 原紗友里

 

 

爆発的な盛り上がりを見せたTrinity Filedのあと凛だけがステージに残りなんとなく聞いたことのあるようなイントロが。

あれ・・これ・・なんの・・確かアニメの・・あぁ!!

と気づいたときにはステージに卯月と未央の姿が。

 

「流れ星をー

 

おぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!???

流れ星キセキだぁぁ!!??

 

 

アニメで流れていたイントロのバージョンで始まる流れ星キセキ。

事前のセトリ予想記事で「ニュージェネいるしあるんじゃね?」くらいの軽い気持ちで書いていたことに加えStage Bye Stageをやっていたことを考えるとニュージェネ曲は特にやらないんだなぁとか思っていたらこれだよ!実際に来たらめちゃくちゃびっくりするやつだったよ!!

 

アニメ関連で言うと、卯月がクリスマスLIVEに参加して、その後3人で揃ってこの曲を歌った時期にぴったりな、冬の曲という感じがしてまたこれもエモい・・!

 

 

いやめちゃくちゃ感動した。主に上記の理由がグッときた。

メラド2日目でニュージェネのアブナイを見たけどやはりオリジナル曲・・!強い・・!

もう彼女たちにしか見えないんですよ。あの苦難を乗り越えたニュージェネだよ・・。はっしーもふーりんも飯屋さんも・・。尊い・・!

サビ部分では会場の照明が星のかたちをしていてそれが曲に合わせ流れていく演出も。流れ星だぁ・・・!

 

演出で言えば自分は確認できなかったのですがTrinity Filed終了時に三角の照明がステージに残り、そこにニュージェネのピンク、青、オレンジの三角の照明とが重なって1つの星になっていたとか。すげぇなぁ・・。

 

 

 

 

31 always (全員)

 

 

最高の盛り上がりから一転。しっとりと。

そして画面に表示される「always」の文字。歌唱者の名前が出てないぞ・・?どういうことだ・・?

って!ニュージェネそのままいるじゃないか!!ニュージェネによるalways!?え!!?だって・・!いや、というか凛3連続だぞ!!

と、思考ぐるんぐるんですよ。

 

ただ、関ちゃんや柚が好きな自分としてはデレステ イベverを歌ったオリジナルメンバーでも見たかったなぁ・・と少し惜しいなぁと思うところがあったのですが、センターステージで1番を歌い終えたニュージェネがメインステージに戻るとステージに照明がつき、そこには今回の出演アイドル全員が。

え・・?歌う・・え・・いや・・全員・・えぇ・・!?

 

 

いやあのこれ多分会場中がダメだったと思う。

これに関しては自分含め周りからも鼻をすするのが聞こえたので。

 

だってこの最高の流れから「私に出会ってくれてありがとう」「私を見つけてくれてありがとう」「私を選んでくれてありがとう」なんて感謝を述べられたら感情ぶっ壊れるってもんでしたよ。感情が最高潮でのalwaysはヤバい。

ありがとう・・。本当にありがとう・・。僕も出会ってくれて・・見つけてくれて・・選んでくれて・・ありがとう。

 

 

全員が並んで歌った最初のイリュージョニスタ!とは全く違う雰囲気。並びは同じなのに・・。こうも受け取れるものが違うとは・・。

 

そして歌詞の春の、夏の、秋の、冬を、と、この季節の遊園地を題材にした公演を締めくくるにふさわしいような一曲。

ここでこの選曲して全員で歌わせようとした人本当すげえよ・・。

 

 

 

 

alwaysが終わるとそのまま遊園地の閉園が告げられる。

そしてそのまま最後の曲へ

 

 

 

32 Stage Bye Stage(全員)

 

 

Stage Bye Stage!初めて聞いた時から好きになったけどこの公演を通じてより好きになった。もうなんなら毎回最後の曲にして欲しい。

「だから言うよ またね」とかめっちゃ前向きでいいじゃん。また会えるんだなぁ・・!ってなるじゃん。好き。

 

メラド記事で多分書き忘れてたと思うんですけど、Aメロ入る前の間奏部で手を左右に振るフリがあったのですがそれに合わせて会場もペンラを振るのが非常に綺麗だった。遊園地感あるよね。楽しさがブンブンと。

 

 

あとはあれだ柚の踊っている姿が非常に可愛かった。というか動きが大きくて目に入る。いいなぁ・・Paアイドルだなぁ・・!

 

そしてこれも恒例となるのでしょうけど2番サビ前の「みんなの全てに」の後に「せーのっ!」で「ツタワル!」というコール。

今回は分かっていたからちゃんと言えたぜ。不意はうろたえる。

 

 

 

 

 

Stage Bye Stageが終わると会場からアイドルははけてステージは暗転。

さて、アンコール及び業務連絡の時間だ!

 

ほたるのサプライズボイス並びに新CMシリーズ決定はかなりのBIGニュースで、今回の業務連絡はそれを超えてくるのでは?と勝手に思っていたのですが・・

 

内容が

・6thLIVE アンコール上映会を2月に

・デジタル未配信曲36曲を12月3日より配信

シンデレラガールズ CD オリコンTOP10ランクイン作品が通算100タイトル突破!記念にフェア開催(詳細は後日)

シンデレラガールズ、スターライトステージに新アイドルが7人登場

・アニメ シンデレラガールズ劇場 新シリーズCLIMAX SEASONが放送決定!2019年4月放送開始予定。アニメ初登場の鷹富士茄子、喜多日菜子、南条光、白菊ほたるのビジュアルが公開。

 

 

会場阿鼻叫喚。

というか咀嚼しきれないというか。

新アイドル7人んんんんん!!!????

ついに福井エリアの先へ行けるようになるということですね。この発表の時が一番会場がオオオオオオオオ!!!?????ってなってましたね。そうですよね。そうだよね。僕も。

あとは昨日サプボで出たほたるがすでにアニメ登場が確定。これも沸いていましたね。CLIMAXというのが気になるところ。南条が出るのに最初からクライマックスだぜ・・?

 

と爆弾をしこたま打ち込んだちひろさんは爽やかにアイドルを呼んでみましょう!と促す。お、おう・・。

そしてアンコールへ・・。

  

  

1 GOIN'!!!(全員)

 

 

曲が始まるとアイドルは馬車に乗って登場。

ってこれ、また恋が咲く季節の時と編成ほとんど同じじゃねえか・・?

担当がみんな逆側の馬車なんだが・・?

 

とかなんとか言いつつもやはりアイドルが近くに来ているのでalwaysで受けた感謝とかなんとかを込めてペンラめっちゃ振った。別段レスが貰えたわけではなかったですけど気持ちよ届け的な間隔でウォォォォと。

 

 

曲の流れに合わせ全員が馬車から降りてメインステージからの花道からバックステージまでズラリと並びGOINを。この辺りの動きは多分全公演共通かな?

 

 

 

GOIN'!!!が終わるとアイドルから挨拶。今回も属性ごとに。Pa→Co→Cuの順に。

んーやっぱこれも1人1人ずつ聞きたいなぁ・・。特に周年LIVE初参加の面々とか・・。

そしてその後は恒例のあの曲で締め。

 

 

 

2 お願い!シンデレラ(全員)

 

 

 おねシンですよ。おねシン。毎度本当に目ん玉が当たりない。

個人的にはSS3AでLIVE初参加だったアイドルはここが初めておねシンを歌う機会になるような感じなので感慨深い(SS3AはJAZZ REMIXだったため)

 

これは円盤でマルチアングルを待ちたい・・。覚えてないというかどこ見たいたのかというか・・。ステージ端で手を振っていたのは誰だったっけ・・。多分柚だったような・・?

ここでしっかりと誰がどう動いてたとか見れてる人尊敬ですね。というか今回担当多くて「誰・・!どこ・・!?」ってなった。

 

ラスサビではステージに全員が揃って歌う。あぁ・・もう並ぶだけでalwaysを彷彿とさせる・・。

 

歌い終わると今度は本当にアイドルたちがステージから離れていく。

そうして冬の遊園地、もとい6th LIVE MERRY-GO-ROUNDOME!!!の幕が下ろされた。

 

 

 

 

 

 

ということで6th LIVEナゴド公演2日目記事でした!

いやぁ・・本当に楽しかった!!

 

このナゴド公演に限らず6th LIVEが本当に楽しかった。

聞いたことない曲から聞きたかった曲、オリジナルがカッコよかった曲や意外な曲までセトリが本当に多彩で。

コンセプトの季節もありそうでなかった感じが本当に楽しかったです。

 

 

 そしてこのLIVEで言いたかったのは、複数担当のLIVEというのが初めてだった。って話なんですよね。

今回個人のペンライトとして柚、関ちゃん、智絵里の3人のペンラを持って参戦したのですが、まぁ全員いる曲は手が大変だし、そういう曲だと誰がどこ動いてるか全部把握しきれないしで。

でもなんか担当やってるなって感じがして楽しかった。

 

 

 

さてこれで今回のLIVEは終わり。業務連絡でも次のLIVEイベントの連絡はなかったのが意外でしたが、これはあれか・・サイゲフェスのステージで発表とかあるんじゃないかこれ・・!?と勝手に思っています。

7周年はどうなっていくのか。またLIVEに参加してアイドル達の活躍が見れる日を望んで!!!

 

 

 

では!また!!

 

 

 公演終了後に殴り書きした記事。中身は無い↓

ktn70777.hatenablog.com

 

 

 メラド2日目感想記事。夏の遊園地も最高でした↓

ktn70777.hatenablog.com

 

 

 記事内でも何度か触れたSS3A1日目感想記事。これも最高だった↓

ktn70777.hatenablog.com