迷走をひとにぎり

お洒落ブログ名(事故)。140字で収まらないことをつらつらと

【デレステ】2周年レッツプレゼントキャンペーン当選結果発表!!〜新たな星を掴もう〜

どうも!刀です!

10月17日にデレステ2周年キャンペーンで1ヶ月間応募できたレッツプレゼントキャンペーンの当選結果が発表されました!!

f:id:ktn70777:20171020141316p:image

純金のぴにゃこら太は誰の手に!?
そんなワクワクの当選結果発表。
・・・それこそ2周年キャンペーン記事で書いたけど「当たらない前提」なのでぶっちゃけ発表されるまで忘れてたまである。


そんな私にマイページのバナーは話しかける。

 f:id:ktn70777:20171020141251p:image

!!?
マジィ!?

グラブルのこれ系キャンペーンはろくすっぽ当たったことなかったので信じてなかったのですがマジかよ・・・。さすがデレステ。大本命。正妻。

 


恐る恐るバナーにタッチすると。

f:id:ktn70777:20171020141350p:image
おー1月前とかなのにいやに懐かしいな。
というか、外部サイトから応募するからできてるか不安だったんだができてたんだな(何回応募した、とかはメールの通知見ないと分からないし)

 

 

さぁさぁそれでは結果はいかに!!?純金のぴにゃこら太か!?ドームツアーか!?ホームシアターか!?さぁさぁさぁ!!!

f:id:ktn70777:20171020141413p:image
ドーーーーン!!!!!

 

ということで1番当選者の多い(5万名)2500個のスタージュエムが当たりました!!
まぁ妥当だよね。これの1つ上の時点で倍率はかなり上がるので。当たっただけよっしゃラッキーかな?


Twitterでは来年のドームツアーが当たった方を見かけましたが羨ましいですね・・・ドーム公演参戦確定演出・・・。

 


と、後は別記事の予定でしたが、さして書くこともないのでこちらも一緒に。

 

11月19日に行われる6周年記念イベントの当落が10月11日に発表された件です。

9月22日のAbemaTVで事前の番組を放送して以降、柚と関ちゃんの声優さんが発表さ
れ、荒木比奈がゲストとして追加されじょじょに注目も期待度も高まってきました。声優さんも発表されましたしね。
総選挙ボイス勢担当Pなら、いやそうでなくとも行きたいイベントだと僕は思いま
す!


さて、そちらの当落はというと・・・

f:id:ktn70777:20171020141800p:image
二次抽選になってる時点でもう分かるな?

落ちたよ・・・。
ビックリするくらいショックでしたな。
確認したのが仕事の昼休憩でしたが午後の仕事はロクに手につかなかったですね。6周年記念イベントだけに(ドッ ワハハ )

いや、笑えないんだけども。
二次抽選はどうなんじゃろ?当たっててくれ・・・行きたい・・・。

 

2周年キャンペーン並びに6周年記念イベントに当選された皆様。おめでとうございます!!
2周年キャンペーンは割と様々なものが当たるので当たった方は各等賞をお楽しみください。

そして6周年記念イベント。当たった方は是非是非楽しんできてくださいませ!!新しいボイス実装勢の方々がお目見えするイベントですので・・・いいなぁ・・・

 

 

ということでここ最近の当選結果記事でした。

ちなみに当てたこの石はSSR紗南ちゃんのために使おうと思います。そのためにもらった石だと思っているので。魅力的すぎるよ紗南・・・。

 

では、また。

【シン劇】シンデレラガールズ劇場第15話〜それぞれの秋〜

はい、シンデレラガールズ劇場第15話感想です。

今回は何の括りなんだか・・・。

運動の、読書の、食欲の秋的なことかな?

そんな15話感想。

 

 

『ポイントは...ここだよ...』

PVにあったやつですね。スポーツ小梅ちゃん回。

f:id:ktn70777:20171011231329p:image

なんだけどさ、ここでは見えてなかった涼さんの体が素晴らしくて僕はびっくりした。

というかとときんと並んでいてもお山の迫力がすごくて・・・。

調べてみると涼さんのBは90、とときんはB86ということを知りました。割と衝撃的でした。本編の感想には何ら関係ありません。ハイ。

 

肝心の小梅ちゃんですがコマから動画になったことでより“らしい”動きをしているのが見れました。

f:id:ktn70777:20171011231507p:image

ずっと「うぅ...」って言ってるのもこだわりを感じる。

あと「這いずるー」の言い方が好き。

 

そんなゾンビの走りを終えてから満足そうな小梅ちゃん可愛いし、冷静に「徒競走の練習だったんだよね?」って言うとときん好き

 

そして最後涼さんに褒められて「やったぁ」ってなってるとこめちゃくちゃに可愛かった。にしても華奢すぎるな小梅ちゃん。

 

 

積読は減らず』

予告ふみふみ回。予告からちょこちょこ動いてて可愛かったですね。

 

ふみふみはどの棚からどの本をとってどれがどこにあった、とか正確に把握してそう。

「キープ」の言い方1つがもう艶っぽくて良かったです。

f:id:ktn70777:20171010214540p:image

これよりも活き活きとした顔をしていた気がする。左端が1番好きなんだけど1番本を探してなさそうなのにいい顔してるから笑う。

というかふみふみはこういうことしてる時が1番楽しいのではないか?趣味に没頭。すばら。

 

そりゃエンドレスしますわ。

結果それを延々と繰り返す。分かる分かる。読んだことない漫画本並んでる本屋行くと延々とそこを舐めるようにして歩きたくなるもん。

 

 

 

『キノコにも愛をこめて』

個人的には意外なとこが来たなぁって感じ。単に予想してなかっただけなんだけど。5thアイプロ卯月回。

もうあれから1年か・・・早いな・・・

 

これは輝子の持参したトモダチなんだろうか。市場に出てるレベルで立派よね。キノコ。

 f:id:ktn70777:20171011232254p:image

マツタケまであるじゃーん」で的確にマツタケを掴んでいく唯ちゃん、本当興味で動いてる感じあって良い。アニメだと輝子ちゃんすごーいって言ってなかったんだけど何でだろう?

そして連投のふみふみ。ちなみにふみふみも「旬のキノコ・・・」って言ってなかったね。

 

まゆに「愛を込めれば美味しくできる」と言われた卯月。

 f:id:ktn70777:20171011232440p:image

ここ、アニメだと輝子が「卯月ちゃんなら〜」って言ってたんだけど何だこの謎の呼称問題。

輝子Pからの言及、お待ちしております。

キノコと仲良くなるって具体的に何をしたのか非常に気になりますが

f:id:ktn70777:20171011233141p:image

多分こういうかたちになったのでは?(5thアイプロで輝子からもらえるアイテムの中で唯一輝子が作った的な表現が無かったので卯月が煮つけた可能性も?)

 

 

予告では奈緒回が出てましたね。

f:id:ktn70777:20171011234447p:image

これ秋らしくて好きなんだよなぁ。この奈緒

次回もどんな回の括りになるか予想ができませんなぁ。

 

 

ということで15話感想記事でした。

シン劇での楽しみは担当の登場はもちろんのこと、総選挙ボイス勢がいつ来るか分からないのでそれを楽しみに待っています。

 

 

では、また 

【特撮】メガレンジャー 全話視聴完了!!感想とか思いとか~データは時を越え~

どうも、刀です。

 

 

電磁戦隊メガレンジャーを全話見た感想の記事です。

端的な感想は最高だったとかそんなものになってしまいますが、それでもできる限りの感想をガッと書かせていただきます。

また、作品を知らない方にも是非見ていただきたいので簡単な説明やあらすじ等載せておくので興味を持たれた方は是非。できれば作品視聴して好きになるまで至って頂ければ至高の喜びでございます。

 

 

 

何故見ようと思ったのか

電磁戦隊メガレンジャーの放送は1997年〜1998年。今から約20年前の作品。

2000年代に入ってからの特撮作品ですら(戦隊は特に)全編見たことある作品は少ないのに何故、メガレンジャーを選んだのか。

それは主題歌です。

友人とカラオケに行った際に友人の歌ったメガレンジャーの主題歌があまりにもツボで。子供の頃、聞いたことある気がする!ってなりまして。懐かしくてカッコいい、気になる!そんな安易な理由でメガレンジャー見てみようってなりました。調べたら内容も面白そうだったので。

 

あらすじ

 

 

 諸星学園高校3年・伊達健太は、巷で人気のアーケードゲームメガレンジャー』を遊ぶために訪れたゲームセンターで謎の男たちにスカウトされ、とある施設に連れて行かれる。男たちは世界科学者連邦 (I.N.E.T.) の職員で、健太はI.N.E.T.のあるプロジェクトに抜擢されたのだという。

健太が詳細を聞こうとした時、I.N.E.T.の拠点である施設「デジタルセンター」を激しい衝撃が襲い、ついでこの世のものならざる異形の存在が襲撃してきた。混乱の中、偶然見学に来ていた同じ高校の「デジタル研究会」(デジ研)部員、遠藤耕一郎・並樹瞬・城ヶ崎千里・今村みくと落ち合った健太を前に、I.N.E.T.の指導的科学者・久保田衛吉は、異形の存在が「ネジレジア」という異次元からの侵略者であることや、健太がI.N.E.T.の組織したデジタル戦士・メガレンジャーとしてネジレジアの侵攻から地球を守るべく選ばれたことを告げる。実は、アーケードゲームメガレンジャー』とは「電磁戦隊メガレンジャー」候補のために作られた訓練用シミュレータだった。さらに、機能停止したエレベーターを連携して再起動させたデジ研4人の優秀さに目を見張った久保田は、彼らにもデジタイザーを渡し、インストールしてI.N.E.T.職員がシャトルで脱出するまでの間、ネジレジアを食い止めるよう依頼する。

好奇心からメガレンジャーになることを応諾した健太たちであったが、それは「地球防衛の任務」と「卒業」を1年後に控えた高校生活、熾烈な二重生活の始まりを意味していた。

(wikipediaより引用)

 

まるっと引用しました。メガレンジャーというのはこの作品の中での一般的な認知はアーケードゲームのキャラクターなんですよね。その5人のキャラが現実でネジレジアという敵と戦っていく・・・という感じですね。

主題歌歌詞の「ゲームの戦士に まさかなっちゃうなんて嘘みたい」というのがこれらを指してますね。こういう作品に沿った歌詞、良いですね。

 

修学旅行や試験、文化祭、卒業式等「こんなタイミングで絡んでくるなよ・・・」ってな感じで敵組織『ネジレジア』との戦いの物語は進行していきます。学生を終えた身で見ると「すげえ楽しそうだな」の裏側で「大変だなぁ」と思いました。あとは担任の先生との関わりとか。担任の先生、めっちゃいい人なんですよ・・・好き・・・。

調べてみるとターボレンジャー以来の高校生の戦隊だとか。こちらも少し気になりますね。

 

熱い主題歌

見る理由の一つともなった主題歌。是非聞いてください!!特撮らしい熱さとスタイリッシュさが感じられますので。

電磁戦隊メガレンジャー (TVサイズ)

電磁戦隊メガレンジャー (TVサイズ)

そしてこれがまた、劇中でよく流れるんですわ。

そのままのバージョン、インストゥルメンタル、外国語verと様々。劇中の展開がさらに熱く盛り上げられます。トランペットが最高にカッコいい。

 

上記あらすじでも作品に沿った感じの歌詞があると書きましたが、あの歌詞の後に「だけどドッキリ ホントのバトルは命がけ リセットできない キビシい勝負」と続きます。ゲームのキャラになりきって戦うにしても本当の戦いはやられてもリセットできない。実はけっこうシビアな背景が描かれているというのを実感させますね。そう言っちゃうと他の作品もそうだけどゲームって題材がそれを意識させやすくしている気がします。命の駆け引き、熱い!

 

内容についての感想

僕はDVDレンタルして見ていたのですが、これはちゃんと一定の周期で見れば良かったと後悔しましたね。

今現在放送しているキュウレンジャー仮面ライダービルドは1週間に1話ずつ放送されているわけですが、この場合定期的に視聴が約束されるので内容が抜けることはあまりないと思うのですが、レンタルしてくると5~6話一気、そして次のやつを借りて・・・とサイクルしていくわけです。が、次の巻が借りられてたり、自身で見る時間が取れない等で最終の2巻を借りるまで約半年空いてしまい内容が割とすっ飛んでしまったわけでして・・。

 

ですが、それにしてもやはり面白かったです。

戦隊の全話視聴作品ってかなり少ないんですが僕としてはかなり「王道」なのではないかなぁと。敵の組織があって毎話違った敵が来て、敵も味方もじょじょにパワーアップアイテムやロボ、幹部、新戦士が出てきて最後に大きな戦いを!って流れで。

 

あとはメガレンジャー5人と指揮やシステムの設計をしている久保田博士との関係が最高。お父さん的存在。彼らが「ネジレジアとの戦い」に対して「自身の身の安全」や「学業との両立」に関して悩んだ際は任命したことに申し訳なさを見せ、そちらを優先するように言ったり、自分を責めたりと・・・。

自身も住んでる地球を救える5人がそんなこと言うなよ!救えよ!じゃなくてこの子たちに重荷を背負わせている・・申し訳ない・・私が戦えれば・・って人なんですよ。すごく快い気遣い。こういう関係性、大事。

 

メカだと、4体の巨大ロボが出てくるのですが、個々の良さがあってカッコいいです。

こういう言い方はアレですが、「昔の超合金」感がありまして。最初のギャラクシーメガは特に。それこそメガボイジャーは5人のボイジャーマシンが合体してロボになるので1作品で色々違った形で楽しむことができました。ギャラクシーメガは序盤のロボって立ち回りだけじゃないんだぜ?

変形、合体はやはりオトコのロマンなので個々が一つに!あのロボとあのロボが一つに!なんて展開がたまりませんね。そこに至るまでのストーリー展開も熱いので好きです。

 

 

 

結末について(※作品ラストについて触れるので避けたい方はご注意を)

↑って書いてあるけど正直内容について書くから見てない人見てもポカーンだと思いますがご了承ください。

 

 

 

前述のとおりここ最近でラスト10話くらいを一気見したので記憶が鮮明。

まずは文字通りラスト。

グランネジロスとの戦いで道連れにされてメガボイジャー共々爆発したメガレンジャーですがあの5人はなんで生きてたんですか・・?

もし見落としていたなら僕の判断注意って感じですがエンディングでもそれっぽい描写あったかなぁと思いまして。

安易に想像できるのは爆発直前にサイバースライダーでボイジャーから抜け出してそのまま卒業式へ・・・。って感じですかね。

まさか5人死んで地球に平和ENDかと思ったので「え・・?」ってなりました。

 

それよかそこに至るまでですよ。

正体がバレて、そこから出身校がバレて、学校が襲われ、お前らがいるせいで俺らが、学校が、卒業式が危ないから学校から出て行け!って衝撃的な展開でした。

ラスト数話でこんなに辛辣な展開にしてくるかよ・・って。

そもそもここまでそんなに正体バレって気にしてたかなぁ・・?と。

確かにシンタロウさんとデートする時とかバレないようにしてた気がするけどそれとこれとは訳が違うような・・?

 

ドクターヒネラーに正体バレたところで困ることそんなにあるかな?って思ってたんだけど学生という身分では些かダメージはデカかったですね。

しかしクラスのみんなから総ブーイングとは・・・。そんな中でも唯一信じて待っててくれてた大岩先生とエリカの思いももちろん分かるんだけど、彼らがいることで学校が危ないから出て行かせたっていう校長の判断ももちろん間違っていないわけで。

学生という身分が展開を面白くした部分かなぁと思っています。それゆえに最後ちゃんと卒業式に出れてよかったなぁってなるしね。安易に泣きましたわ。

 

 

あとはラストのネジレジアのガチ感も良かった。ネジレンジャー導入してゴリゴリ押してきて、それを利用してジャビウスから王座を奪ったヒネラー。

でもヒネラーも文字通りネジレてなければ久保田博士ともっとちゃんとやっていけたのかなぁとか。

シボレナとユガンデの最後も敵ながらすごかったなぁと。

ヒネラーに忠誠を誓うから命を顧みず月面基地をぶっ壊したユガンデ、そのユガンデを庇って致命傷を受け倒れるシボレナ。

そういう感情は無いにしても僕から見たらここには立派な愛があったなぁと。

さらにそのシボレナがヒネラーもとい鮫島博士の娘というのも衝撃的でした。

だからシボレナが倒された際のヒネラーも完全にものすごい怒りをあらわにしていたし。

なんでしょう、終盤の敵組織には愛が溢れていた、とでも言いましょうか。でも健太たちも学校を追い出されていてネジレジアを倒さないとケリがつかないという状態で両者極限状態の最後だったなぁと。

 

 

 

というか終盤は本当安心できない状態が続いていましたね。

特に世界の人間をデータカードにして管理するというヒネラーの策略にハマってメガレンジャー5人がデータカードにされた際は「あ終わった」ってなりました。

というかやり方がアナログだなぁと思いました。ヒネラーの力ならデータのままで管理とか出来そうじゃないのかなぁとか思ったんですけどね。

後のデータカードダスである。とか思ってました。

そんな危機を救うのがネジレンジャーってのが熱すぎた。彼らにも信念があったんだなぁ・・。結局そこから正体バレにつながることになったわけだけど・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に

 

騙されたと思って見てくれ!!

 

 

本当は書きたいこといっぱいあるんだけどまぁ蛇足かなぁと思ったので割愛。あとはラスト以外の記憶が薄いのでヘタに間違ったこと書けないなぁってのがあるんだけど。

あの大塚明夫さんが敵声優で出てたり元AKBの大島優子さんが子役で出てたりとかさ・・・

 

 

で、見て欲しいってのが単純な願いなのですがもう見てるって方は是非、他の戦隊やライダー作品のダイレクトマーケティングなんかしていただければ。参考までに僕が今見たい作品と理由を端的にまとめて一番下に挙げておきますので特にそこについて言及していただけるとありがたいかなぁと・・。

 

 

ということでメガレンジャー全話視聴記事でした。いつの時代でも特撮は最高ですねぇ。もっといろんな作品を見て見聞を広めていきたいところです。

では、また。

 

 

興味のある、見たい特撮作品

[戦隊]

ダイレンジャー(主題歌・名乗り・サブタイの勢いが好き)

カーレンジャー(ぶっ飛んでるらしいので気になる、舟和の芋ようかんが好き、VSメガレンが見たいから)

ギンガマン(主題歌好き、VSメガレンが見たいから、友人からの勧め)

ガオレンジャー(世代だけど見たことないから、単に興味)

シンケンジャー(単に興味、ゴールドのテーマ曲好き)

 

[ライダー]

クウガ(世代だけどあまり記憶がないから)

・555(単に興味、オルフェノクのデザインが好き)

・キバ(単に興味)

 

[ウルトラマン]

・パワード(単に興味、バルタンがシュッとしてて好き)

・ネクサス(主題歌好き、友人からの話で興味)

 

上記作品はまったく見たことないです。ライダーはちょこちょこ見てたけど覚えてないからしっかり見直したいやつですね。平成一期はほとんどそうなんだけど・・。

 

【シン劇】シンデレラガールズ劇場第14話〜日常は突然に〜

シンデレラガールズ劇場二期ーー!!!!!

はい、ということでシン劇14話感想です!

いやー楽しみでしたよ!!一期終了時のあのラストのカットから期待を膨らませ幾星霜(約三カ月)

f:id:ktn70777:20171004233736j:image 

そんな待望の二期、14話の感想です!!どうぞ!!

 

 

『私の大切な・・・』

 

ちひろさん回・・・ってオリジナルじゃないですか!!

 

f:id:ktn70777:20171004235046p:image

打ち合わせにプロデューサーが遅れるとの連絡を受けたちひろさん。

何だろうこの面々、新曲かなぁ・・・?面白いじゃん・・・やろうぜ・・・

 

珠ちゃんに「アレ」をやろうと誘う亜季。

この2人が絡んでるのも中々新鮮に見える。

 

そこに到着する美嘉。ミーティングが始まってないことを知ると仕入れた新作コスメを試したいと美優さんにもちかける。

美嘉姉が自然と美優さんに提案する辺り、仲良さそうな感じがする。それか単に美優さんが「流されやすい」というのを知り今までにもこういうことしてる、とか。我々の知らないところでアイドルたちはもっと密に関わりを・・・

 

美嘉姉が美優さんを連れて行くと思い出したように事務所の屋上に行くちひろさん。

「洗濯物干そうとしてたんだっけ」って言ってたけど洗濯物とは。

事務所で使うようなタオルとかそんな感じだろうか?イメージが衣類だったのだけど家じゃあるまいし・・・あ、衣装とかか・・?

この事務所、自然にちひろさんが家事的なことをやってると見た。あとは多分気づいたアイドルが手伝ってくれる感じ。事務員とは。

 

 

屋上に行くと黄昏る飛鳥くん。

「珍しいんだ。この場所がこんなにも静謐なのは」と言う。

それ以前にちひろさんが「珍しいですね、屋上にいるなんて」って言うのも良いよね。

f:id:ktn70777:20171005000623p:image

恐らくこの話の後でしょうね。屋上にいないこと把握してるし。

f:id:ktn70777:20171005000643p:image

 

 

f:id:ktn70777:20171005000808p:image

いつもこんな感じという屋上。すげえ楽しそうだなーこれ。

f:id:ktn70777:20171005000850p:image

この話の後で拓海がまだ追いかけてるって感じかな?

しかし何気なくヘレンさんや留美さんがアニメに登場するとは。割と不意でしたね。

 

そんな静かな空間に「ハイィィィ!!!」というすさまじい声。

f:id:ktn70777:20171005001113p:image

「アレ」をしている2人。サバゲーのナイフ戦のことだったようです。

互いにやりたいことを上手く穴埋めしてる感じがして好き。

珠ちゃんはこれ「スポーツチャンバラのスポ男」とか名前付けてるんだろうか。スポンジのスポ男とか。

めちゃくちゃ見せつけるようにやって、説明してるのも結構じわじわ来る。

 

 

ナイフ戦をしてる2人が去ったと思ったら今度は美嘉が。

先ほどの新作コスメで美優さんをギャル船美優にメイクしたと。

美嘉姉・・・やり手だな・・・。素晴らしいよ・・・。めちゃくちゃ気になるわギャル船美優・・・。バレンタイン反省会の面々をギャルメイクして制服着させてなんかそういうアレをアレしてくれ!!!!!性癖!!!!!!

f:id:ktn70777:20171005001936p:image

「こんな顔、プロデューサーには絶対に見せられな・・・

というところでプロデューサー登場。ナイスタイミング!!!!

「はーーずーーかーーしーーいーー!!」と言って逃げる美優さん。何か、いい感じに崩れてて良いな美優さん。良いな(語彙)

 

 

そして最後にスタドリを渡すちひろさん。制服のポケットから出してきたけど生暖かそうだな。そういうプレイかな?(死)

ともあれ、最後は応援してくれたちひろさん。が、頑張ります!!!

 

新エンディング『Blooming Days』

 

前情報はウサミンがいることしか聞いてなかったんだが

f:id:ktn70777:20171005002316p:image

f:id:ktn70777:20171005002342p:image

うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!?????

 

おいおい天使かよ・・・😇😇😇

シン劇スタイルのアイドルたちはみんなちんまりと幼く可愛いく見えるのですが、智絵里は特に幼く見えて尊い。守護ってあげたい。

 

f:id:ktn70777:20171005002706p:image

更には道明寺、美玲ちゃんと僕のツボをガッシリとおさえた人選。最高・・・。デレステでイベやってコミュでめちゃくちゃに絡んで・・・。

 

f:id:ktn70777:20171005002852p:image

 出だしの智絵里でノックアウト寸前の状態で美玲ちゃんがこんなことしてくるもんで完全にKOでした。彼女たちがノックアウトファイター。

これもすごく幼く見えるじゃん。手とか。ロリ坂美玲だよもはや。

 

f:id:ktn70777:20171005003124p:image

真っ白な衣装でそれにプロジェクションマッピングみたいに映像を映してる感じで。

映してない状態だと正統派清楚な感じで綺麗。

 

f:id:ktn70777:20171005003501p:image

智絵里センターだ・・・嬉しい・・・。ありがとうBlooming Days・・・。

 

 

ということで14話感想でした。やはり濃密な5分。

二期は総選挙ボイス実装勢が出るとのことでこれから益々期待が高まります。そんな中でもオリジナル回があったりしたら・・・心が躍るなぁ!!!

これから1クール、頼むぜシン劇!!!

 

 

では、また。

【話】ブログ更新が遅い件について〜上手くイカない〜

どうも、刀です。

 f:id:ktn70777:20171003194549j:image

 (食事中 あとブログのアイコン的な画像ですな)

 

月初からなんつー記事だって話ですが、お付き合いのほどよろしくお願いします。

タイトル通りではございますが、元々更新頻度が少ない上に「え?これ一週間前に話題になってたものでは・・・」なんて記事を挙げることもしばしば。要は新鮮なネタではないものが多い、と。生ものなんかは新鮮さがウリですからね。寿司とか。

 

 

もちろん「今日じゃなくちゃダメだ!」と思う記事(主に誕生日記事とか)は他を投げうってでも更新するようにはしたいと思ってます。

 

 

では、何が僕の記事の行進を妨げるのか、行進を遅らせているのか。その正体はもうわかっています。それが・・・こちらです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 f:id:ktn70777:20171003194301j:image

スプラトゥーン!!!!!!

イェェエェェェェェイ!!!!!!

 

 

ということでそういうことです。カニなんだかイカなんだか。

 

「・・・は?」となってる方がほとんどだと思いますが経緯を説明します。

あとここまでの厳か真面目ムードを8割がた忘れてください。

 

 

我が家には家庭用ゲーム機がゲームキューブしかなくてですね、さすがに遊びにマンネリを感じていたのですよ。それこそここ最近までずっと妹とマリオパーティ(5.6.7)とダブルダッシュをサイクルして遊んでいました。

世間はニンテンドースイッチで大賑わい。僕の好きなゲーム実況者さんも日夜そんな動画を更新。その世界を少し覗き込んだ僕は、無印より気になっていたスプラトゥーン2にガッシリと心を掴まれました。

 

しかし媒体であるニンテンドースイッチは需要と供給のバランスが釣り合っておらず入手が困難。

じゃあどうしようかって話で「無印で良くね?」ってなった訳ですよ。妹と話し合い、WiiUならWii版のマリオパーティできるしって話で。ゲームキューブはまだまだ現役だしそれはそっちで遊べばよいと。

 

それで7月末、ちょうどスプラトゥーン2が発売して少ししてから中古のWiiUとソフトを購入。それ以来インクの海にどっぷり浸かっている、といったわけです。

 

 

つまり記事更新しようとしても「ちょっとイカやりたいな?」で気づけば3時間くらい経ってて「もう寝るか・・・記事は・・明日でいいか」みたいなのを繰り返していたため更新が遅くなったと。

ブログ設立半年記事でも書きましたがやりたいことをやりたいだけやっちゃおう主義なのであれもこれも手をつけた結果何もないと。五兎くらい追ったが一兎もいないわけです。

 

買ってから約2ヶ月。ようやくイカ熱も少し収まりはじめて、ブログとも向き合う時間を割けるようになりました。

これからもこんなスタンスですがお付き合いいただければと思います。あれこれ前も書いた気がするぞ。

 

 

スプラトゥーンのことは気が向いたら記事にします。発売から2年経ったゲームを自分の新鮮さと熱で記事にしても第三者の視点からじゃ面白くないと思うので。まぁ気分ですよ。

ちなみに現状はランク36 つい最近ハイカラシティにオオデンチナマズを取り返しウデマエはB+を抜け出せないで延々と数字の上がり下がりを繰り返しています。

 

 

ということで懺悔?でした。ハマっても尚、現状を崩さぬよう頑張っていきたいです。

 

では、また。

【モバマス】あま〜い秋、見つけた♪スイートオータムガチャ開催!!そしてついにあのアイドルにボイス実装!!〜その声は せかい〜

9月30日18時より「あま〜い秋、見つけた♪スイートオータム」ガチャが開催されました!!

 

・・・ 

-9月某日-

緒方智絵里多田李衣菜の出演したプロダクション同士のLIVEバトルは大盛況に幕を閉じた。

その直後事務員のちひろさんから後日のお仕事についてのちょっとした告知があった。

f:id:ktn70777:20170930231344p:image 

このシルエットを見て恐らくほとんどの者が一目見て思いついた存在、それは関裕美である。

 

第6回総選挙でCDデビューの決まったアイドルたちがそれに向けて様々なメディアへ露出の機会が増えてきた。

藤原肇、喜多見柚と来てそろそろ次に誰か来るんじゃないかと皆が予想していたところでこのふわふわウェーブなシルエット。関裕美に見えてしまう。

その勢いと反響はTwitterにトレンド入りするほどであった(マジで)

日本中がバルス!を超えた新たなる“せかい”を待ち望んでいた。

 

 

 

ということでドン!!

f:id:ktn70777:20171001233510p:image

f:id:ktn70777:20171001233558p:image

 

諸星きらり

関裕美

二宮飛鳥

 

 

関ちゃぁぁぁぁぁぁん!!!!!

来たよ!!!シルエットはきらりだったものの来たよ関ちゃんコレ!!!ボイスマーク引っ提げてやってきたぜ俺たちの秋!!!!新“せかい”!!!

 

 

 

f:id:ktn70777:20171001234041p:image

うわぁあおあおおおああああ!!!関ちゃんが・・・喋ってる・・・。いや、正確には僕らに鼓膜が追加されたというか・・・。可愛い・・・。ありがとう・・・。感謝感激関裕美・・・。

これから総選挙曲、CINDERELLA MASTER、jewelries、とドンドン活躍の場が増え、それに合わせてデレステでも歌声を披露する機会ができて・・・あぁ、夢みたいにキレイで泣けちゃうなぁ・・。

 

 

声優は会沢紗弥さん。これからよろしくお願いします。

発表になったと同時に関ちゃんPがドンドンと調べてく感じ。ウン、関ちゃんPだ。

Twitterやブログから不思議(?)な言動が多いことから既にシンデレラ一門の素質があると大好評。

年齢は18歳で、シンデレラはどんどん最年少を更新していく・・・という面でも注目を集めていました。若い!!

 

 

f:id:ktn70777:20171001234829p:image

ちなみに関係は無いのですが、9月29日からぷち関ちゃんの育成を開始しました。ぷちは所属した順で育成してるのですが奇跡的に日が重なってきましたね。見かけたらよろしく。

 

 

えーっとちなみに件の関ちゃんですがまだ引けてません!!発狂。

そしてプロフェス智絵里も手が届かなかったので架空の負債を延々と抱えています。
助けて。

 

 

ということで月末ガチャ並びに関ちゃんボイス実装おめでとうな記事でした。

これで残すところ総選挙ボイス実装勢も荒木比奈、村上巴の二人となりました!期待
が高まりますね。

 

では、また。

【モバマス】祝6周年 イベント開催記念SP !!6th MemorialPartyについて色々と〜豪華絢爛の宴〜

どうも!刀です!

 

2017年9月22日にアイドルマスター シンデレラガールズの6周年記念イベントの情報公開番組がAbemaTVにて生放送されました!

 

f:id:ktn70777:20170923143140p:image

はいそこ再生ボタン押さない

 

ちなみにこちらの番組、1ヶ月間無料で何度でも視聴することが可能なので「見逃した!」「もう一度見たい!」という方は是非。

私もこのためにアプリをダウンロードしたまであります。あははー

 

続きを読む